【完全版】英語学習におすすめのニュースサイトをレベル別に紹介!

スポンサーリンク

【完全版】英語学習におすすめのニュースサイトをレベル別に紹介! では、英語学習におすすめのニュースサイトをレベル別にご紹介します。

 

英語学習については様々な方法がありますが、ここでは特にリーディング力と語彙力を鍛えるために有効である「英語のニュースサイトを読む」ということにフォーカスし、レベル別におすすめするニュースサイトをご紹介します。

さらに音声を聞くこともできるサイトもあるので、リスニング力を同時に鍛えることもできます。

日本と同様に、ニュースキャスターの発音はとてもきれいで聞き取りやすいので、練習にはうってつけの教材です。(もちろん個人差はありますが・・・)

基本的に全て無料で利用できるので、これを使わない手はありません。

 

しかしながら、ひとくちにニュースサイトといってもかなりの数が存在しているので、自分にあったニュースサイトを見つけ出すのはなかなかしんどいです。

単にニュースサイトといっても、使用される単語のレベルはサイトによって異なりますし、記事の内容(言い回しや文章構成など)も異なります。

ものによっては、英語学習者を対象としたニュースサイトまであります。

また、アメリカのニュースサイト(CNNなど)とイギリスのニュースサイト(BBCなど)を比較しても、使われている単語も、記事の見方も全く異なります。

個人的に、映像などを見ていると、アメリカのニュースは迫力やその場の雰囲気を伝える傾向にあり、BBCなどのイギリスのニュースサイトはとても分析的なレポートをします。

ゆえに同じニュースを扱っていてもサイトによっては内容が全く異なります

慣れてきたらこの辺りを比較してもとても楽しいです!

 

ここでは、よりたくさんの方のお役に立てるように、英語学習におすすめするニュースサイトを次のようなレベル別でご紹介します。

【完全版】英語学習におすすめのニュースサイトをレベル別に紹介!

【完全版】英語学習におすすめのニュースサイトをレベル別に紹介!

1. 初級編・・・英語学習者向けに読みやすい英文で構成されている

まずは一番やさしい初級編です。

初級編では、比較的に読みやすい文章、難解なボキャブラリーが少ないサイトを取り上げ、2つのサイトを紹介します。

これらは英語学習者向けに作られているニュースサイトなので、使用単語が優しくとてもとっつきやすいのが特徴です。

  1. Voice of America
  2. News in Levels

Voice of America

一つ目に紹介したいサイトはVoice of Americaです。

名前の通り、アメリカのニュースサイトで、英語学習者を対象に作られているニュースサイトです。

内容はアメリカ国内のニュースに限らず、世界中のニュースを英語で読むことができます。

 

Voice of Americaをおすすめする一番の理由が、音声データがついていることです。

すべてのニュースに音声はついていませんが、ピックアップされている比較的大きなニュースでは音声データがついています。

音声は文章で書かれている内容と全く同じ内容ですので、リーディングとリスニングに練習が同時にできます。

そして、音声データを聞いてまず気が付くことが一つあります。

それは音声がとてもゆっくり発音されていることです。

英語学習者を対象としているサイトですので、音声の発音が明瞭なうえに、ゆっくりと発音してくれるため、リスニングの勉強に最適です。

アナウンサーの口の動きがはっきりわかるため、まねをすればスピーキングの練習も可能です。

シャドーイングの教材としても最適です。

英語学習者必見!シャドーイングでスピーキングを強化する

2017年9月27日

 

文章に関しても、難解な単語が使用されることはまずありません。

日本の高校生レベルの単語力があれば、文章の大部分を理解できます。

教科書などの内容の英語しか読んだことのない方々にとってはちょうどよい文量です。

 

各ニュースの内容はコンテンツにより長さは変わりますが、基本的には短めです。

ここのサイトで毎日英語でニュースを読んでいれば、英語の文章に慣れることができます。

 

初級編としては、まずこのVoice of Americaから始めることを強くおすすめします。

English in Levels

次に紹介したいサイトはEnglish in Levelsです。

このサイトは名前の通り、英語のニュースをLevel 1, Level 2, Level 3 と、レベル分けで読むことができます。

Level 1はVoice of Americaと同様に難しい単語はほとんどなく、高校生の単語力があればほぼすべて理解することができます。

Level 3になればそれなりにレベルアップして、難しい単語もちらほら出てきますが、今後紹介する予定の中級編、上級編に比べれば、文章が短いので、頑張れば読み切れます。

そして、すべてのLevelの文章の最後には難しい単語の説明があります。

しかし、語句の説明は英語です。

 

私の経験上、英語を向上させるために一番大切なことは英語に慣れることであると思っています。

わからない単語を英語で理解することは英語になれるためにとても有効です。

私は今ではわからない単語があればまず英語で意味を調べます。

この方法は、私が初めて海外留学をした際に、学校のクラスの先生に教えられ、今でも続けています。

 

最初は間違いなく苦戦します。

「日本語で意味を調べればすぐに意味が分かるのに、なぜ英語でわざわざ調べるのだろう」と思いますが、あとになって必ず役に立つことがわかります。

この方法をずっと続けていると、英語を話すときに頭の中でも英語で考えるようになります。

それまでは日本語を英語に頭の中で変換してから話していたのが、英語で考え、そのまま話すことができるようになります。

「何を言おうか」と考えているとも英語で考えるようになります。

英語の脳を作るためには、この考え方はとても重要です。

 

時間はかかりますが、後になって必ず役立ちます。

したがって、このEnglish in Levelsをきっかけにぜひ「わからない単語を英語で理解する」ことに挑戦してほしいと思います。

文章も比較的短く、英語で説明されている語句もあまり多くないので、「英語で単語を理解する」を始めるにはとてもよいきっかけになると思います。

中級編・・・初級編よりボキャブラリーは多いが、上級編より読みやすい

次に中級編です。

初級編に比べると使用される単語、文章の長さがレベルアップします。

ここでは3つのサイトをご紹介します。

  1. CNN Student News
  2. The Japan Times
  3. Japan Today

1CNN Student News

一つ目に紹介したいのが CNN Student News です。

CNN Newsはみなさん聞いたことがあるのではないでしょうか?

CNN Student Newsは、アメリカでも有名なニュース専門の放送局であるCNNの学生向けのニュースサイトです。

アメリカ国内のニュースを中心に世界中のニュースを英語で読むことができます。

その名のとおり、 アメリカの学生が読みやすいように配慮されています。

しかし、 アメリカ人の学生には理解できても、 やはり我々日本人にとっては、 わからない単語もちらほら出てきます。

そのため、 中級編としました。

 

ちなみにこの CNN Student News は平日には毎日動画も配信されています。

CNNのアナウンサーは発音が明瞭でとても聞き取りやすいです。

ただ、 初級編で紹介した Voice of America と比べると話すスピードが格段に早いです。

やはり、 英語学習者を対象にした音声とアメリカ人の学生を対象とした音声ではスピードが違うのも当然です。

この動画はPodcastでも配信されており、過去の記事でもご紹介しています!

誰でも無料で利用できます。

英語学習者必見!英語を効果的に学べるPodcast6選

2017年10月8日

2.The Japan Times

2つ目に紹介するのが The Japan Times です。

これは日本の新聞の英語版です。

日本に住んでいる外国人なども読んでいるものになります。

 

外国人が読むものを中級編にした理由は、 ニュースの内容が日本国内のできごとを取り上げたものが多いからです。

普段テレビや新聞でニュースをチェックしている人であれば、 多少わからない単語がでても何のニュースについての記事なのかは予測できます。

したがって、全く無知のニュース内容に比べると理解しやすいため、 中級編 としました。

 

残念ながら音声データはありませんので、 リスニングの練習はできませんが、 リーディングの練習には申し分ない内容です。

初級編で紹介した英語ニュースサイトになれて来たら、 この The Japan Times に挑戦することをおすすめします。

3.Japan Today

最後に紹介するのが、 Japan Today です。

名前の通り、 日本のニュースサイトですが、 サイトはすべて英語です。

日本で暮らしている外国人も読んでいます。

この Japan Today をおすすめする理由は、 記事が豊富であることです。

また、 内容も上級編と比べれば比較的短いので、 読み切れます。

ただ、 単語に関しては、 やや難しい語句が出てきますので、 そのときは辞書などで調べる必要があります。

前述しましたが、わからない英単語を調べる際には、 ぜひ英語で理解することをおすすめします。

最初は苦労しますが、後々必ず役に立ちます。

このサイトにおいても、残念ながら音声データはありませんので、リーディングの勉強にしか利用することはできませんが、読みやすい文章なのでとてもおすすめです。

上級編・・・現地の方が利用するサイトで、難解な単語も使われる

最後に上級編を見ていきましょう。

上級編はネイティブの方々も普通に読んでいるサイトになります。

ここをすらすらと理解できるようになれたらかなりの強者だと思います。

ネイティブの方ともニュースについて議論することもできるようになってくると思います。

ここでも3つのサイトをご紹介します。

  1. BBC News
  2. The New York Times
  3. ABC News

1.BBC News

1つ目に紹介したいのが、BBC Newsです。

聞いたことある方も多いと思いますが、BBCはイギリスの公共放送局で日本のNHKのような存在です。

BBC Newsはイギリスのニュースサイトであるため、もちろん書かれている内容はすべてイギリス英語になります。

現地の方が読むものなので、難解な英単語が容赦なく出てきます。

見たことのない単語はかなり多いと思います。

あまりにもおおければ中級編に戻るか、下記で紹介するもう2つの英語サイトに挑戦するのもよいかと思います。(残り2つはアメリカのサイトなので、みなさんおなじみのアメリカ英語です)

イギリス英語で書かれているため、私たちが幼少期から勉強している英語(米語)とは文法やスペルに違いがあります。

 

簡単な例を挙げますと、

プログラムのことをアメリカではProgramと書きますが、イギリスではProgrammeであったり、エレベータをアメリカではElevator といいますが、イギリスではLiftといいます。

 

また、文法の違いでしたら、

アメリカではDo you have a pen?というところをイギリスではHave you a pen?と聞いたりします。

 

同じ英語ですが、国によって大きく異なりますので、はじめてBBC Newsを読むと少し戸惑うことがあると思います。

しかし、そのたびに新しい発見ができることもまた楽しいです。

TOEICなどでもイギリス英語が出題されますので、さまざまな英語に触れることも大切だと思います。

 

私は最近イギリス英語を学びたいと思っているので、英語ニュースはBBC News一択です。

(実際には内容の比較のために他サイトも見ます。)

2.The New York Times

2つ目に紹介するのがThe New York Timesです。

これも聞いたことがある人は多いと思います。

The New York Timesは、アメリカで最も影響のある新聞社の一つです。

世界中のさまざまなニュースを中立的な視点からとらえており、単純に読んでいてとても面白いです。

現地のビジネスマンが読むものなので、単語はかなり難解なものが出てきます。

特に経済に関する内容は個人的に面白いです。

日本でも取り上げられているニュースをこのThe New York Timesで読むと、全く異なる捉え方や意見を主張していることがあるので、ものごとを様々な角度か見られるようになります。

 

文章もそれなりに長いので、たくさんの内容を読もうとすると確実に疲れてしまいます。

したがって、自分の興味のある分野に絞って読むようにしたほうがいいかもしれません。

分野を絞って読むと、だんだんとわからない単語が少なくなってきます

似たような単語が良く出てくるためです。

私の場合は経済や金融を中心にかつては読んでいましたが、今では辞書も必要とせずにほとんどを読むことができます。

もちろんそのほかの分野にいくとわからない単語だらけですw

3.ABC News

最後に紹介したサイトがABC Newsです。

アメリカではこのABC Newsに加えて、CNN NewsFox Newsなど多くのニュースサイトが存在しますが、個人的にはABC Newsが最も中立的な立場から記事を書いているように思います。

CNN Newsも比較的中立的ですが、その他のニュースは偏りをたまに感じます。

 

そして、ABC NewsThe New York Timesと比べると使用されている単語はやさしいと思います。

やはり、テレビ局と新聞社では使う単語が違うのでしょうか。

なので、内容的にはABC Newsでまずは練習して、なれて来たら、The New York TimesBBC Newsに挑戦するといいかもしれません。

 

残念ながら、今回紹介した3つのサイトにはいずれも音声データがありませんので、リスニングの練習はできません。

したがって、リーディング練習のみに利用してください。

 

ここで紹介したサイトの英語がすべて理解できるようになれば、単語力はかなりのものになります。

(数年読み続けている私もまだまだその域には到底及びません)

 

まずは初級編から挑戦し、なれてきたら中級編に進んでください。

その後にこの上級編に挑めば確実にリーディング力や単語力は伸ばすことができます。

 

時間はもちろんかかりますし、最初の方はかなりしんどいです。

しかし、しばらく続けていると、単語を調べる回数が少なくなっていき、読むことがとても楽しくなってます。

効率よくこの快感を味わうには、読むニュースのジャンルを絞ることが最適かなと思います。

ジャンルを絞ると出てくる単語も限られるので、比較的早くすらすらと読めるようになります。

好きなジャンルを選択すれば読んでいても楽しいものです。

慣れてきたところで別のジャンルを開拓していくのが良いかなと思います!

最後に

いかがでしたでしょうか。

ここでは、英語学習におすすめするニュースサイトをレベル別にご紹介しました。

英語のニュースサイトを読むと、英語のスキルが上がるだけでなく、日本のニュースと異なる視点や考え方を知る機会にもなるので、様々な視点から物事が見られるようになったりと副次的な効果もついてきます

最初はしんどいかもしれませんが、読み続けているうちに、単語を調べる回数も減って読むこと自体が楽しくなってきます。

ぜひとも、自分のレベルにあったサイトから読み始めてはいかがでしょうか。

通勤時間などの隙間時間などを利用して読むこともできるので、時間を有効に使うことができます!

 

最後になりますが、英語を学習するために最も大切なことは「継続」です。

毎日コツコツやることが大切です。

 

1週間に一度大量のニュースを読むのであれば、毎日記事を1つずつ読むほうが効果的であると私は感じています。

1つの記事でしたら、20分のあれば読めるのでそれほどの負担にはならないと思います。

大事なことはコツコツ毎日継続的にやるとしても、厳しすぎる課題を課さないことです。

いきなりたくさんのことを始めようすると高確率で挫折します。

余裕をもって達成のできる目標から少しずるレベルアップしていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク