【おすすめ英語学習法!】シャドーイングでリスニングとスピーキングを同時に鍛える【やり方も解説!】

【おすすめ英語学習法!】シャドーイングでリスニングとスピーキングを同時に鍛える【やり方も解説!】  では、英語学習方としておすすめのシャドーイングについてご紹介します。

シャドーイングとは、 音声データの少し後に続いて発音する練習法 です。

実際に人と英語で会話をしないスピーキング練習法の中で、 シャドーイング はベストだと思います。

やり方は非常にシンプルです。

まず何かしらの英語の音声データを用意します。

その音声データを再生し、少し遅れて真似するだけです。

最初のうちは文章(スクリプト)を用意して音声データを再生しながら、スクリプトを読んでもOKです。

慣れてきたらスクリプトなしでやります。

さらに練習を進めると音声データとほぼ同時に発生することができるようになります。

同時にリスニング力も鍛えることができるのでとてもおすすめです。

ここでは、シャドーイングについてご紹介し、おすすめの実践方法も解説していきます。

【おすすめ英語学習法!】シャドーイングでリスニングとスピーキングを同時に鍛える【やり方も解説!】

【おすすめ英語学習法!】シャドーイングでリスニングとスピーキングを同時に鍛える【やり方も解説!】

SONY DSC

1. シャドーイングとは?

まずはシャドーイングについて解説します。

前述の通り、シャドーイングとは「音声で聞こえた言葉を真似て発生する」練習方法であり、英語学習においてもとても効果的な手法になります。

聞こえた音をそのまま真似て発生するだけなのでとっても手軽に始める音ができます。

 

基本的には音声を聞いてそれを真似るすることを前提としていますが、いきなりこれをするのは結構ハードルが高いので、最初のうちはスクリプトを用意して、それを見ながら聞こえてくる音を真似ることも効果的です。

最初はこちらのやり方で慣れたらスクリプトなしで実践するというのがよろしいかと思います。

2. シャドーイングがもたらす4つのメリット!

次にシャドーイングを行うメリットをご紹介します。

ここでは3つあげました。

  1. 正しい発音を身に着けられる。
  2. 英語のリズムがつかめる。
  3. 英語を話せたような気分に浸れる。
  4. (後述)リスニングも同時に鍛えられる。

 

1つ目の理由は、 正しい発音を身に着けられる ことです。

音声データを再生したすぐあとに続くので、聞いた後の音をそのまま繰り返すことになります。

これは、一文をすべて聞き終わった後の声に出して話すよりも、音声を真似しやすいです。

結果的に、正しい発音が身に付きます。

大切なことは、適切な音声データを準備することです。

ただ、初めてシャドーイングを試す人が突然アメリカのニュースサイトのアナウンサーの話していることを真似しようとしてもなかなかうまくできません(そもそも舌がついていきませんw)

ゆえに正しいレベル感の音声を選択することが重要です。

音声データについてはこちらの記事でもご紹介しているPodcastやニュースサイトから選ぶことをおすすめします。

【完全版】英語学習におすすめのニュースサイトをレベル別に紹介!【リスニングもできます!】

2019年11月26日

【英語学習者必見!】英語を効果的に学べるおすすめPodcast6選【ネイティブ英語を聞こう!】

2017年10月8日

中でもVoice of America 、 English in Levels 、English as a Second Language Podcast がおすすめです。

発音明瞭でゆっくりと話してくれるので、初心者でも始めやすいと思います。さらにスクリプトもあるので安心です。

慣れてきたら記事の中でもご紹介している他のサイトやPodcastに挑戦するのが良いと思います。

 

2つ目の理由は、 英語のリズムがつかめることです。

英語には 強く発音する単語(主語とか動詞とか)と 弱く発音する単語(前置詞とか)があります。

文章を読もうとするとどうしてもすべての単語をしっかり発音してしまいますが、実際には発音しない、あるいは音が弱くて発音が聞き取れないくらい弱く発音する単語があります。

シャドーイングでは、聞いた音をすぐに繰り返すので、発音の強弱を含めて、真似することで、自然に英文の中でも強弱を習得することができます。

単語それぞれの発音がいまいちでも、このリズムが良ければ、相手に聞き取りやすくなるそうです(ネイティブの友人から聞きました)

 

3つ目の理由は、 英語が話せたような気分に浸れる です。

ちょっとふざけた感じもしますが、これが一番重要かもしれませんw

シャドーイングを練習しているうちにだんだんとネイティブの方々が話すスピードに近づいていきます。

また、同じ音声データを繰り返し使用していたら、音声データを丸暗記してしまい、再生せずとも口に出せるようになります。

ここまで来たら、音声データなしでも練習できます。

覚えた文章でも、なにも聞かずにすらすらと英語が話せると英語が話せるようになった気分に浸れます。

つまり、自信が付いて、モチベーションも上がります。

英語学習に一番大切なことは継続ですが、何かを継続するためには、何かしらの達成感が必要です。

シャドーイングはその達成感を満たしてくれます。

 

最後の理由がリスニングも同時に鍛えられることです。

こちらについては次の章で詳しく触れます!

3. スピーキングとリスニングを同時に鍛えられる!

ここからはシャドーイングはスピーキングとリスニングを同時に鍛えられるという内容をご紹介していきます。

4つ目のメリットでもあげたように、シャドーイングを実践することで、スピーキングのみでなくリスニングも鍛えることができます。

その理由は、「しっかりと聞き取ることができなければ決して真似して発言することができないから」です。

当たり前といえば当たり前のことですが、言われたことを真似るするときはちゃんと聞き取れないとちゃんと発言することってできないですよね。

それと同じで、シャドーイングをするときもきちんと聞き取ることができて初めてちゃんと真似できるようになります。

裏を返せば、シャドーイングがバッチリできた=その文章をしっかりと聞き取れているということを意味します。

できるものをどんどん増やしていけば必然的にリスニング力もどんどん向上していきます。

また、聞き取れない場合にはスクリプト付きの音声を選ぶことで、なんていっていたのかをちゃんと確認することができるのでおすすめです。

最初のうちは、こちらの記事でご紹介しているものから選ぶと良いです!

【完全版】英語学習におすすめのニュースサイトをレベル別に紹介!【リスニングもできます!】

2019年11月26日

【英語学習者必見!】英語を効果的に学べるおすすめPodcast6選【ネイティブ英語を聞こう!】

2017年10月8日

4. おすすめのシャドーイング実践方法を解説します

お次に僕が実践して確認したおすすめのシャドーイング実践方法をご紹介します。

大体の記事では、「音声を聞いて真似するだけ」と言われていますが、ここに少し工夫を加えることでさらに効率的に練習することができます。

ポイントは、スクリプト・録音・イヤホンです。

 

特に初心者のうちは何度聞いても音声がなんといっているのかなかなかわかりません。

ここにずっと時間を費やすのは勿体無いので、最初のうちは答え合わせができるスクリプト付きの音声を利用した方が良いです。

特におすすめはVoice of America 、 English in Levels 、English as a Second Language Podcastの3つです。

全て「発音明瞭」、「スピードがゆっくり」、「スクリプトあり」の3拍子揃いです。

これらの教材から気に入ったものを選んで始めるのが良いと思います。

 

もう一つのポイントは録音です。

つまり自分が喋っていることを録音して後から聞いて、正しく発音できるいるか、音声との差を比較します。

スマホにも録音機能がついているので気軽に利用することができます。

自分の声を録音して聞くとめちゃめちゃ気持ち悪いですが、勉強のためだと割り切ってください(笑)

ちなみに、自分が聞いている自分の声は頭蓋骨を伝わってくるため、周囲の人に聞こえている声と異なって聞こえるようです。

これが音声や映像で自分の声を聞いたら気持ち悪く感じる原因ですw

こちらについては慣れれば問題なくなりますので、英語上達のためだと思って是非ともトライしてみましょう。

自分の英語を客観的に聞くことができるので、どこを修正すればいいのかがはっきりするのでおすすめです。

 

最後のポイントはイヤホンです。

音声を聞くときにはイヤホンは必須です。

スピーカーを使ってしまうと自分の声で音声が途切れてしまい、さらには録音する際には声が混じってカオスになりますw

ゆえにシャドーイングを実践する際にはイヤホンは必須です。

ただイヤホンをしながら話すと声が大きくなってしまいがちなのでお気をつけください。

 

これらのポイントを押さえた上でシャドーイングを実践すると効果的に学習することができます!

是非ともトライしてみてください!!!

5. 慣れると屋外でも練習できますw

最後に少しレベルアップしたシャドーイング学習方法をご紹介します。

僕も実践していたもので少しメンタルが強くないとできないやり方になりますが、これを利用すれば外でもシャドーイングをすることができます(笑)

その方法とは、「電話をしているふりをしながらシャドーイングを行う」というものです。

つまり、電話をしているふりをして、実際に聞こえてきた英語文章をそのまま唱えるだけです。

周りの人から見るとただ電話しているだけにしか見えませんw

少し勇気のいるやり方ではありますが、この方法を利用すれば自宅のみではなく屋外にいるときも練習することができます。

さらに英語で電話をしていると、周りの人にはかなりジロジロと注目されますが、「あの人英語しゃべれるんだ~。すげ〜な〜」みたいな尊敬なまなざしで見られることもあるので、謎の優越感に浸れることもメリットです(笑)

是非ともシャドーイングに慣れてきたら試してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、英語学習方としておすすめのシャドーイングについてご紹介しました。

シャドーイングとは、 音声データの少し後に続いて発音する練習法 です。

実際に人と英語で会話をしないスピーキング練習法の中で、 シャドーイング はベストだと思います。

最初のうちは文章(スクリプト)を用意して音声データを再生しながら、スクリプトを読んでもOKです。

特に初心者の方には、こちらの記事でもご紹介しているような、ゆっくりと話してくれて発音明瞭な音声がおすすめです。

【完全版】英語学習におすすめのニュースサイトをレベル別に紹介!【リスニングもできます!】

2019年11月26日

【英語学習者必見!】英語を効果的に学べるおすすめPodcast6選【ネイティブ英語を聞こう!】

2017年10月8日

 

またシャドーイングだとどうしても1人で話すことになります。

「やっぱり誰かと英語で会話したい」と思う方にはオンライン英会話や英会話学校を利用することをおすすめします。

【経験談あり】英会話学校に通うことは有効なのか?【条件に合う人には有効だけど費用は高いです!】

2017年10月1日

安くて高品質なオンライン英会話で英語を鍛えましょう【ビジネス目的や初心者にもおすすめです!】

2017年9月17日

 

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す