お金の教養

【サービスには満足です!】2年弱続けたウェルスナビ を卒業。理由を解説します。

2020年11月21日

こんにちは。TATです。

 

今日のテーマはウェルスナビです。

先日、約2年弱続けてきたウェルスナビを解約する決断をして全額出金しました。

最初に言っておきます。

ウェルスナビをやめたのは決してネガティブな理由からではありません。

やめた理由はシンプルで、自分の運用方法ができたためです。

 

この記事では、2年弱続けてきたウェルスナビを解約した理由や、これからウェルスナビを始めようとしている方へのアドバイス等ができればと思います。

基本的に、ウェルスナビに対しては全体的にとても満足しています。

コロナショックで一時は大きな含み損を抱えていましたが、やめた時には10%ほどの利益を確定することができました。

ほったらかしで、リスク管理をしながらここまでの運用実績が出るのですから、素晴らしいサービスだと思います。

一部では、手数料が高いなどの意見が出ていますが、うまく活用すればそこまで高いものでもありません。

このあたりについても解説できればと思います。

【サービスには満足!】2年弱続けてきたウェルスナビを解約しました。その理由を解説します。

ウェルスナビとは?

まずはウェルスナビについて簡単にご紹介しておきます。

ウェルスナビは、全自動の資産運用サービスです。

口座を開設したら、あとは入金するだけで、そのお金を自動で運用してくれます。

リバランスなどの面倒な作業も全て行ってくれるので、とっても手軽に資産運用ができます。

 

簡単な質問に答えるだけで、資産運用を最適化

運用プランは簡単な質問に答えるだけで、リスク許容度などの運用の基本方針を最適化してくれます。

運用方針が決まったら、あとは口座に入金するだけで運用が始まります。

定期積立機能もあり、毎月決まった額のお金を自動で入金することも可能です。

 

こちらの記事でも詳しく解説しているので、詳細はこちらの記事をご参照ください。

【一年半ほど使ってみたので解説】「ウェルスナビ」はありなのか。→ 資産運用の入り口としてはあり!

 

2年弱続けた運用実績を公開します!

30万円スタートで毎月3万円を積み立て

次に、僕が実際に運用してきた実績を公開しようと思います。

2018年12月に始めたので、ちょうど2年ほど続けたことになります。

30万円からスタートして、毎月3万円ずつ入金していました。

 

日本円で約10%の利益が出ました!

そしてこちらが運用実績になります。

約10%の利益が出ました。

基本的にはずっとプラス運用を続けていましたが、コロナショックの際には一時的にマイナスに転落しました。

それでも、数ヶ月でプラスに復活しました。

コロナショックのような某くじでも、ずっと保有しているとプラスになることがわかりました。

ここで損切りしていたら大事故になっていましたね。

粘り勝ちです。(どっちかというとほったらかしたもん勝ちw)

 

ドルだと利益は16%越え!

次にドルで見てみます。

ウェルスナビでは資産運用はドルで行われます。

アメリカ市場のETFなどを買い付けるので、基本的に通貨はドルです。

ゆえに、日本円を入金したら、まずはドルに換金され、そこから買い付けが行われています。

そして当然ながら、為替の影響も無視できません。

 

ウェルスナビの成績を見ると、円とドルで大きな差が出ました。

円だと10%ほどの利益でしたが、ドルで見るとなんと16%を超える利益が出ています。

この2年間で円高が進んだことも要因の一つです。

 

注意点!全額出金したら金額が変動します!

さらにここで一つ注意点です。

それは、全額出金をした際には、手続きした時点で画面に表示されている金額と実際に出金される金額が異なるという点です。

僕の場合は、2020年11月8日(日)に全額出金の手続きをしました。

ただ、実際に出金されたのは2020年11月12日(木)です。

この期間に資産評価額は変動するので、その分出金額にも影響を受けます。

 

僕の場合は、上記の資産評価額は1,055,119円ですが、実際に出金されたのは1,073,425円でした。

ちょっと増えたのでラッキーでしたが、もちろん減る場合もあるのでパニクらないようにお気をつけくださいw

 

実際に出金された金額で見ると、運用益は11.8%ほどになりました。

ほったらかしでここまで利益が出ているので、とても優秀ですよね。

 

手数料が高いと言われてるけど?

手数料は分配金で賄える

次にウェルスナビの欠点としてよく言われている手数料についてみていきます。

ウェルスナビの手数料は1%です。

全自動の資産運用サービスなので、ETFなどに比べると手数料は高くなります。

投資信託と似たようなレベル感です。

 

こちらが僕が実際に支払った手数料です。

約2年弱で支払った手数料の総額は、12,896円でした。

一方で、同期間で受け取った分配金の総額は18,961円だったので、手数料は分配金でまかなえてる感じですね。

それでも100万円ちょっとの資産運用で、合計で1万円以上の手数料が取られているのでインパクトは結構大きいですね。

分配金で手数料を支払い、キャピタルゲインが自分の利益になるイメージでしょうか。

 

自力で運用した場合の手数料は?

次に自力で運用した際の手数料についてもみておきます。

例として、ウェルスナビでも買い付けているVTIをみてみます。

 

アメリカ株を購入する際に発生する手数料は為替手数料と買い付け手数料になります。

ただ、買い付け手数料はVTIなどの主要ETFは買い付け手数料が無料にするという証券会社が増えています。

 

為替手数料は1ドルあたり25銭が平均です。

計算を単純化するために1ドル100円で考えると、手数料は0.25%になります。

ウェルスナビを利用せずとも、自らこのような銘柄を買い付けることで、手数料を大幅に抑えることが可能です。

ちなみにSBI証券を利用すると為替手数料をさらに抑えることができます。

詳細はこちらの記事をどうぞ。

【大手ネット証券を徹底比較】アメリカ株投資にオススメのネット証券会社は?

 

ただ、この手数料を維持するためには、毎月自分で買い付けをする必要があり、リバランスなどの調整も必要になります。

こういったことを全て自動で運用してくれるのがウェルスナビであり、その分自分で運用するよりかは手数料が高くなります。

 

ポイントプラグラムを利用すれば実質手数料を相殺できる

手数料1%と聞くと割高に聞こえますが、ウェルスナビにはポイントプログラムがあります。

これを利用すると、ウェルスナビで資産運用をしながら、運用額に応じたポイントやマイルがもらえるんです。

僕はJALマイラーなので、JALマイルがもらえるプログラムを利用しています。

JAL以外にも結構あります。

「ウェルスナビ」サイトより

 

そして僕が利用してきたJALマイルのプログラムの場合はこんな感じです。

100万円の資産を運用していれば、毎月50マイルがもらえます。

「ウェルスナビ」サイトより

 

マイルの加算額はプランにもよりますが、200円で1マイルか100円で1マイルです。

つまり50マイルを獲得するには5,000円あるいは10,000円の買い物をする必要があります。

これに該当するマイルが毎月もらえるので、手数料の1%はある程度相殺できます。

 

僕がウェルスナビ解約を決めた理由

次に肝心のウェルスナビをやめた理由についてご紹介します。

これはとてもシンプルで、僕自身の運用方法を確立したためです。

詳しく解説していきます。

 

理由①:アメリカ株への長期投資を始めた

一番の理由がアメリカ株への長期投資を始めたことです。

2020年に入ってから、本格的にアメリカ株への投資を開始して、毎月お給料の一部、さらには日本株で得た売買益の一部をアメリカ株の買い付けへ回しています。

この手法が確立したことで、もはやウェルスナビを使う理由はなくなりました。

自分で運用する方針が決まったので、ウェルスナビのような資産運用サービスに頼る必要はなくなります。

もちろん、この場合は毎月自分でアメリカ株を買い付けする作業が発生します。

ドルに変換して、買い付けを行うのでめんどくさいといえばめんどくさいですが、慣れてしまえば10分程度で完了するので問題なしです。

 

理由②:結局、米国株のパフォーマンスが高かった

2つ目の理由は、運用パフォーマンスを見ていても米国株の成績がとても良かったことです。

こちらはウェルスナビのポートフォリオです。

ここには各資産クラスの評価額と損益がまとめられています。

利回りを計算すると、一番高いのはダントツで金(約23%)ですが、次に高いのが米国株で約14%です。

その他の日欧株や新興国株と比較すると圧倒的な差です。

金は今年に入ってから急上昇しましたが、米国株は常に利益率でトップを走っていました。

この結果を見て、アメリカ株への長期投資を本格的に考え始めるきっかけになりました。

 

理由③:資産を最速で築くには株が1番

最後の理由は、資産を築くには株が最速であると思ったからです。

資産を守る段階になると株以外の資産クラスとのバランスが重要になりますが、資産を築いている段階では、株に投資することが最も効率的なように思います。

 

株の中でも長期投資となるとアメリカ株一択です。

この考え方については、こちらの本を参考にしました。

そのほかにもいくつかの本を参考にしていますが、最も参考になったのはこちらの本です。

→ 「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」をAmazonで見る

 

この本を読んで、資産形成を行うには米国株への長期投資が良いと判断しました。

結果として、自分で資産運用をしてウェルスナビは解約する判断をするに至りました。

投資に対する考え方が学べる良本ですので、もしご興味があれば是非とも読んでみてください。

 

ウェルスナビを検討している方へ!

最後に、これからウェルスナビを始めようとしている方へのメッセージです。

 

ウェルスナビは資産運用の入り口としてオススメです

まず、一番にお伝えしたいことはウェルスナビはとても良いサービスであるということです。

特にこれから資産運用を始めてみたいと考えている方にはうってつけのサービスだと思います。

 

これまで投資などの経験がない方にとっては、投資するのはとても怖いものだと思います。

僕自身もそうでした。

そういった方々にはウェルスナビのようなサービスを利用するのはとても良いと思います。

 

実際に運用すると勉強するようになる

そして、実際に資産の運用を始めると自然と経済や金融に興味を持つようになります。

全自動とはいえ、毎日自分の資産が変動するのでドキドキします。

結果として、なぜ資産が変動しているのかを調べるきっかけになるんですね。

やはり実際に運用をしないと、勉強する気持ちはなかなか湧いてきません。

 

かといって最初から銘柄を選んで自分で投資するとなると、どれを選べばいいのかわかりませんし、なかなか決断ができないかとおもます。

そういった場面では、ウェルスナビのような資産運用サービスは、入り口として良い選択肢になるのではないでしょうか。

 

利用してから運用方針を変えても全然遅くない

最後に、運用方法はいつでも変更可能ということについて触れておきたいと思います。

僕自身もそうですが、ウェルスナビをきっかけに投資に関する勉強を始めて、その中で自分の投資手法が見つかれば、そこから方針変換しても全く問題ありません。

 

僕のように2年くらい続けてから、アメリカ株への長期投資に目覚めてそこから方針を変えても全然遅くありません。

どちらかといえば、最初から投資手法や銘柄選定にこだわりすぎてなかなか資産運用を始めることができないことの方がリスクになります。

よって、最初のきっかけとしてはウェルスナビはとても良い選択肢になると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、2年弱続けたウェルスナビを解約した理由について解説してきました。

繰り返しになりますが、ウェルスナビを辞めたのは決してネガティブな理由からではありません。

ウェルスナビをきっかけに金融は経済に関する勉強をが始め、最終的には自分の運用方法を確立できたのでウェルスナビに頼る必要がなくなったためです。

 

これから資産運用をしようという方にとっては、投資先の銘柄選定などはとても不安に感じると思います。

結果として、なかなか最初の一歩を踏み出すことができません。

ウェルスナビであれば、簡単な質問に答えるだけで最適な資産運用プランを提案してくれるので、あとはお金を入金すれば全自動で運用してくれます。

ここで、日々変動する自分の資産を見ながら、なぜ上昇・下落したのかを調べるなり、知識を深めていけば良いと思います。

やはり実際に自分のお金を運用しないと、本腰を入れて勉強する気持ちはなかなか湧いてきません。

そういう方の入り口として、ウェルスナビはとても良い選択肢の一つだと思います。

 

僕の場合は、今後はアメリカ株への長期投資へシフトすることで、自分で資産運用をしていこうと思います。

資産運用は、人生100年時代と言われる現代では全員に必須です。

そして早く始めるほど、複利の効果が得られるので大きな資産を築くことができます。

資産形成のためには投資が必須になります。

詳細はこちらの記事をどうぞ。

【資本主義の宿命】投資家が現代最強の職業であるお話。※個人的見解ですw

 

また、老後の必要資金についてもこちらの記事で解説しています。

【投資が必須です!】人生100年時代の老後資金はいくら必要か?

 

早い段階から、資産運用をきちんと始めて、豊かな人生を手に入れましょう!

ここまで読んでくださってありがとうございました。

【一年半ほど使ってみたので解説】「ウェルスナビ」はありなのか。→ 資産運用の入り口としてはあり!
【大手ネット証券を徹底比較】アメリカ株投資にオススメのネット証券会社は?

 

この記事で紹介した本

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

→ 「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」をAmazonで見る



株式投資を始めるならSBI証券がオススメ


株式投資を始めるならネット証券口座開設数No.1のSBI証券がオススメです。

僕も愛用しています!




SBI証券へ


「投資でニート生活」もご覧ください


投資に必要な情報を自動管理


僕が運営するもう一つのサイト「投資でニート生活」では、株式投資に必要な情報を自動管理しています。

データの収集から記事の作成、監視銘柄の管理など、すべてプログラムによる全自動で運営しています。



「投資でニート生活」を見る


3種類の監視銘柄を管理しています


また投資対象候補として、3種類の監視銘柄も管理しています。


直近の決算短信から抽出した監視銘柄

オニールの成長株発掘法」を参考にして候補銘柄を自動抽出しています。



「直近の決算短信から抽出した監視銘柄」を見る




「オニールの成長株発掘法」をAmazonで見る




週足チャートから抽出した監視銘柄

ミネルヴィニの成長株投資法」を参考にして候補銘柄を自動抽出しています。



「週足チャートから抽出した監視銘柄」を見る




「ミネルヴィニの成長株投資法」をAmazonで見る




管理人ガチ監視銘柄

上記2つの監視銘柄から厳選した銘柄です。

基本的にはここにある銘柄に投資します。



「管理人ガチ監視銘柄」を見る


銘柄選定の基準についてはこちらの記事で解説しています。

【プログラムで一部自動化!】僕が株を購入するまでの流れを大公開します



-お金の教養
-, , ,

© 2021 気ままなブログ