台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

スポンサーリンク

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました では2018年11月28日〜2018年12月7日の台湾旅行の際に訪れた『猫空』についてご紹介します。

みなさん、『猫空』って聞いたことありますでしょうか。

私自身、今回の旅行で訪れるまで全く知りませんでした。

名前からしてもなんだか可愛らしいですよね。

ちなみに『猫空』と書いて『マオコン』と読むそうです。

『猫空』は、台北市内からMRTで行くことができるので気軽に訪れることができます。

巨大なロープウェイで山頂付近まで行くことができ、山頂付近では台湾名物のお茶を楽しむことができます。

台北の都心の観光に少し疲れた、という方には『猫空』はとてもオススメです。

ちなみに今回の旅で『猫空』を訪れた日は、朝は「永和豆漿大王」で朝食をいただき、その後『烏来』に行きました。

その後『猫空』へ行きました。なかなかの過密スケジュールですが、それぞれの位置がそこまで遠くありませんので、比較的にゆったりと回ることができますよ。

永和豆漿大王」と『烏来』に関する記事はこちらからご覧ください。

日本式温泉に原住民文化にトロッコ!烏来へ日帰りで行ってきました!

2019年1月9日

台北で地元の方に大人気の朝食屋さん!永和豆漿大王に行ってきました。

2019年1月5日

ここでは『猫空』を訪れた様子についてご紹介しますね〜。

  1. 『猫空』へのアクセス
  2. ロープウェイが半端ない長さ!
  3. 床が透明なロープウェイもあります
  4. 台北市内を一望!
  5. 山頂をぶらぶら
  6. 台湾名物のお茶を堪能
  7. お茶や茶器のお土産もおすすめ

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

1. 『猫空』へのアクセス

まずは『猫空』へのアクセスからご紹介していきます。

猫空への行き方はいくつかあるのですが、まずは場所を確認しましょう。

猫空は台北市内から見て南東の位置にあります。

最終的にはロープウェイを利用していくのがベストです。

ロープウェイ乗り場は台北動物園駅にあります。

台北動物園駅まではMRTでいくことができます。ここには台北駅からのルートを出します。

MRTですと約1時間ほどですね。

少しお金に余裕がある場合はタクシーがおすすめです。20分ほどでいけます(笑)

 

台北動物園駅に到着するとすぐにロープウェイ乗り場が見えてきます。

ここから猫空までロープウェイ一本です。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

ロープウェイの切符はもちろん悠遊カードでも購入可能です。

お値段は大人一人で片道120台湾ドルです。

台湾の物価的には少し高めですが、この後出てくるロープウェイの長さを見るとこの値段も納得します

切符を購入して早速ロープウェイに出撃です。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

ちなみにこちらのロープウェイ内は飲食禁止ですので、ご利用する際にはご注意ください。

2. ロープウェイが半端ない長さ!

何と言っても驚くべきことはここのロープウェイの長さです。

なんと全長4kmございます!!!

ここまで長いロープウェイは日本でもそうそうないと思います。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

まあロープウェイ乗り場は普通ですね。

しかし乗ってみるとその長さがわかります。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

どうですか。

窓が少し汚れていたのできれいに撮れず申し訳ないのですが、よくみると奥の方で右折してそのまま山頂の方まで続いている事がわかります。

ちなみに猫空駅まで到着するまでの間に駅が2つほどあります。

ただそこで降りる人はほとんどいません(笑)

3. 床が透明なロープウェイもあります

さらにこのロープウェイには面白いものがあるんですね。

実は私たちが乗ったロープウェイは床が透明なんです!!!

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

こんな感じで下が丸見えです!

これはクリスタルキャビンと呼ばれていて、一定間隔で走っています。

ちなみにクリスタルキャビンに乗車したい場合は少し並ばなければなりません。

やはりみなさん「せっかくなら」という事でクリスタルキャビンを選びます。

普通のキャビンであればほとんど並ばずにすぐに乗る事ができます。

ちなみにクリスタルキャビンに乗っても料金は変わりません。

少しスリリングな感じですが、途中の景色は素晴らしいですよ〜

山の景色を上から見下ろすことはなかなかないのでとっても楽しいです。

ただ一部結構高さがありますので高所恐怖症の方はくれぐれもお気をつけください。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

一緒に訪れたメンバーの一人が高所恐怖症だったので、めちゃくちゃビビりながら乗っていました。

ここで謝罪しておきます。すみませんでしたw

みなさん乗車前に、高所恐怖症の方がいないかどうかしっかりと確認してください!

ロープウェイを利用せずにバスでいくことも可能です!

4. 台北市内を一望!

ただロープウェイに乗ると景色が素晴らしいですね。

もちろん猫空に到着してからの景色も素晴らしいものでありますが、だんだんと景色が変わる様子をロープウェイから眺めるのもまた素晴らしいです!

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

少し曇って見えるのは窓が汚いからですw

それでもきれいですよね。

遠くに台北101タワーも見えます!ぼけてますが・・・

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

 

こうやって景色を楽しんでいると気づいたら猫空駅に到着しました。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

実際には20分くらいは乗っていたと思います。

さてここからは猫空駅周辺を探検です!

5. 山頂をぶらぶら

猫空駅の前にはお土産屋さんや屋台が並んでいます。

周辺の地図があったので撮っておきました。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

標高が少し高く日当たりも抜群ですので、この辺りではお茶が有名みたいですね。

その他きれいな自然がたくさんあります。

お茶ももちろんですが、ちょっとしたトレッキングのために訪れる方も多かった印象です。

 

それでは早速探検開始です。

猫空駅の正面はこのようになっていて、右側に行く人はトレッキング目的の方が多いですね。

みなさん、それなりに動きやすそうな格好をしています。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

我々が行ったのは向かって左側です。

こちらにはお茶屋さんや屋台が充実しています。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

早速たくさんの屋台がお出迎えしてくれました!

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

夜市もそうですが、このように至るところに屋台があるのってなんかいいですよね。

お祭りみたいでテンション上がります。

屋台がずらりと並んでいる通りをひたすら歩いていくと途中台北市内がきれいに見えました。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

今回は外から撮影しているのできれいに写りました。

さらに歩き進めるとお茶屋さんやお土産屋さんが並ぶエリアに到着します。

6. 台湾名物のお茶を堪能

ここで、台湾名物のお茶をいただくことにしました。

訪れたのはこちらの「山中茶」です。

レトロでいい感じの建物です。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

中に入ってもきれいでした。

ちなみに訪れたのは午後3時くらいでしたのでお客さんは全然いませんでした。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

木の感じが落ち着きますね〜

なんとなくおばあちゃんちを思い出します。

早速お茶を注文です。注文したのは王道の烏龍茶です。

注文すると最初は店員さんがお茶を用意してくれます。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

以降は自分たちでお湯を加えて無限に飲み続ける事ができます(笑)

左に見える赤い紙袋が茶葉です。

注文するとこれ一袋がいただけて余った分は持って帰る事ができます。

ちなみにここで全て使い切ることはほぼ不可能です。

烏龍茶は一回の茶葉の量で5〜6回お湯を加えて何度もお茶を楽しむことができます。

全て使い切るとなると何杯飲めばいいのかわかりません。

そして何よりこのお茶が抜群においしいんです。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

今まで飲んできたお茶とは全く違います。

まずは香りの強さ、口に含んだ瞬間お茶のいい香りが鼻から抜けていきます。

これだけでも感動するのですが、味もすごいんです。

烏龍茶って甘いんですね。

飲むと最後は甘さが押し寄せてきます。

今までの烏龍茶への概念が覆されました。

 

さらにお茶だけでは寂しかったので、少しおやつも頼んでみました。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

さつまいもの天ぷらとかぼちゃの種ですw

さつまいもの天ぷらは日本で食べるものと全く同じです。

しかしつけるものが違います。

台湾では写真下に見える梅パウダーをつけて食べるんです。

日本では天つゆとかお塩ですよね。

台湾では梅パウダーです。

そして実際に食べてみるとこれが美味しいんです。

甘酸っぱい感じがお茶にもあいます。

さらにこの酸っぱさがさつまいもの甘みを引き出してくれている感じがします。

 

もう一つ注文したのがかぼちゃの種のおつまみです。

これは直接食べるのではなく、殻を剥いて中身だけを食べます。

これも塩が効いた味付けでお茶のお供にはぴったりです。

初めて食べましたが結構いけますね。

ただ殻を剥くのが疲れます(笑)

 

そんなこんなでお茶とおやつを楽しんでいるとあっという間に時間が過ぎてしまいました。

なんだかんだ2時間くらいいましたかね。

お茶も何杯飲んだのかもはやわかりません。

 

「山中茶」のお茶、大満足でした!

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

7. お茶や茶器のお土産もおすすめ

さらにお茶屋さんをでて少しお土産屋さんを見てみました。

山中茶の斜め向かいにあるこちらのお店です。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

茶器やお茶が売っています。

見た目からしても可愛らしんですが、売られている茶器も可愛いです。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

お茶のパッケージが可愛いですよね。

お土産として買っていくと喜ばれると思います。

さらに茶器も可愛いんです。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

竹のとかユニークで面白いですよね。

今回一緒に訪れたメンバーはここで中段の一番左にあるブルーの茶器の下にある台を購入しました。

この台の上でお茶を入れるのですが、お湯が漏れても下に流れるので気にしなくて済みます。

台湾でお茶をいただくときは、茶葉を入れて最初にお湯を少し入れ、そのお湯は捨ててしまいます。

最初はお茶の葉を起こすために少量のお湯を入れてすぐに捨てるんです。

さらにそのお湯を湯のみ?にかけて茶器を温めます。

これをいちいち台所でするのは面倒ですので、このようなジャバジャバとお湯が溢れても大丈夫な台の上で行うわけです。

「山中茶」でお茶をいただいた際にも最初のお湯は捨てて、それを湯のみにかけて温めていました。

ここではステンレス製の台を使っていましたね(上の写真のご参照ください)

でもやはり木製の方が温かみがあっていいですね。

 

こちらのお土産を購入して猫空探検はおしまいです。

この後猫空駅へ戻って再びロープウェイを利用して台北動物園まで戻りました。

帰りのロープウェイを乗った時間はちょうど夕暮れでしたので景色がとてもきれいでした。

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

台北動物園駅に近づくと帰宅ラッシュもよく見えます(笑)

台北からMRTでいける!『猫空』でロープウェイとお茶を堪能しました

今回の旅で訪れるまで、『猫空』については全く知りませんでしたが、実際に訪れてとても楽しかったです。

台北市内からも日帰りで気軽に行けるのこともポイントが高いです。

『烏来』と同様、都心の雰囲気に疲れた際にはこのような自然豊かな場所でゆったりとリラックスすることも良いなと思いました!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは2018年11月28日〜2018年12月7日の台湾旅行の際に訪れた『猫空』についてご紹介しました。

『猫空』は、台北市内からMRTで1時間ほど、あるいはタクシーで20分ほどで行ける台北動物園駅からロープウェイで20分ほどの場所にあります。

美しい自然が見られるほか、台湾名物の本格的なお茶を楽しめる場所がたくさんあります。

都心の観光に少し疲れた方にもとてもおすすめです。

ぜひぜひ行ってみてください!

ちなみにこの後は、台湾名物の小籠包を食べにいきました。

それは次回の記事でご紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク