【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本

スポンサーリンク

今回は、 【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本 を紹介します。

英語学習者必見!洋書を読んで英語脳を鍛えよう!では、英語学習法として洋書を読むことを紹介しました。

【英語初心者でも読めます!】洋書を多読して英語脳を鍛えよう!

2017年8月23日

しかし、いざ洋書を読もうと思っても何から読んだらいいのかわからないですよね。

したがって、 ここでは初めて洋書に挑戦する人にお勧めする洋書を紹介したいと思います。

【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本

紹介する本は 主に小学生の低学年向けの本 になります。

英語を勉強する我々にとって、 ネイティブの人が読んでいる本を突然読むことは 不可能 です。

単語や表現がわからずに挫折します。

頑張ればもちろん可能ですが、 本を読むよりも辞書を眺める時間のほうが長くなり、 読むことに大変時間がかかります。

多くの方が初めて買う 洋書の選択を誤って挫折してしまう ように感じます。

その理由は単純です。

選択する本が難しすぎる からです。

私も同じ経験をしました。

私が最初に選んだ洋書は ハリーポッター です。
【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本

最近ではKindleで全巻セットのお得版があるようです。
【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本

 

まず、 購入した本がイギリス英語で書かれていたこと、 単純に内容が難しすぎたことが原因で読み始めてもなかなか進みませんでした。

結局、 半分も読まないうちにあきらめてしまいました。

その後、 どの本なら読めるだろうといろいろ探しました。

そして、たどり着きました。

私が初めて読破した洋書は 「チャーリーとチョコレート工場 」です。

これは現地の小学校低学年向けの本です。

当時、 大学1年生であった私は変なプライドから難しい洋書から始めようと思いましたが、英語がペラペラな友人から 「 簡単すぎるかな~ 」 と思うくらいの本を選ぶようアドバイスをもらいました。

 

そこで選んだのが チャーリーとチョコレート工場 です。

【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本

 

まずは 「これは簡単すぎるでしょう」 と感じるぐらいがちょうどよいと思います。

目安としては、 1ページにわからない単語が1個か2個あるかないかくらいのものがよいと思います。

まずは 読み終えることを重視 して洋書を読み始めるべきです。

 

映画も見たこともあったため、 内容も知っていました。

映画化されている本は内容を把握してから読むことができるので、 内容を予測しながら読むことができます。

初めて英語で読んだ場合でも理解しやすいです。

わからない単語や理解できないシーンがあっても、 映画の記憶に助けられて内容を推測あるいは把握できる場合がよくあるからです。

 

その点では、 多くの方が見たことのある ディズニー ジブリ作品 を英語で読むこともお勧めです。

どちらも子供向けなので、 読みやすい文章が多いです。

最近では英語学習者向けに作成されているのでお勧めです。

 

もう一つのお勧めはハウルの動く城です。

これは単純に私が好きだからです。

映画を見たことのある方なら読みやすいと思います。

ちなみにハウルの動く城はマンガでもあるみたいです。
【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本

 

最近では  ズートピア  なんかも人気みたいですね。
【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本
ディズニーは子供向けのため基本的に難しい表現が少ないので理解しやすいです。

初めての洋書挑戦にはうってつけです。

 

またさらに読みやすいものを選ぶ場合は日本の漫画を英語で読むという選択もよいと思います。

マンガは絵がある分情景を連想しやすく、 英文も短いです。

自分で過去に読んだことのあるマンガであれば比較的容易に読破できるでしょう。

個人的にはナルトとかワンピースが好きです。

アメリカにいたころは本屋さんでちらちら読んでいました。

英語ならではの表現も学べるのでお勧めです。
【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本

 

【英語で多読して英語脳を養う】初めての洋書挑戦者におすすめの本

 

最初に心がけてほしいことは、 難しい本に突然挑戦することではなくて、 簡単な本でもいいので読み切ることです。

簡単な洋書でも読み切ると達成感があります。

すらすら読めるほど簡単な本のほうが読んでいて楽しいですし、 読むことが負担になりません。

何冊か読むと読むスピードが上がります。

そうなれば少しずつレベルアップしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す