【料金は高いけど渋滞なし】クアラルンプール空港 ⇄ 市内へのアクセスはKLIAエクスプレスがおすすめ

【料金は高いけど渋滞なし】クアラルンプール空港 ⇄ 市内へのアクセスはKLIAエクスプレスがおすすめ では、マレーシアのクアラルンプール空港から市内(市内→クアラルンプールも同様)への移動手段についてご紹介します。

クアラルンプール空港から市内へのアクセス方法はいくつかあります。

  1. タクシー(Grab含めて)
  2. リムジンバス
  3. 電車

結論から申しますと、電車で行くことをおすすめします。

料金としては電車が一番高くなってしまうのですが、渋滞の影響を受けない強みがあります。

特にマレーシアは渋滞がひどいので、普通に行けば車で10分くらいかかるところでも渋滞が酷すぎて50分かかることも平気であります。

ゆえに渋滞の影響を受けるタクシーやリムジンバスはリスクが高いです。

特に帰りの飛行機に乗るために空港へ行く際に渋滞が発生しているとかなり怖いですよね。

こういったリスクを考慮すると、多少お金を払ってでも渋滞のリスクがない電車で行ったほうが無難です。

ここでは、クアラルンプール ⇄ 市内のアクセス手段として電車(KLIAエクスプレス・KLIAトランジット)での行き方について解説していきます。

初めてクアラルンプールへ行く方のためにも、チケットの買い方等も含めて出来るだけ詳しく解説していきます!

【料金は高いけど渋滞なし】クアラルンプール空港 ⇄ 市内へのアクセスはKLIAエクスプレスがおすすめ

1. マレーシアは渋滞がやばいw タクシーやリムジンバスは渋滞リスクがあります。

前述の通り、マレーシアは渋滞がやばいですw

特に通勤時間帯の渋滞はひどくて、通常は車で10分で行けるような場所でも渋滞で50分とかかかることもあります。

基本的に常に交通量は多いので、タクシーやバスを利用する際には必ず渋滞リスクを気にする必要があります。

そういう意味では、タクシーやリムジンバスを利用して空港 ⇄ 市内の移動時には渋滞リスクがつきまといます。

その分、料金は安いのでお金を節約したい方にはおすすめです。

ただし渋滞リスクがあるので時間に余裕を持って行動するようにしてください!

タクシーを使う場合にはGrabという配車アプリを利用することをおすすめします。

ぼられる心配がないので安心してタクシーが利用できます。

2. 料金は高いですが、渋滞の影響を受けない電車がおすすめです!

料金が安いけど渋滞リスクのあるタクシーやバスは、特に時間を有効に使いたい方などにはおすすめできません

この場合は、割高な料金を支払っても電車を利用したほうがお得です。

電車であれば30分ほどで市内へ行くことができるので、かなり便利です。

タクシーで渋滞に巻き込まれたら下手したら2時間とかかかりますw

 

電車はマレーシア空港(KLIA)とKLセントラル駅をつなぐKLIAエクスプレスKLIAトランジットがあります。

所要時間はKLIAとKLセントラル駅は28分、KLIA2とKLセントラル駅は33分です。

これら2つは止まる駅が違うだけです。だいたい15〜20分間隔で運行されています。

料金は大人1人で片道55リンギット(往復100リンギット)、子供は片道25リンギット(往復45リンギット)です。

僕が訪れた2020年3月では、日本円でだいたい大人1人1,400円でした。

3. 切符はクレジットカードがあれば自動券売機で購入可能!現金だとカウンターのみです。

ここからは実際に利用した様子をご紹介していきます。

とりあえず空港あるいは駅に着いたら「KLIA exspres」「KLIA transit」のマークをひたすら追いかけましょう!

ひたすら追いかけて歩くと、チケット売り場に到着します。

チケットの購入方法は2種類です。

券売機とカウンターです。

券売機はクレジットカードのみになります。

現金しかない場合はカウンターで購入する必要があります。

この場合はスタッフの方と英語でやりとりする必要があるので、英語が苦手な場合は券売機で購入しましょう!

 

券売機で買う場合の流れをご紹介しておきます。

※行きは疲れて写真撮ってなかったので、KLセントラルから空港へ向かった際の写真でご紹介しますw

チケットカウンターに到着すると隣にこのような券売機があります。

ここで行き先と人数を設定すればクレジットカードを使って簡単にチケットを購入することができます。

まずは行き先を選択します。

マレーシア空港にはターミナルが2つあります。

今回は、JAL便の利用だったのでKLIAからでしたが、WiFiを返却するためにKLIA2に行く必要があったのでKLIA2を選択します。

KLIA2を選択してProceedを押します。

 

次に人数です。まとめ買いできるので便利です。

お相方の分と合わせて大人2名を選択して、Proceedの上にある「I agree to the terms and conditions stated above」にチェックマークを入れてProceedを押します。

すると「クレジットカードを入れてください」とのメッセージが出てくるので下にあるカード挿入口にクレジットカードを差し込みます。

差し込んでうまく読み込まれると、画面に「暗証番号を入力してください」と言われるので、下のボタンから暗証番号を押します。

機会が古いので少し押しにくいですが、頑張って押してくださいw

暗証番号を入力したら、右下の緑の○を押せばOKです。

認証が成功するとこのように「カードを引き抜いてください」とのメッセージが出るのでクレジットカードを回収します。

海外のATMのように突然クレジットカードを吸い込まれたりすることはないので安心して利用してください!

カードを引き抜くと下からチケットが出てきます。

チケットといってもただの紙きれですw

チケット右にあるQRコードをかざすと改札を通ることができます。

クレジットカードがあると券売機で購入できてスタッフの方とのやり取りは発生しないので、特に英語が苦手な方は券売機で購入するのがおすすめです。

ちなみに改札はこんな感じです。

少し上にQRコードをかざす場所があります。

ちなみにQRコードの読み取りには少し時間がかかるので、動かさずにしっかりとかざしてください!

4. 電車は15〜20分間隔で運行し、車内はとても清潔です。

改札を通過できるとあとは電車に乗るだけです。

日本の駅と違って、線路内には完全に入れないようになっているので安心です。

電車はだいたい15〜20分間隔で運行しています。

明確な時刻表はなく、「残り何分できますよ」的なアナウンスのみです。

電車が来るまで気長に待ちましょうw

 

電車内は清潔でとても快適です。

やはり料金が高いためか、現地の方はほとんど利用しておらず観光客ばかりです。

座席も結構広々としています。

ゆったりしているので、タクシーやバスよりは確実に快適です!

スーツケースなどの大きな荷物を置けるスペースもあるので便利です。

ただ海外なので、荷物からは目を離さないように気をつけてください。念のためです。

電車に乗ったらあとは30分ほどボケーっとしておけば目的地に到着します。

料金はタクシーやバスに比べて高くなりますが、やっぱり渋滞の心配がなくなるのは安心できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、マレーシアのクアラルンプール空港から市内(市内→クアラルンプールも同様)への移動手段として、電車(KLIAエクスプレス・KLIAトランジット)についてご紹介しました。

クアラルンプール空港から市内へのアクセス方法はいくつかありますが、バスやタクシーは渋滞のリスクがあります。

特にマレーシアは渋滞がひどいので、普通に行けば車で10分くらいかかるところでも渋滞が酷すぎて50分かかることも平気であります。

これを考慮すると料金は高くなりますが、渋滞リスクのない電車で行くのがおすすめです。

クレジットカードを利用すれば券売機でチケットを購入できるので、英語でのやり取りは不要です。

電車自体もとても清潔で快適なので、クアラルンプールを訪れた際には是非ともご利用してみてください!