日本にいながら英会話学校に通うことは有効なのか

スポンサーリンク

今日は「 日本にいながら英会話学校に通うことは有効なのか 」をテーマに書きたいと思います。

私自身、 2年ほど前に英会話学校に約1年間通いましたので、 その経験からわかったことをメリット・デメリットに分けてまとめようと思います。

英会話学校に通うことのメリットとデメリットを下記にまとめます。

メリット

  1. Face to Faceで会話できる
  2. 友達やネットワークができる
  3. モチベーションを維持できる

デメリット

  1. 値段が高い
  2. 授業時間が短い
  3. 時間帯によっては混んでる

日本にいながら英会話学校に通うことは有効なのか

日本にいながら英会話学校に通うことは有効なのか

メリット

まずはメリットから紹介していきます。

1.Face To Faceで会話できる

一番のメリットは何といっても海外の講師と直接会話ができることです。

日本在住で英語の勉強がしたいと感じてもなかなか実践的な会話をすることは容易ではありません。

特に英会話の練習をするならまずは海外の方と知り合いになりたいものです。

最も手っ取り早い方法が英会話学校に通うことです。

やはりネイティブの方と実践的な会話ができることは非常にうれしいです。

2.友達やネットワークができる

2つ目のメリットは英会話学校を通して友達やネットワークができることです。

私が英会話学校に通っていたときは大学生の時でした。

英会話学校を通して社会人の方や他大学の方を知り合うきっかけになりました。

特に社会人で英会話学校に通っている方は仕事で英語を使うか外資系企業で働いている人も多かった印象があります。

したがって、 学生の間にそのような方々を接点をもっていろいろな話を聞けたことは非常に勉強になりました。

3.モチベーションを維持できる

3つ目のメリットはモチベーションを維持できることです。

英語を勉強することの一番の敵は継続することが難しいことです。

「 今日から毎日英単語を20個ずつ覚えるぞ 」と決意することは容易ですが、 継続することができる人は少ないのではないのでしょうか?

その点、 英会話学校にいけば、 「 英語を学習する 」という目標を持った人々が集まっているためモチベーションが上がります。

やはり何かを継続するためにお互いに刺激しあえる人が身近にいることは非常に有効です。

授業で自分がうまく発言できるとモチベーションがあがって「 次回はもっと頑張って発言しよう 」と学習意欲が出ます。

反対に授業でうまく発言ができず、 周りの生徒がうまく発言できることを目の当たりにしても、 その人を目標に努力することができます。

場合によってはその生徒たちがどのように英語を勉強しているかを聞くこともできます。

したがって、 英語を勉強するモチベーションを維持する意味では英会話学校に通うことはとても効果的です。

デメリット

次に英会話学校に通うことのデメリットを紹介します。

1.値段が高い

一つ目のデメリットは当たり前ですが値段が高いことです。

私の場合は月4回で1レッスン45分で月12000円でした。

生徒数は最大で3人です。

お世辞にも安いとは言えません。

また生徒が自分を含めた3人いると必然的に授業内の自分の発言時間は短くなります。

「 もっと会話したい 」と思えば、 授業数を増やすか、 マンツーマンの授業を受けることも可能です。

授業数を増やすことは可能でも「 そんな時間はない 」と感じる方もいるでしょう。

そんな方はマンツーマンの授業を受けることも可能ですが、価格が格段に高くなります。

某英会話学校では1レッスンで5000円にもなります。

学校によっては1レッスン1万円を超える場所もあるようです。

会社によっては英会話学校に通うことを支援してくれることもあるみたいですが学生にとっては非常に厳しい価格です。

 

2.授業時間が短い

2つ目のデメリットは授業時間が短いことです。

私の通っていた英会話学校は1レッスン45分です。

座学の授業なら45分という長さは苦痛ですが、 英会話のレッスンですとあっという間です。

「 慣れてきたかな 」と感じるころには授業は終盤か終わってしまいます。

学校によっては1レッスン90分の場合もあるみたいですが、 当然のことながら値段は高いです。

1時間当たりの授業料に換算するとさほど差は出ません。

英会話はがっつり勉強したいけど授業時間が短いと感じる方は、 多少の準備が必要です。

例えば、授業を受ける前から英語のラジオを聞いて英語に脳を切り替えたり、 ほかの生徒と授業前の時間から英語で会話してみたり、 ひと工夫するだけで授業への入り方は大きく異なります。

もし短いと感じている人は試してみてください。

 

3.時間帯によっては混んでる

最後のデメリットは混雑です。

特に夜7時以降は会社勤めの方々が授業に来るので非常に混む場合があります。

学校によっては、 授業は固定制か自由選択制があります。

固定制は学校の時間割のように毎週何時からといった具合に授業時間が固定されているパターンです。

たいていの場合、 クラスメートも同じのようです。

自由選択制の場合は例えば月に4回レッスンを受ける権利を与えられて、 自分で好きな時間を選択できるということです。

非常にありがたい制度ですが、 一般的に夜は混雑することが多いですし、 固定制よりも価格が高いことが多いです。

どちらがいいかは個人で判断するしかありません。

固定制ならクラスメートと仲良くなりやすいですし、 自由選択制ですとたくさんの人と知り合うことができます。

 

以上、 今日は英会話学校へ通うことのメリットとデメリットをまとめました。

これから英会話学校に通うことを検討されている方に少しでも参考になればうれしいです。

 

英会話学校は無料体験レッスンを提供している学校もあるのでそちらを受講したうえで検討することもお勧めです。

一番有名な学校はやはりNOVAですかね。いろいろありましたが完全復活しています。

そのほかにもシェーン英会話なども有名です。

最近は電車の中吊り広告でもよく見るようになりました。



ただ最近はオンライン英会話が普及してきて既存の英会話学校はなかなか苦戦しているようです。

オンライン英会話については、こちらの記事でも扱っていますので、ご興味がある方は合わせてご覧ください。

【初心者レベルやビジネス英語も選べる】オンライン英会話は最強です!

2017年9月17日

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す