英語学習者の憧れ!英語で夢を見るために必要な条件

英語で夢を見る
スポンサーリンク

英語学習者の憧れ!英語で夢を見るために必要な条件 ということで、今回は「英語で夢を見る」をテーマにお話します。

英語を学習している方は、一度は聞いたことがあると思います

英語学習者にとっては憧れです。

さらには

  • 英語が話せるようになれば夢の中がすべて英語になる!
  • 英語で夢を見るようになればあなたの英語力は一人前だ!

などと聞いたことがある方もいると思います。

私も英語を勉強し始めてしばらくして、 英会話の先生に同じようなことを言われました。

そのとき疑問に思ったことが、

「いったいどれだけぺらぺらになれば夢の中が英語になるのだろう??」

ということでした。

しかし、 この疑問は私が初めて海外留学した時に解決しました。

私は、大学2年次にアメリカのカリフォルニア州に短期留学をしました。

1か月あまりの短い留学期間でしたが、 この留学期間中に私は初めて英語で夢を見ました。

その翌日はなんだかうれしくて授業中もにやにやしていました(笑)

そして英語で夢を見るに至った経緯を考えたところ、 ある結論に至りました。

それは 英語がペラペラでなくても英語で夢を見る ということです。

当時、 片言の英語しか話せなかった私がいうのですから間違いありません(笑)

その後、私は英語で夢を見るためには何が必要なのかを考えました。

そしてある仮説が生まれました。

ここでは、英語で夢を見るために必要な条件について私の考えを書きます。

この条件を揃えることができれば、日本にいながら英語で夢を見ることは可能であると私は思っています。

英語学習者の憧れ!英語で夢を見るために必要な条件

英語学習者の憧れ!英語で夢を見るためには必要な条件

私が考える「英語で夢を見る」 ために必要な条件は次の2つであると思っています。

  1. リスニング力
  2. 英語漬けの環境

それでは順番にご説明します。

1.リスニング力

1つ目に必要な条件はリスニング力です。

ここではスピーキング力やライティング力は特に必要だと思っていません。

あくまでここで重要なことはリスニング力です。

 

ここで少し私の留学時代にさかのぼります。

初めてアメリカに留学した私が最初に直面した際の最大の問題は、 周りの人が何をいっているのか全然わからなかった ということです。

留学すると誰もがぶつかる壁だと思います。

例を挙げだすと無限に出てきますので、ここでは代表例のみいくつか挙げておきます。

  • 授業で先生が何を言っているのかわからない
  • ホストファミリーがなにを言っているのかわからない
  • スタバの店員さんが何を聞いてくれてるのかわからない

本当に全然聞き取れませんでした(笑)

しかし、 2週間ほど必死に聞き取ろうとしていると、 だんだんと聞き取れるようになってきました。

少し聞き取れるようになれば、 世界ががらりと変わります。

道行く人が話していることがなんとなく理解でき、 学校の先生やホストファミリー、 スタバの店員さんが言っていることが分かるようになります。

私が初めて 「英語で夢を見た」 のは、 このタイミングです。

突然だったので、 翌日起きてびっくりしましたが、 とてもうれしかったことを覚えています。

しかし、 一つ気が付いたことがあります。

それは、夢の中での私は現実世界と全く変わらなかったということです。

つまり、 現実世界で片言の英語しか話せなかった私は、 英語の夢の世界でも片言の英語しか話すことはできません。

周りの人は現実世界で聞き取れるようになったスピードで話しているのを聞き取ることは可能ですが、 いざ自分が話すとなっても、 突然ペラペラになることはありません。

スピーキング能力に関しては、 現実世界と夢では完全に同等です。

そこで気が付いたことは、 英語で夢を見るためには英語をペラペラになる必要はないということです。

必要なことはリスニング力であると私は思っています。

2.英語漬けの環境

2つ目に必要な条件は英語漬けの環境です。

つまりリスニング力がある一定以上のレベルに達し、かつ英語漬けの環境に浸ることができれば英語で夢を見ることは可能であると思っています。

アメリカ滞在中に英語で夢を見たときの状況を考えてみると、当たり前のことですが、英語漬けの環境でした。

周りの人が話す言葉、目に映る文字、テレビから聞こえる声、すべてが英語です。

アメリカにいたので当然ですが(笑)

つまり自分で意識して日本語を探しにいかない限り英語漬けの環境にいました。

これが英語で夢を見ることに必要な2つ目の条件であると思っています。

つまり、英語の環境であることが日常的になることが必要です。

これらの条件をみたすことで英語で夢を見ることは可能であると思っています。

まとめ

前述のように、私が考える英語で夢を見るために必要な条件は、「リスニング力」と「英語漬けの環境」であることです。

以上から、状況次第では日本に住みながらでも英語で夢を見ることは可能であると思います。

英語漬けの環境を日常化するため、一日に聞く音の半分以上は英語になるようにしてみましょう。

英語のラジオをかけたり、 スマホやパソコンの言語設定を英語にしたり、 ありとあらゆることを英語でこなすようにすれば、 英語に触れる時間は自然と増えます。

ちなみに私は今でも月に1回か2回は英語で夢を見ます。

内容は様々で、 留学時代にできた友人に突然再会したり、 有名人と遊んだりと、 なんでもありです。

英語で夢を見ることは日本在住でも不可能ではありません。

一定レベル以上のリスニング力を持ったうえで、ひたすら英語漬けになれる環境を作り出すことができれば実現可能であると思っています。

はじめて英語で夢を見たときは、 間違いなく感動します。

英語をさらに勉強しようというモチベーションにもなります。

ぜひ英語漬けの環境を作って、 挑戦してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す