英語学習者必見!シャドーイングでスピーキングを強化する

スポンサーリンク

英語学習者必見!シャドーイングでスピーキングを強化する 英語学習法を紹介します。

過去の記事でおすすめ英語スピーキング学習法!英語で独り言をつぶやく英語練習法を紹介しました。

おすすめ英語スピーキング学習法!英語で独り言をつぶやく

2017年9月3日

 

そこでは、普段 頭のなかで考えていることを英語に変換して実際に口に出す という非常にシンプルなものでした。

シャドーイングはそれとは少し異なり、 音声データの話す言葉の少し後に続いて真似をして反復する練習法 です。

実際に人と英語で会話をしないスピーキング練習法の中で、 シャドーイング はベストだと思います。

やり方は非常にシンプルです。

まず何かしらの英語の音声データを用意します。

その音声データを再生し、少し遅れて真似するだけです。

最初のうちは文章(スクリプト)を用意して音声データを再生して、スクリプトを読んでも構いません。

慣れてきたらスクリプトなしでやります。

さらに練習を進めると音声データとほぼ同時に発生することができるようになります。

英語学習者必見!シャドーイングでスピーキングを強化する

英語学習者必見!シャドーイングでスピーキングを強化する

シャドーイングをお勧めする理由は以下の3つがあります。

  1. 正しい発音を身に着けられる。
  2. 英語のリズムがつかめる。
  3. 英語を話せたような気分に浸れる。

 

正しい発音を身に着けられる。

一つ目の理由は、 正しい発音を身に着けられる ことです。

音声データを再生したすぐあとに続くので、聞いた後の音をそのまま繰り返すことになります。

これは、一文をすべて聞き終わった後の声に出して話すよりも、音声を真似しやすいです。

結果的に、正しい発音が身に付きます。

大切なことは、適切な音声データを準備することです。

初めて試す人が突然アメリカのニュースサイトのアナウンサーの話していることを真似しようとしてもなかなかうまくできません(舌がついていきません)

 

ここで、初心者の方がシャドーイングをする際におすすめの音声データを紹介します。

それは、 英語学習者におすすめする英語ニュースサイト~初級編~英語学習者におすすめする英語ニュースサイト~中級編~ で紹介したニュースサイトです。

英語学習者におすすめする英語ニュースサイト~中級編~

2017年9月23日

英語学習者におすすめする英語ニュースサイト~初級編~

2017年9月20日

ここで紹介した英語ニュースサイトの一部では音声データが付いています。

その音声を使えばサイトに書いている内容をスクリプトとしてリスニングとリーディングの練習ができます。

さらに一部のサイトの音声データは音声が非常にゆっくりです。

中でも強くお勧めしたいのが、 Voice of AmericaEnglish in Levels です。

Voice of America は、発音が非常に明瞭で、非常にゆっくりと話してくれます。

初めてシャドーイングに挑戦する方にとってはこれ以上よい教材はありません。

ぜひ利用してみてください。

 

English in Levels もおすすめします。English in Levels はレベル別に同じニュースを読むことができます。もちろん音声データもついています。

スピードは Voice of America と比べると気持ち早いです。

 

したがって、まずは Voice of America から初めて、慣れてきたら English in Levels で順番にレベルを上げていくといいと思います。

 

英語のリズムがつかめる。

2つ目の理由は、 英語のリズムがつかめることです。

英語には 強く発音する単語(主語とか動詞とか)と 弱く発音する単語(前置詞とか)があります。

文章を読もうとするとどうしてもすべての単語をしっかり発音してしまいますが、実際には発音しない、あるいは音が弱くて発音が聞き取れないくらい弱く発音する単語があります。

シャドーイングでは、聞いた音をすぐに繰り返すので、発音の強弱を含めて、真似することで、自然に英文の中でも強弱を習得することができます。

単語それぞれの発音がいまいちでも、このリズムが良ければ、相手に聞き取りやすくなるそうです(ネイティブの友人から聞きました)

したがって、Voice of AmericaEnglish in Levelsを活用してぜひ練習してみてください。

 

英語を話せたような気分に浸れる。

最後の理由は、 英語が話せたような気分に浸れる です。

以外にこれが一番重要かもしれません。

シャドーイングを練習しているうちにだんだんとネイティブの方々が話すスピードに近づいていきます。

また、同じ音声データを繰り返し使用していたら、音声データを丸暗記してしまい、再生せずとも口に出せるようになります。

ここまで来たら、音声データなしでも練習できます。

覚えた文章でも、なにも聞かずにすらすらと英語が話せると英語が話せるようになった気分に浸れます。

つまり、自信が付きます。

モチベーションも上がります。

 

英語学習に一番大切なことは継続ですが、何かを継続するためには、何かしらの達成感が必要です。

シャドーイングはその達成感を満たしてくれます。

 

私の場合、音声データを覚えたら道端でスマホで電話をしているふりをしながら、その覚えた文章を口に出して歩いていました。

周りの人にはかなり見られますが、一部には「あの人英語しゃべれるんだ~」みたいな尊敬なまなざしで見られることもあるので、それをモチベーションにして勉強していました(笑)

~シャドーイング上級編~

ここでは、私がおすすめするシャドーイング上級編としてイヤホンと音声録音を合わせたシャドーイングを紹介します。

そのままですが、このやり方では音声はイヤホンから聞き取り、後に続いて発音するというものです。

さらに自分が話した言葉はスマホか何か音声を録音できる機会を使って録音します。

こうすれば、元の音声データは録音されず、自分の声のみが録音されます。

録音後、この音を聞きなおして、元の音声データを比較し、発音やリズムをチェックします。

 

自分が話している英語を聞くのはかなり恥ずかしいですが、このやり方はとても有効です。

聞き手側になれるので、自分の英語を客観的に見ることができます。

 

ぜひこの方法を活用して、より効果的にシャドーイングを利用してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す