【周波数の違いからノイズに聞こえる?】英語と日本語の違いを知ろう!【英語学習にも役立ちます!】

【周波数の違いからノイズに聞こえる?】英語と日本語の違いを知ろう!【英語学習に役立ちます!】 では、日本語と英語の違いについてご説明していきます。

特に英語学習をされている方にとって、この違いを知っておくことをとても重要です。

知っていないといけないことはありませんが、知っておくと英語についてより理解を深めて、このような疑問にお答えできるようになります。

  • なんで全く英語を聞き取れないのか
  • なんでここまで文法が違うのか
  • なぜ日本人はここまで英語に苦労するのか

そもそもなんで英語を学習したばかりの時は、あんなにも英語が聞き取れないのでしょうか。

「そりゃ練習が足らんのでしょ?」と思われるかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があります。

ポイントは周波数です。

詳細について後述しますが、このような疑問に対しての正しい答えを知っておくことで、英語学習に役立てることができます。

ここでこの例えは適切かどうかわかりませんが、孫子の言葉で「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。

敵の実力と、自分の実力と、両方をきちんと知っていたら、戦において負けることはないという意味になります。

 

英語学習にも同様のことが言えます。

まず英語そのものについて理解を深めておくことで、なぜ日本人がこれほどまでに英語に苦労するのか、効率的な学習方法はないか、ということに対して考えることができるようになります。

僕の経験上、英語と日本語の違いを知ることができれば、英語学習に対する姿勢が変わります

発音や文法など、これらの違いを知ることで英語学習を効率化することができます。

また、知識としても知っておいて損はありません。

海外の方と話す際には色々な話題が出てきます。

自分の国の言語について話すこともあります(僕はありました)。

こちらの記事を読んでいただくと、その際に必要な情報を得ることができます。

【周波数の違いからノイズに聞こえる?】英語と日本語の違いを知ろう!【英語学習にも役立ちます!】

【周波数の違いからノイズに聞こえる?】英語と日本語の違いを知ろう!【英語学習にも役立ちます!】

1. 英語と日本語のルーツとは?

まずは言語学的な観点で英語と日本語の違いについてみていきましょう。

英語は、 言語学的にはゲルマン語派に属する言語です。 (参照)

ゲルマン語族には、 英語以外にもオランダ語やドイツ語なども含まれます。

そして英語は他のゲルマン語族より文法が単純であるといわれています。

(例えばドイツ語では、 主語が女性か男性で動詞が変化しますが、 英語ではそのような規則はありません。)

 

一方で、 日本語は、言語学的には日本語族に属し、 詳しい起源についてはいろいろな説があり、断定はできませんが、 今でも研究が続けられています。

まだ断定されていないってのもまたすごいですよね。

でも基本的なルーツは古代の中国から伝わった言語を日本独自の読み方や文字が発展して今の日本語の礎となっています。

 

さらに英語については様々な地域で使用されています

地域のよって発音や文法も異なります。

英語を母国語とする国は、アメリカとイギリスが代表格です。

さらに歴史をたどっていくと、英語は様々なところに普及しています。

大航海時代からは欧州列強国による植民地支配が進行しました。

イギリスの植民地となった地域では、言語として英語が使用されるようになり、現地の言葉とまじりあい、独自の発音や言い回しが使われるようになりました。

代表的なイギリスの植民地を挙げると、インドやシンガポール、南アフリカなどがあります。

これらの国ではイギリス文化や言語が交じり合い、独自の発展を遂げています。

例えば、シンガポール人は英語を話しますが、それは現地の言葉(主に中国語)と交じり合うことで独特の発音や言い回しを使うことから、シングリッシュ(シンガポール+イングリッシュ)とも呼ばれます。

 

一方で日本語を母語とする国は日本のみです。

ただし、戦争中に日本が占領していたために、現在でも日本語を話す国民がいる国もあります。

台湾とかがその例ですね。

 

このように英語と日本語を比べると、言語学的には全く異なる分類にあり、使われている地域も大きく異なることがわかります。

このことを理解することで、英語を学ぶということは、イギリス英語やアメリカ英語だけでは不十分であることがわかります。

裏を返せば、正しい発音は必ずしも必要とは限りません。

地域によって発音も文法も異なるためです。

大事なことはコミュニケーションが取れることです。

個人的には、英語を学習するために大事なことは自分の考えを相手に伝えることができるかどうかです。

それが言語の役割でもあります。

発音が多少悪くても伝わ流ので、それよりも自分の意見を堂々と主張する姿勢のほうが大事に思います。

2. ルーツが違うので文法構造も全く異なる

ここまでで言語学的な違いなどについてみてきましたが、ここからは文法についてみていきましょう。

みなさんご存知の通り、日本語と英語の文法構造は全く異なります。

これはそもそも言語学的なルーツが全く異なるためです。

ちなみですが、中国語の文法はどちらかと言えば日本語より英語に似ているようです。

なぜ日本に伝わってからここまで変化したのか不思議なもんです。

 

話が逸れましたw 話を文法に戻りましょう。

まず、日本語は、主語から始まり、 最後に述語 (英語では動詞にあたる) が来ます。

一方、 英語は主語の後に動詞が続き、 その後目的語や補語などがずらずらと続きます。

ほぼ正反対ですね。

 

そして我々が英語を勉強する際に最初に直面する難題はこの文法構造の違いです。

簡単な例をあげると、

英語: I played soccer with my friends at the park yesterday.

日本語: 私は昨日公園で友達とサッカーをしました。

となります。

この2つの文の共通点は1つだけ、 どちらも主語 (Iと私) から始まっているということです。

そのあとに続く単語は英語と日本語ではほぼ正反対です。

見ての通り、 英語を語順通りに訳すと、 「私は、 しました、 サッカーを、 友達と、 公園で、 昨日」 になります。

日本語文と比べると、 主語以外はほぼ逆になっていることがわかります。

この例からもわかるように、 英語と日本語の大きな違いの一つは 文法 です。

今まで日本語で当たり前に作っていた文章をそのまま英語にしようとすると、 順番がめちゃめちゃになってしまい、 混乱します。

そして多くの人が英語は難しいと感じてしまいます。

まず、英語と日本語では、文法的構造が全く異なるということは知っておきましょう。

3. 音の違い〜英語の方が周波数が高いのでノイズに聞こえます〜

次に音の違いについてみていきます。

結論から言いますと、英語は日本語と比べて音が高いです。

音が高いとはつまり、周波数が高いということです。

日本語の周波数は 125Hz 1500Hz までの比較的狭くて低い周波数帯にあります。

それに対して英語の周波数は 2000Hz 12000Hz と、 日本語より高いうえに周波数帯域も大きいのです。

周波数とは1秒間の波の振動数であり、 この数字が低いと低音、 高いと高音であることを示します。

ちなみに人間が聞き取れる周波数帯域を意味する可聴周波数帯域20Hz20000Hz程度(個人差はあります)であるといわれています。(年を取るにつれて高音が聞き取りにくくなります。)

そして、音について知っておくべき大事なことがあります。

それは、人は普段聞きなれている周波数帯に対して、 それよりも低い音は聞き取ることは容易にできますが、それよりも高い音はノイズとして受け取り、 聞き取りにくく感じてしまうということです。

つまり、 英語を母国語として話す人々は日本語を聞いても特に難しいことはなく、 簡単に聞き取ることができます。
(もちろん発音するとなると難しい音もありますが、 聞き取ることは容易なようです)

一方、 日本語を母国語とする我々日本人が英語を聞くと、 普段聞く音よりも周波数が高いため、ノイズのように捉え、うまく聞き取れないという現象が起こります。 (そのうえ発音も難しいので大変ですw)

これを聞くとかなり落ち込むと思いますが朗報もあります。

それは、可聴周波数帯域は訓練すれば広げることができるということです。(もちろん限界はありますが)

年齢を重ねるにつれて可聴周波数は狭くなっていきますので、訓練も難しくなります。

「英語は幼いころから学ぶべきである」という根拠はここにあると思います。

ある程度年齢を重ねた後では、この帯域を伸ばすことには結構時間がかかりますので、根気強く訓練を続けていくことが必要になります。

でも不可能ではないことは確かです。

つまり、 英語を勉強して、 「うまく聞き取れない」 と感じることは、 普段聞きなれている周波数帯よりも高い音を聞いていることなので、 当たり前のことなのです。

したがって、 「聞き取れる周波数帯域つまり可聴周波数帯域を広げること」 が英語を聞き取れるようになるためのポイントです。

これまではノイズと思っていた英語も、可聴周波数帯域を広げることができれば、 聞き取ることができるようになります。

そのためには根気強く訓練を続けていくことが必要です。

 

そして音に慣れるためには相応な時間を要します。

勉強したら直ちに聞き取れるようになるということはまずありません。

こちらについては英語の学習時間とその効果の関係についてご説明しているこちらの記事をご参照ください。

英語学習においてスピーキングとリスニングの向上には時間を要します【おすすめの勉強法もご紹介!】

2017年10月4日

4. 日本人は異国文化を取り入れる天才!ゆえに英語に苦労することに・・・

最後に我々日本人の素晴らしさと、それがもたらした英語への苦手意識についてお話ししておきます。

まず、歴史を振り返ると、我々日本人は異国文化を取り入れる天才であると言えます。

中国から入ってきた言語を日本独自にアレンジし、漢字のみではなくかな文字を取り入れることで、表現豊かな言語になりました。

さらに欧米から入ってきた言葉はカタカナで表現して、直訳した言語を用いず、表記をカタカナに変えてそのまま日本語に取り入れるという器用なこともしています。

この素晴らしい文化のおかげで、我々はたくさんの言葉を効率よく取り入れることができました。

日本語では、ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットの4種類が混在しています。

世界中の言語を見ても、これだけ多くの種類の文字を使い分けている言語は極めて稀です。

このおかげで、日本では大学で学ぶような高度な専門領域でも全て日本語で学ぶことができます。

 

しかしながら、この器用さゆえに我々は外国の言葉を日本語化してしまい、時には本来と異なる使い方や読み方をしてしまっていることも事実です。

また、英語と思って使ったら実際はドイツ語だったとか色々な誤解を招いてしまう原因にもなっています。

例えば音の違いでは、日本語ではスタジオですが、英語ではスチューディオ(Studio)です。

リュックサックは英語ではバックパックで、リュックサックはドイツ語を語源としてます。

こういったことを海外で英語だと思って発言すると恥ずかしい思いをすることになります。(僕ですwww)

言い方を変えると、元々の言語を日本人の都合のいいように書き換えてしまったわけです。

また、ほとんど全ての言葉を日本語で表現できてしまうがゆえに、外国語を学ぶ必要性が薄れてしまっていることもあると僕は思っています。

だって、全部日本語で勉強できちゃうのであればわざわざ英語を学ぶ必要なんてないじゃないですかw

 

このような文化的な背景も我々が英語を学ぶ際に苦労する要因になっているのではないかと思います。

これだけ聞くと、「日本人めっちゃ不利じゃん」と思われるかもしれませんが、この柔軟性のおかげで外国文化をいち早く取り込み、一時は世界第2位の経済大国までに上り詰めることができたので、本当に素晴らしい文化であると思います。

ちなみにこういったことを知識として知っておくと海外の方にも教えてあげることができます。

やはり日本は欧米とは言語も歴史も全く異なるので、みんなかなり興味を示してくれます(経験済みなので間違いなしです)

ゆえにこういった知識を身につけておくことは、教養としても、英語学習のためにもとっても有効であると僕は思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは英語と日本語の違いについてご紹介しました。

言語学的な違いから音の違いまで、いかに英語と日本語が異なる言語であるということがお分かりいただけたと思います。

これらの違いを知っていることは、 これから英語を学習する方、 あるいは英語学習を続けてきてもなかなか思い通りに上達しないと感じている方にとっては重要な知識となると思います。

そして英語がなかなか聞き取れないと思ってもおきらめてはいけません。

これは可聴周波数帯域の問題であって、我々日本人の誰しもがぶつかる壁です。

しかし前述の通り、限界はあるものの、可聴周波数帯域は広げることができます、

しかし、それには時間がかかります。

つまり根気よく継続することが大切です。

英語学習においてスピーキングとリスニングの向上には時間を要します【おすすめの勉強法もご紹介!】

2017年10月4日

 

さらにこちらでご紹介した知識を知っていると、海外の方に日本を紹介する際にも役立つのでオススメです。

この記事が皆さんのお役に立てたら嬉しいです!

コメントを残す