日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

   2019/02/09

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました! では、2018年11月28日〜2018年12月7日の台湾旅行の際に訪れた烏来をご紹介します。

烏来は台北市内からタクシーで50分ほどの位置にある温泉街です。

日本式温泉や台湾の原住民の文化について学べる資料館、さらにはトロッコなど見所がたくさんあります。

台北市内から小一時間ほどでいける距離にありますので日帰りで行くことが可能です。

実際に今回の旅行でも、日帰りというよりかはほぼ半日でいきました。

訪れたのは2018年11月29日でしたが、この日はまず朝食を台北市内の「永和豆漿大王」をいただいたのちに烏来へいきました。

烏来を訪れたあとは猫空という場所を訪れました。

こちらについては次回の記事でご紹介したいと思います。

ここでは、烏来を訪れた時の様子をご紹介しますね。

  1. 烏来へのアクセス
  2. 台北市内から1時間ほどで大自然を満喫できます
  3. ノスタルジックな温泉街
  4. 台湾の原住民の文化を学べる資料館があります
  5. 肉の売り方がえぐい(笑)
  6. 出店にはめずらしい食材がたくさん
  7. 昔懐かしい駄菓子屋さん
  8. 烏来名物トロッコ!
  9. トロッコのいく先には滝があります
  10. かわいいお土産屋さんもあります
  11. ランチは台湾ならではの食材を堪能しました
スポンサードリンク

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

1. 烏来へのアクセス

まずは烏来へのアクセスです。

台北市内からの行き方をご紹介します。

私の場合は台北市内から烏来までタクシーで行ってしまいました。

所要時間はだいたい50分程で、料金は600台湾ドル程度だったと思います。

タクシーは4人で利用したので一人あたり150台湾ドルです。

日本円にしておおよそ500円ちょっとくらいですかね。

激安です。

人数が3人以上であればタクシーを利用するのが一番楽かと思います。

特に台北市内ですとUberも利用可能ですので言葉が話せなくてもアプリで全ての手続きが完了します。

私もUberを利用しました。

もし人数が少ない場合ですと、タクシーよりかは電車+バスが一番お得かと思います。

まずはMRTで新店駅まで行き、そこからバスで一本でいけます。

お値段は片道65台湾ドルですのでタクシーと比べると激安です。

ただ、タクシーでも日本と比べるとかなり安いのでもしお金に少し余裕があるようでしたらタクシーで行った方が断然楽ですよ。

2. 台北市内から1時間ほどで大自然を満喫できます

さて、ここからは実際に烏来を訪れた様子をご紹介してきます。

烏来は台北からタクシーで約50分程で到着します。

何より驚くのが豊かな自然です。

台北市内から1時間ほどでこれほどの自然が見られるとは驚きです。

川の透明度が素晴らしい!

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

これはタクシーに乗ってる途中でトイレ休憩をとってもらった際に撮った写真です。

奥にある町が烏来です。

3. ノスタルジックな温泉街

トイレ休憩を一度はさんで無事に烏来に到着です。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

少々天気が悪いですが山の上ですので天気は少し変わりやすいですね。

ここから烏来を散策します。

歩いてみるとノスタルジックな街並みが見えてきます。

いい雰囲気ですね〜

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

なんとも昭和チックな雰囲気ですよね。

周りを見渡すとゴーヤなどの新鮮な野菜が売られています。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

南国らしくたくさんの果物も売られています。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

少し奥に進むと情緒ある橋があります。

ここから見える景色も素晴らしいです。

古き良き日本の温泉街のような雰囲気です。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

建物も結構古そうですね。そして川がきれい!

さらに奥に進むと温泉と書かれた看板も見えてきました。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

私自身はここでは温泉には入りませんでしたが、歩いていると日帰りで温泉に入れる施設がいたるところにあります。

温泉好きの方はぜひお試しください。

4. 台湾の原住民の文化を学べる資料館があります

さらに奥に進むと面白い建物が見えてきました。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

こちら、資料館になります、

なんの資料を展示しているかと言いますと、台湾原住民文化に関する資料を展示しています。

台湾は蒋介石が来て以来現在の形になっていますが、元々は原住民の方達が住んでいました。

その当時の暮らしや文化などについて、この資料館では学ぶことができます。

正直なところ、台湾の原住民については全くの無知でしたので、ここでその文化について触れられるのはとても良い勉強になりました。

さらに中へは無料で入れますのでぜひ訪れてみてください。

ちなみに館内での写真撮影は許されているのかよくわからなかったので自粛しました。

スポンサードリンク

5. 肉の売り方がえぐい(笑)

資料館から出てくると移動式のお肉屋さんがありました。

そしてここの肉の売り方がすごかった。

写真でも見えますが、豚の顔のパーツが色々と吊るされています。

こんな売り方日本ではまずないですよね。

沖縄とか行けばあるんですかね。

さらにすごい状態で売られている鶏肉がありました。

あまりグロいものは得意ではないという方はこちらから先の文章へスキップしてください。

「我こそは!」と思われる方はそのままお進みください。

行きますよ。

こちらです。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

まさに生前の姿そのままです。

台湾に限らず海外に行くと日本では考えられないような状態で食料品が売られていることがよくあります。

カルチャーショックですw

過去にベトナム・ハノイフィリピン・セブを訪れた際にも同様な経験をしました。

もしご興味があればこちらからご覧ください。

6. 出店にはめずらしい食材がたくさん

さて、原住民文化について学べる資料館を過ぎるとたくさんのお店が並んでいます。

お土産を買うならこのエリアですね。

このような現地のお菓子やお酒を販売しているお店もあります。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

ちなみにお酒の試飲もできます。

お酒好きの方はぜひ試飲しまくってください!

さらに日本ではなかなかお目にかかれないめずらしい食材もたくさん売られています。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

空芯菜は知っていますが、そのほかの食材は何がなんだか・・・わかりません。

このような見たこともない食材を見て歩くのも楽しいですね。

スポンサードリンク

7. 昔懐かしい駄菓子屋さん

さらに立ち並ぶお店の中にとっても懐かしいお店がありました。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

こちら、駄菓子屋さんです。

駄菓子以外に子供向けのおもちゃなども売られています。

もうお店に飾られるポスターを見るだけもなんだか懐かしい気持ちになりますよね。

店内に入るとさらに懐かしいですよ。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

このような昔懐かしい駄菓子がたくさん並べられています。

しばらく我を忘れて見入ってましたね(笑)

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

ついつい買いたくなってしましますね。

価格も安いので爆買いするのもありですw

8. 烏来名物トロッコ!

お店が並ぶ通りを過ぎると橋が見えてきます。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

この橋を渡ると、烏来名物のトロッコがあります。

これは乗るしかありませんね。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

トロッコに乗るためにはまず駅にたどり着かなくてはなりません。

この駅に行くまでの階段が少々辛いです。

頑張って階段を登りきるとようやく駅にたどり着きます。

平日に訪れたのでガラガラでした。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

駅について早速チケットを購入します。

料金は大人で片道一人50台湾ドルです。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

切符をゲットして早速トロッコに乗車です。

トロッコはこのような小さくて可愛らしいデザインです。

このトロッコに乗って滝がある場所まで一気に行きます!

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

しかしながらこのトロッコ、走り出すとなかなかの激しさで揺れます。

完全なアトラクションです。

そんな揺れの中でも周りをみると素晴らしい景色が広がっています。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

こんなに美しい景色は東京都内ではなかなかみることができないのでとても癒されました。

駅に到着する直前にはこのようなトンネルに入ります。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

そしてこのトンネルがまた怖いんですね〜

幅が狭いので手足を出してると確実にぶつかります。くれぐれもお気をつけください。

そしてトンネル内は一切ライトがなく真っ暗です。

その暗闇の中でカーブもあるのでなかなかスリル感があります。

みなさん、ほのぼのとした気持ちでトロッコに乗らないように気をつけてください。

優雅に飲み物を飲みながらトロッコで移動など不可能なほど揺れます。

乗車時間は10分程度ですのでアトラクションだと思ってぜひ楽しんでください!

スポンサードリンク

9. トロッコのいく先には滝があります

トロッコの終着駅には滝があります。

みなさんこの滝が目当てでここまでやってくるんですね。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

このような趣ある通りの先にお目当の滝はあります。

ちなみにトロッコからも遠くに滝は見えます。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

しかし、近くまで行くとやはり迫力があります。

マイナスイオンをたんまりと浴びることができますよ。

台北市内から1時間程でこれほどの大自然が見られることはとても魅力的ですよね。

ちなみにこの先にはロープウェイでさらに高地に行くことができます。

しかし、この後大きなロープウェイがある猫空を訪れる予定でしたので、ここでは我慢しました。

10. かわいいお土産屋さんもあります

滝の近くには原住民をモチーフにした像があります。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

その対面側には可愛らしい手作りのお土産を販売するお店があります。

フクロウに関する雑貨が多いですね。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

フクロウはとても縁起の良い生き物で、台湾ではよく見られます。

お店の反対側を見てもフクロウだらけです。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

お土産やさんもぶらりと見てトロッコで来たみちを帰りは歩いて戻りました。

徒歩ですと約20分ほどですのでウォーキングとしてはちょうどいい距離です。

道中綺麗な川も見られますしとてもリラックスしながら歩けますよ。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

現地の方は、トロッコを利用している方よりも歩いて移動している方が圧倒的に多かったですね。

11. ランチは台湾ならではの食材を堪能しました

最初にトロッコに乗車したところまで戻り、ここで遅めのランチをとることにしました。

取りあえず駄菓子屋さんなどがあった通りまで戻ってきました。

ここの通りにあった中華料理屋さんの一つに入りました。

こちらのお店です。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

ここ烏来ではイノシシのお肉が有名なようでしたのでイノシシ肉のチャーシューのようなものをまず注文しました。

さらには炒め物や竹筒で炊いたご飯なども注文しました。

まずはご飯の竹筒炊きです。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

これが非常に美味しかった。

中のお米はもち米です。

味付けとしてはちまきの中のご飯に似ています。

おかずも鶏肉をメインに人参などがたっぷりと入っています。

毎日でも食べたい味です。

さらにそのほかに注文した料理も続々と運ばれてきました。

やはり中華料理は早くていいですね。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

焼きそばのようなものに、イノシシ肉のチャーシュー、空芯菜の炒め物、エビと小魚を炒めた物、さらには写真上の真ん中にある謎の食材を使った炒め物を注文しました。

もちろん全て激ウマです。

焼きそばは上海焼きそばのように麺はもっちもちです!

イノシシ肉のチャーシューは想像していたよりもクセがなくて美味しかったです。

個人的にはもう少し臭いがきついのかと思っていましたがそんなこと全然ありませんでした。

そして写真右にあるエビと小魚が美味しかったです。

台湾特有の胡椒の味付けが素晴らしく美味しいです。

空芯菜は安定して美味しいです。

どの国で食べても安定感抜群です!

そして最後に謎の食材を使った炒め物(写真上の真ん中)が面白かった。

緑色の食材は少しぬめりがあります。

昆布のような食感です。

食感がとても面白くて、食べていてとても栄養価がたかそうな味がしましたw

さらに私はお酒は飲みませんが、一緒に来ていたメンバーが台湾ビールを注文しました。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

飲んだ方曰く美味しいみたいです(笑)

ということで、注文していたお料理全て美味しく完食しました。

そしてこれだけ食べても全部で500台湾ドル程度です。

タクシー代よりも安いという衝撃的な価格でした。大満足!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは2018年11月28日〜2018年12月7日の台湾旅行の際に訪れた烏来をご紹介しました。

烏来は台北市内からタクシーで50分ほどの位置にある温泉街です。

日本式温泉やトロッコ、さらには台湾の原住民の文化について学べる資料館もあります。

台北市内の都心感に少し疲れを感じた時にはこの烏来はとてもオススメです。

大自然の中を散策することでとてもリラックスできますよ。

ぜひみなさんも機会がありましたらぜひ行ってみてください!

当日は、この烏来を訪れたあとは「猫空」という場所を訪れました。