コスパ最強!ベトナム・ハノイで本格フレンチを食す

   2018/11/18

コスパ最強!ベトナム・ハノイで本格フレンチを食す ということで、ここでは、ベトナム・ハノイ旅行中に食べたフレンチをご紹介します。

2017/10/30-2017/11/2に訪れたベトナム・ハノイ旅行の際に、本格的なフランス料理店にてフレンチを食べました。

ベトナムといえば、もちろん生春巻きやフォーなどで有名なベトナム料理が定番ですが、おいしいフレンチを提供しているお店もたくさんあります。

この旅行中に食べたベトナム料理については過去の記事をご覧ください。

ベトナムでフレンチのお店がたくさんある理由は、ベトナムはかつてフランスの植民地であったためです。

植民地時代に多くのフランス文化がベトナムに入ってきました。

ハノイ市内を散策すると、いたるところにフランスを連想させる建物がたくさんあります。

建物のみでなく、フランス料理もベトナムに入ってきました。

さらにベトナムは物価が非常に安いです。

したがって、ベトナムでは本格的なフレンチをリーズナブルにいただくことができます。

ここでは、私がベトナム・ハノイ旅行中に食べたフレンチレストランを2つご紹介します。

スポンサードリンク

コスパ最強!ベトナム・ハノイで本格フレンチを食す

ここでご紹介するフレンチレストランはこちらの2つです。

  1. La Badiane
  2. Maison Vie Restaurant

それでは順番にご紹介します。

1.La Badiane

1つ目にご紹介するレストランはLa Badianeです。

名前からしてフランス語っぽいですね。

このレストランはハノイ駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

お店としてはかなり高級店の分類に入ると思うのですが、このお店は普通の住宅街の中にポツンとあります。

私がこのお店に入る時には、店の向かい側の家のおばちゃんが道で洗濯していました(笑)

お店の外観はこんな感じです。

今回はここでランチをいただきました。

見た目はそこまで高級には見えません。

しかし中に入ると、白を基調とした高級感あるテーブルに案内してくれました。

このとき私は普通のTシャツを着ていましたが、ドレスコードには特に何も突っ込まれることなく入れました。

ただ周りの方はそれなりの服装(男性はシャツ、女性はドレスを着ている人が多かったです)をしていたので私は浮いていたと思われます(笑)

テーブルに着席すると、きれいに折られたナプキンがありました。

高級店っぽいですね。

店内にはテラス席もあり、緑に囲まれて異世界に来た気分です。

とってもしずかな空間で落ち着きます。

さっそく料理の注文ですが、ここではランチメニューとしてコースが用意されていました。

Starter、Main Course、Dessertそれぞれのメニューから好きなものを選択できます。

英語表記もありましたが、やはりフランス料理なので料理名も長くよくわかりません。

とりあえず、わかる単語を拾い集めて想像して選びました(笑)

飲み物は無難にお水にしました。

 

まずはStarterです。

カリフラワーのスープです。

カリフラワーのスープなんて初めて聞きましたが、フランス料理ではよく食べられるんですかね。

私は日本でフレンチのコース料理が提供されているお店にはいったことがないので全く分かりません(笑)

とりあえず、いただきます。

「うまっ!!!!!」

カリフラワーってこんなにうまみがあるんですね。

とっても濃厚でクリーミーな味わいです。

ほんのり甘く、カリフラワーの甘さが引き立てられています。

 

次にMain Courseです。

見た目が美しいです。

これ、なんだかわかりますかね。

写真からだとわかりずらいと思いますが、これ、リゾットです。

正確にはマッシュルームのリゾットです。

写真上部にあるおせんべいみたいなものはチーズです。

リゾットはチーズがたっぷり使用されているので、濃厚でおいしいです。

最後にマッシュルームの香りもふわっと漂ってきます。

ただカリフラワーのスープもこのリゾットも、濃厚でクリーミーな味わいという点では似ていたので、Main Courseは少しさっぱりしたものでもよかったのかなとも思いました(笑)

生意気ですみません・・・

運ばれてきたとき、見た目はかなり少なそうに見えましたが、チーズがふんだんに入っているので見た目以上に満足感があります。

 

最後は一番楽しみなデザートです。

「なんだ、このおしゃれなデザートは!!!!!」

メニューとしてはパンケーキを注文したのですが、これどう見てもクレープの生地で包まれています。

フランスでパンケーキといえばこのクレープ生地を指すのでしょうか??

さっそく食べてみるとナイフで切った瞬間中からアイスクリームがでてきました。

これにはもう大興奮です。

食べてみると生地はやっぱりクレープの味です。

そしてアイスクリームはナッツっぽい味付けでした。

店員さんに聞いてみたところピスタチオアイスクリームといっていました。

ピスタチオのアイスクリームなんてあるんですね。

日本ではピスタチオ等のナッツ類は高価なので、なかなかアイスにしようとは思わないんですかね??

ただ、このアイスめっちゃおいしいんです。

ピスタチオなので甘さもあまりなく、純粋にナッツの風味が豊潤でおいしいです。

クレープにかかっているチョコレートソースが激甘でしたので全体的なバランスを考えるとちょうどいいです。

もしこのアイスも甘ければ全体的にかなり甘ったるくなってしまうと思います。

すべておいしく完食して大満足でした。

 

そして、このレストランでのお会計1,030,000ドンです。

日本円でおおよそ5000円程度です。

2人でコース2つ、飲み物を含めてこの値段です。

一人2500円でこれだけのコース料理をいただけるのは非常にお得だと思います。

静かな雰囲気で、一瞬ベトナムであることを忘れてしまうほどです。

ただお店を出た瞬間に猛烈なクラクション音が聞こえた瞬間、ここはベトナムであることを再認識しました(笑)

 

ここで紹介したお店の情報はこちらにまとめておきます。

レビュー情報が参考になるかと思いますのでtripadvisorのサイトも貼っておきます。

店名:La Badiane

住所:10 Nam Ngư, Cửa Nam, Hoàn Kiếm, Hà Nội, Vietnam

サイト1http://labadiane-hanoi.com/

サイト2https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293924-d1493448-Reviews-La_Badiane_restaurant-Hanoi.html

2.Maison Vie Restaurant

2つ目にご紹介するレストランはMaison Vie Restaurantです。

ここではディナーをいただきました。

ちなみにこのMaison Vie Restaurantは、1つ目にご紹介したLa Badianeよりも高級店です。

さっそく店内に入ります。すみません、あまりの高級店に興奮しすぎて外観の写真撮るの忘れました・・・

サイトから拝借した画像がこちらです。

参照:http://www.vietnam-guide.com/hanoi/dining/maison-vie-restaurant-hanoi.htm#

見るからに高級感がありますよね。

これなら興奮しすぎて外観の写真を撮り忘れても仕方がありません(完全な言い訳ですw)

さっそく中に入ってテーブルに案内していただきました。

とってもクラシックな雰囲気です。

みなさんそれなりの服装をしているのかと思いきや、意外にラフな方が多くて安心しました(笑)

そして着席した席の後ろ側には大量のワインがありました。

きれいにディスプレイされています。さすがです。

ただ私はお酒は一切飲みませんので、あまり魅力は感じませんでした(笑)

 

さっそく注文です。

ここでもコース料理を注文し、Starterから2つ、Main Courseから1つ、Dessertから1つ、合計4品のコース料理にしました。

まずはStarter Part1です。

きれいな盛り付けのサラダです。

もはや、どうやって食べればいいのかわかりません(笑)

とりあえず、大胆に真ん中から攻めていきます。

サイドについているソースにつけていただきます。

ソースはアンチョビが効いていて、バーニャカウダ用のディップソースに似ています。

やっぱり野菜はおいしいですね~。

そしてサラダの周りに巻き付いているものの正体はキュウリでした。

こんなにでかいキュウリがあるんですね(笑)

ちなみに私はトマトが苦手なので運ばれてきた瞬間少し絶望しましたがおいしくいただきました(トマトは残しました、ごめんなさい)

トマトは一口食べてみましたが、日本のトマトよりもかなり青臭さが強いです。

より自然に近いトマトだと思います。

日本のトマトがいかに品種改良で食べやすくなっているのかがよくわかります。

その品種改良されているトマトも苦手な私にとってこのトマトはしんどかったです(笑)

 

続きまして、Starter Part2です。

じゃがいものスープです。

いわゆるビシソワーズってやつですね。

こちらは想像していたお味でおいしいです。

じゃがいもの味を活かすために味付けは極力シンプルにしているように思いました。

いも本来の味がしっかりと味わえておいしいです。

 

次はMain Courseです。

ステーキです。

ベトナムは野菜をたくさんいただけて、体にもとても良いのですが、やはり肉を食べないことにはやっていけません。

ここは豪快にステーキを頼みました。

お肉はオーストラリア産、オージービーフです。

そしてこのお肉とてつもなく柔らかいんです。

そして脂少なめです。

脂が少なくてここまで柔らかいお肉を食べたのは初めてです。

低温でじっくり時間をかけて調理しているんですかね~。

横のソースはとてもコショウが効いていました。

正直、何もつけずにお肉本来の味を楽しむだけで十分すぎるくらいおいしいです。

 

最後はDessertです。

パンナコッタです。上についているソースはマンゴーソースです。

これはおいしいに決まってます(笑)

案の定、激うまです。

パンナコッタはかなりミルクの風味が強くて個人的にすごく好きな味でした。

 

また、Dessertを用意してもらう際に、

「Would you like a cup of tea of coffee???」

と店員さんが聞いてくださったので、tea(紅茶)をいただきました。

「なんか色が違う!!!!」

普通の紅茶が来ると思っていたのですが、全く違うものがきました。

実はこれ、蓮茶です。

まあteaといえばteaですよね(笑)

蓮茶はベトナムの名産品の一つです。

蓮茶といっても実際には蓮をブレンドした緑茶です。

香りは緑茶とは全く違うのでこれが蓮の香りなんでしょうね。

とりあえず、いい香りです。

蓮茶には様々な効能があるそうです。

特に美容関係の効能が多いようで、世界3大美女でも知られる楊貴妃も愛飲していたそうです。

ちなみに蓮は英語でLotus(ロータス)ですので現地ではLotus Teaと書かれています。

飲んでいみるととても香りが強くて鼻を通り抜けます。

しかし後味に少し苦みがあります。好みがわかれそうなところです。

私としてはこの苦みで飲み終わった後に口の中がすっきりするので好きです。

 

以上4品、大満足なコースでした。

こちらのお店の合計は、2人でコース2つ、飲み物を含めて1,662,000ドンでした。

日本円にして8300円程度です。

一人4150円です。

これは現地ではかなりの高級店になります。

ただ日本でも少しダメージを受ける価格です(笑)

でもこのお店の雰囲気と料理のクオリティを考慮すれば格安だと思います。

 

ここで紹介したお店情報はこちらにまとめておきます。

1つ目と同様、tripadvisorのサイトも貼っておきます。レビューを参考にしてください。

店名:Maison Vie Restaurant

住所:28 Tăng Bạt Hổ, Phạm Đình Hồ, Hà Nội, Vietnam

サイト1http://www.maisonvie.vn/

サイト2https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293924-d9605204-Reviews-Maison_Vie-Hanoi.html

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここではベトナム・ハノイ旅行中に訪れた2つのフレンチレストランをご紹介しました。

ベトナムは、かつてフランスの植民地であったため、今でも本格的なフレンチを提供しているお店がたくさんあります。

そしてベトナムは物価が安いので、高級店に行っても価格はとてもリーズナブルです。

日本ではなかなかいただけないコース料理がベトナムでは数千円でいただくことができます。

ぜひこの機会にトライしてみてください。

 

その他ベトナム旅行の記事も合わせてご覧ください。