北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

スポンサーリンク

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ! では、2018年11月9日にオープンしました埼玉県飯能市にあるメッツァビレッジをご紹介します。

前回の記事では、2019年3月16日に埼玉県飯能市でオープンするムーミンバレーパークをご紹介しました。

2019年3月16日オープン!埼玉県飯能市のムーミンバレーパークへ潜入!

2019年3月9日

ここでご紹介するのは、ムーミンバレーパークのすぐ隣にあるメッツァビレッジです。

メッツァビレッジは、宮沢湖周辺を開発して作られた北欧のライフスタイルを再現した空間です。

レストランや雑貨屋、地元の野菜などを売っているお店などが並んでいます。

 

こちらにはムーミンバレーパークのプレオープンに訪れた2019年3月9日に寄りました。

私個人的にはムーミンバレーパクよりもこちらのメッツァビレッジの方が楽しかったです(笑)

ここではそんな北欧の生活を体感できるメッツァビレッジを訪れた様子をご紹介します。

  1. メッツァビレッジとは
  2. アクセス
  3. 湖畔でゆったりとくつろげます
  4. 可愛い雑貨屋さんがあります
  5. トマト農家のすごいレストランへ行きました

それでは順番に見ていきましょう。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

1. メッツァビレッジとは

まずはメッツァビレッジについて軽くご紹介しておきます。

メッツァビレッジとは、2018年11月9日に埼玉県飯能市でオープンした、北欧スタイルを疑似体験できる施設です。

テレビ番組などでも紹介されているので認知度は徐々に高くなっているのではないでしょうか。

公式サイトをこちらに貼り付けおきます。

 

レストランや雑貨屋さんがあり、さらにはワークショップも開催されています。

詳しくは公式サイトをご参照ください。

2. アクセス

アクセスについても公式サイトに詳しくあります。

最寄駅は飯能駅です。

そこからバスまたはタクシーで約15分ほどかかります。

詳細についてはムーミンバレーパークについてご紹介した前回の記事でご紹介しているのでご参考にしてください。

2019年3月16日オープン!埼玉県飯能市のムーミンバレーパークへ潜入!

2019年3月9日

 

ちなみにお隣にあるムーミンバレーパークに入るためには入場料がかかりますが、メッツァビレッジだけであれば入場料はかかりません!!!

3. 湖畔でゆったりとくつろげます

それではここからは実際に訪れた際の様子をご紹介します。

まずメッツァビレッジで1番の目玉がこれです。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

宮沢湖のすぐ隣にゆったりとした空間が広がっています。

天気が良くてよかった〜。

イスも設置されているのでここでくつろぐのもとっても気持ちいいです。

春前なのでこんな感じですが、これが春や秋になるとより一層きれいになりそうですね。

 

さらにこの周辺には北欧スタイルの可愛らしい建物が並んでいます。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

例えばこちらの建物ははARABIAというイッタラグループが所有するフィンランドの陶器ブランドのお店です。

正直、お値段は安くはありませんが、デザイン性に富んだ良質な陶器が入手できます。

お皿とか洒落てますね〜。

こんな食器が食卓に出てきたら食事が楽しくなりますよね〜。

4. 可愛い雑貨屋さんがあります

この他にも可愛い雑貨屋さんがいくつかあります。

まずはこちらのログハウス的な建物です。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

こちらには木で作られた雑貨が売られています。

店内に入った瞬間木の香りが素晴らしいです。

もうこの匂いだけでリラックス出来ます。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

写真右手に見える木製コップとかめっちゃ洒落てますよ。

ただ高い。こちらは樫の木で作られていて、お値段は5000円を超えますw

 

お次にこちらの大きな建物!

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

右手にある建物が雑貨屋さん、左手にある建物がレストランです。

まずは雑貨屋さんをご紹介します。

雑貨屋さんの中には埼玉県の地元食材も販売されています。

 

さらに北欧雑貨も充実しています。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

店内は結構広いです。

やはり木を基調としたデザインなので店内にいるだけでとてもリラックスできます。

やはり木はいいですね。

 

さらに布製品もありました。

裁縫がお得意な方にとってはとても楽しいコーナーだと思います。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

フィンランドで服といえばマリメッコがとても有名です。

メッツァビレッジにもマリメッコを代表とする北欧デザインの布がたくさん揃っています。

 

ここでは一部の商品しか載せていませんが、この他にもキッチン道具や食器類、その他たくさんの雑貨があります。

北欧デザイン好きの方にとってはとても楽しい場所です。

5. トマト農家のすごいレストランへ行きました

さて、雑貨屋さんをぶらぶらした後はランチをいただくことにしました。

レストランは2階建で、1階にはいくつかのレストランが並び、2階はカフェスペースになっています。

今回は、1階にある「農家が作る tomateria GOTO」という名のレストランへ行きました。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

ちなみに私はトマトが苦手ですw

 

ここでいただいた料理がなかなか衝撃的でした。

こちらではオムライスにボロネーゼ、ナポリタンを注文しました。

何が衝撃的だったかと言いますと、実際のお料理の写真を見てみてください。

まずはオムライスです。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

そうなんです。

こちらのレストランでは、多くの料理にトマトが丸々1個乗っているんですね。

そしてこのトマトの中にはたっぷりのチーズが入っているんです。

卵もとろっとろで美味しそうですね。

 

お次にナポリタンです。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

やはりトマトが丸々1個乗っていました。

ソースもがっつりトマトですからね。

これはトマト好きにはたまらないのではないでしょうか。

 

最後にボロネーゼです。

こちらは私が注文しました。

北欧のライフスタイルを疑似体験!埼玉県飯能市のメッツァビレッジ!

これもトマトがしっかり乗っています。

ボロネーゼソースはコクがあってとってもおいしいです。

 

本当にトマト好きの方には大変オススメな場所です。

正直な話、私はトマトは苦手ですが、お連れのメンバー曰く、ここのトマトは抜群においしいらしいです。

トマトが好きな方はぜひぜひ行ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、2018年11月9日にオープンしました埼玉県飯能市にあるメッツァビレッジをご紹介しました。

メッツァビレッジは、宮沢湖周辺を開発して作られた北欧のライフスタイルを再現した空間です。

レストランや雑貨屋、地元の野菜などを売っているお店などが並んでいます。

 

お隣にあるムーミンバレーパークは入場料金がかかりますが、ここメッツァビレッジは入場料はかかりませんので気軽に訪れることができます。

ただ欠点が、駅からの距離が遠いことです。

最寄駅の飯能駅から徒歩ですと45分以上かかりますw

 

さらに今回訪れた際には花粉がとてもひどかったです。

宮沢湖周辺やムーミンバレーパーク内には多くの杉の木がありますので、花粉症の方は確実に絶望します。

また冬は寒く、夏は暑いので、行くのであれば秋がベストかと思います。

ともあれ、北欧生活が疑似体験できる場所は日本国内にはなかなかないので、北欧スタイルや北欧デザインがお好きな方であればぜひ一度訪れてみると楽しめるのではないかなと思います。

ぜひ行ってみてくださいね〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク