【2泊3日函館3日目】旧イギリス領事館周辺→緑の島→函館駅→函館空港

スポンサーリンク

【2泊3日函館3日目】旧イギリス領事館周辺→緑の島→函館駅→函館空港 では、2019年10月6日〜2019年10月8日にかけて訪れた函館旅行で、最終日である3日目に訪れた場所をご紹介します。

1日目は金森赤レンガ倉庫や元町教会群へいき、夜はジンギスカンをいただきました。

一番のお目当のラッキーピエロにも行くことができました。

【2泊3日函館1日目】赤レンガ→ラッキーピエロ→教会→ジンギスカン!

2019年11月11日

2日目は函館どさんこファームで乗馬を体験し、五稜郭や函館山からの夜景を楽しみました。

【2泊3日函館2日目】乗馬体験→足湯(湯の川温泉)→五稜郭→函館山!

2019年11月12日

最終日である3日目は飛行機の時間もあったので観光できたのは半日ほどでした。

限られた時間の中で、元町周辺をぶらぶらしてきました。

【2泊3日函館3日目】旧イギリス領事館周辺→緑の島→函館駅→函館空港

1. 関帝廟形式の建物「函館中華会館」

朝はまず宿泊先の「センチュリーマリーナ函館」で朝食をいただき、チェックアウトを済まして出発です。

【いくらが食べ放題】「センチュリーマリーナ函館」の朝食ビュッフェ!

2019年11月7日

「センチュリーマリーナ函館」に2泊しましたがとても素晴らしいホテルでした!

【お好きなアロマと枕が選べる!】センチュリーマリーナ函館に宿泊!

2019年11月7日

ホテルを後にしてから、お散歩目的で元町公園を目指しました。

まずは函館市電で末広町駅まで行き、ここからぶらぶらします。

まずは駅の近くにあった函館中華会館に行きました。

末広町から徒歩で約5分です。

駅を出てひたすら坂道ですw

ずーっと上り坂です。

この坂を歩いていくと、このように明らかに日本の建物とは違うものがありました。

中国と洋風の建物が混じったような印象を受けます。

近づくと建物に関する説明がありました。

れんが造りで洋風な雰囲気があるように感じましたが、こちらは純中国様式の建物で、日本に現存する唯一の建物のようです。

昔に建てられたものなので、文字は右から読みます!

入り口や出口がありましたが、現在は入れないようでした。

調べてみたところ、昔は中に入れたそうですが、建物の老朽化が原因で2005年以降は中に入れないようです。

これは仕方ありません。

少しでも長く今後も残っていって欲しいものですね。

函館中華会館

公式サイトこちらからどうぞ(函館市公式観光情報サイトより)

住所:〒040-0052 北海道函館市大町1−12

地図こちらからどうぞ

アクセス:函館市電「末広町駅」から徒歩約5分

2. 黒船襲来でおなじみのペリーがいました!

函館中華会館を見た後は元町公園を目指して歩きました。

この辺りの坂道は石畳になっていてとってもきれいです。

坂道の途中にはたくさんの花が咲いていました。

イギリスの貴婦人のような銅像もあります。

坂を登るとこのような広いスペースにたどり着きます。

そしてこの広場には有名なペリー提督がいました。

遠くから見てもなかなかの迫力です。

ペリー提督といえば日本の開国を求めて下田にきたことは有名ですが、函館にもきていたんですね。

1854(安政元)年に函館が開港しましたが、その際にペリー提督率いる黒船5隻が函館に来航したそうです。

その記念としてこのペリー像が建てられました。

すぐ側にはペリー提督来航時の足跡絵図がありました。

函館は歴史的にも重要な役割を担ってきた場所なので、こういう歴史巡りをしてもとても楽しいですよ!

ペリー提督来航記念碑

公式サイトこちらからどうぞ(函館市公式観光情報サイトより)

住所:〒040-0056 北海道函館市弥生町2

地図こちらからどうぞ

アクセス:函館市電「末広町駅」から徒歩約8分

3. 英国を感じられる旧イギリス領事館

ペリー提督来航記念碑のすぐ向かい側に旧イギリス領事館があります。

入り口から英国らしい雰囲気があふれ出ています。

いい雰囲気です。

中には英国の国旗が立っていました。

毎度思いますが、イギリスの国旗はかっこいいですよね。

ちなみにですが、これはイングランド、スコットランド、アイルランドの国旗を合体したものです。

旧イギリス領事館は、建物の中を見学でき、さらにお庭を自由に見学することができます。

まずはお庭から見ていきます。

建物にツタがまとわりついてる感じがまたいいですね。

奥に進むと噴水がありました。

周りにはイギリスらしくバラが咲いています。

反対側には小さな建物もありました。

こちらでアフターヌーンティーでもいただいてたんですかね。

庭の奥にはバラのトンネルがあります。

満開の時に来たらきれいそうです。

ぐるっと庭を一周して建物に入りました。

お金を払うと奥の部屋まで見れるようでしたが、ここでは払わずに手前にあったお土産屋さんだけをちらっと覗きました。

中へ入ると当時の雰囲気をそのまま残したままお土産屋さんになっています。

奥に入るとリアルな人形がいてビビりましたw

このお土産屋さんを見るだけでもイギリスの雰囲気は十分に感じることができます。

お土産屋さんをささっと見て旧イギリス領事館を後にしました。

旧イギリス領事館

公式サイトこちらからどうぞ(函館市公式観光情報サイトより)

住所:〒040-0054 北海道函館市元町33−14

地図こちらからどうぞ

アクセス:函館市電「末広町駅」から徒歩約8分

4. 元町公園でぶらぶら歩きながら休憩

旧イギリス領事館を出てからは、すぐ近くにあった元町公園をぶらぶらしつつ少し休憩しました。

函館中華会館、旧イギリス領事館、元町公園、ペリー提督来航時記念碑は全て近くに密集しているので一気に見て回ることができます。

元町公園には函館の案内図がありました。

この案内板の隣には、函館市内の観光地のおすすめ度を紹介していました。

3つ星は「わざわざ旅行する価値はある」、2つ星は「寄り道する価値がある」、1つ星は「興味深い」です。

個人的に1つ星の「興味深い」がかなりツボでしたw

この日訪れた場所は全て「興味深い」観光スポットでした。結構楽しいですけどね。

そして元町公園は坂を登ったところにあるのでかなり景色がよろしかったです。

海まで一望できます。

さらにお花もたくさん咲いているので歩いているだけでテンションが上がります。

やはりジブリ的な雰囲気を感じます。

元町公園内にある謎のオブジェを見つつ休憩して、また登ってきた坂道を降りました。

いい運動になります。

元町公園

公式サイトこちらからどうぞ(函館市公式観光情報サイトより)

住所:〒040-0054 北海道函館市元町12−18

地図こちらからどうぞ

アクセス:函館市電「末広町駅」から徒歩約10分

5. 緑の島を一周お散歩

元町公園周辺をぶらぶらした後は、坂を降りて緑の島というところへ行きました。

地図で見て気になったので、完全にノリで行きましたw

緑の島へ渡る橋からは先日訪れた金森赤レンガ倉庫が見えました。

海辺から見るとまたきれいですね。

近くには遊び心溢れる操縦スペースがありました。

地味にテンション上がりますw

そして緑の島は普通の公園のようです。

こんな感じで海辺をお散歩できます。

写真にはいませんが、結構釣りをしている方がいらっしゃいました。

釣りのスポットとしてはかなり良さそうな場所です。

島の内部には大きな芝生があります。

カラスがやたらいますが、サッカーができますね。

さらに奥へと歩いていくと、ヤバそうな船が見えました。

近くで見るとかなり迫力があります。

調べてみたところ、すぐ近くに海上自衛隊函館基地隊分室がありました。

どうやらこの船は海上自衛隊の船なようですね。ヤバそうな感じは間違っていませんでしたw

緑の島をぐるっと一周したところで、飛行機の時間が近づいてきたので、函館駅へと戻りました。

とりあえず函館市電の末広町まで歩いて、そこからは路面電車で行きました。

緑の島

公式サイトこちらからどうぞ(函館市公式サイトより)

住所:〒040-0052 北海道函館市大町15

地図こちらからどうぞ

アクセス:函館市電「大町駅」から徒歩約8分

6. 函館駅でランチ(マグロ漬け丼)をいただきました

函館駅についてからは、バスの時間まで少し時間があったのでランチをいただくことにしました。

函館駅はかなりきれいでした。かなり近代的なつくりです。

駅の中にはいくつかのレストランがありますが、今回はこちらを選びました。

「食の宝庫 北海道」です!いい名前ですw

ここでは私はマグロ漬け丼、お相方はカレーを注文しました。

どちらも1,000円くらいだったと思います。

まずは私のマグロ漬け丼です。

結構たくさんマグロが入っていました。

そして普通にうまい。

函館は海鮮が新鮮なので、基本的に抜群においしいです。

そしてお相方のカレーです。

海鮮ばかりだったのでカレーが食べたくなったとのことです。非常に納得です(笑)

一口いただきましたがチキンがゴロンと入っていてとてもおいしかったです。

少し辛かったですね。

こちらでサクッとランチを済ませて函館空港へと向かいました。

函館駅から函館空港へは、バスで20分ほどです。

大人1人で片道450円です。

バスから降りる際に支払うので事前にチケットを購入する必要はありません。

とりあえず11番のりばに行って、きたバスに乗ってしまって大丈夫です。

ただし、電子マネーは使えず現金のみのお支払いなので小銭を用意しておきましょう。

食の宝庫 北海道 (函館駅内)

サイト:公式サイトがなさそうだったので食べログRettyを貼っておきます。

住所:〒040-0063 北海道函館市若松町12

地図こちらからどうぞ

アクセス:函館駅内(改札外)

7. 最後に函館空港でアイスを食べましたw

函館駅からバスで移動して、函館空港に到着しました。

楽しかった函館旅行もいよいよおしまいです。

函館空港を出発する前に、アイスを食べることにしました。

「最後にアイス食べてこうぜ」というノリですねw

函館空港内にはいくつかのレストランやカフェがありまして、こちらの「函館美鈴」に入りました。

こちらでソフトクリームとコーヒーを注文して、最後の北海道グルメをすこぶる味わっていただきました。

そしてこのソフトクリームの牛乳の濃さがすごかったですね。とっても濃厚でした。

コーヒーもとてもおいしかったです。

後味がすっきりしていたのでブラックでもいけました(最終的にはクリーム入れましたw)

コーヒーを飲みながら「美鈴ってどこかで聞いたような」と思っていたら、宿泊していた「センチュリーマリーナ函館」の朝食で提供されていたコーヒーと同じでしたね。

【いくらが食べ放題】「センチュリーマリーナ函館」の朝食ビュッフェ!

2019年11月7日

 

こちらでアイスとコーヒーを満喫して、函館空港を出発しました。

そしてJALだとアプリを使えば搭乗も楽ちんです。

【チケット不要】iPhone / Apple WatchのWallet機能でJAL国内便に搭乗!

2019年10月2日

 

2泊3日の函館旅行、いい旅でした!

 

函館 美鈴 (函館空港内)

公式サイトこちらからどうぞ

住所:〒042-0952 北海道函館市高松町511

地図こちらからどうぞ

アクセス:函館空港内(手荷物検査の手前側です)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、2019年10月6日〜2019年10月8日にかけて訪れた函館旅行で、最終日である3日目に訪れた場所をご紹介しました。

最終日である3日目は飛行機の時間もあったので観光できたのは半日ほどでした。

限られた時間の中で、元町周辺をぶらぶらしてきました。

旧イギリス領事館周辺をぶらぶらして、函館駅でマグロ漬け丼を食べ、最後に函館空港でソフトクリームを食べるという食べてばかりの最終日でした。

周りの人に言うと、「函館旅行は1泊2日で十分だよ」と言われますが、今回は2泊3日でいけてとてもよかったと思っています。

1泊2日だと、ここまでたくさんの場所を訪れることはできませんでしたし、やはり丸1日遊べる日があると選択肢が広がります。

そして体的にもかなり楽です。

1泊2日だとどうしても移動の日しかないので疲労が残ります。

私もお相方も、終わった後に疲れているような旅行は好まないので、ここはゆったりと2泊3日にしました。これで正解でしたね。

宿泊したホテルもとても快適だったので大満足です。

函館に旅行へ行く際にはセンチュリーマリーナ函館を強くおすすめします!

朝食まじうまいです!

【いくらが食べ放題】「センチュリーマリーナ函館」の朝食ビュッフェ!

2019年11月7日

【お好きなアロマと枕が選べる!】センチュリーマリーナ函館に宿泊!

2019年11月7日
スポンサーリンク
スポンサーリンク