台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

スポンサーリンク

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策! では、2018年11月28日〜2018年12月7日にかけて訪れた台湾旅行の中から、台湾名物として有名なマンゴーかき氷と、そのお店周辺のお茶屋と雑貨屋をご紹介します。

台湾で最も人気のある食べ物の一つがマンゴーかき氷です。

どのガイドブックを見てもマンゴーかき氷は紹介されていますよね。

ふわふわのかき氷の上に大量のマンゴーがトッピングされている夢のような食べ物です。

日本ではマンゴーはとても高級な果物ですが、ここ台湾ではとっても安価に食べられます。

安価な上、味も抜群に美味しいので、これはもう食べない理由はありません。

 

今回の台湾旅行でもばっちりマンゴーかき氷をいただきました。

訪れたのは「思慕昔台灣芒果雪花冰」というお店です。

ガイドブックにも出てる人気店ですが、いかんせん連日大行列ができているお店です。

しかしそれは本店の話で、今回訪れたのは2号店です。

2号店は本店から徒歩圏内にある上に、そこまで混雑していないので待ち時間はほとんどありません。

さらにお店の周辺にはお茶屋や雑貨屋さんがあったので散策してみました。

お土産を買うにもとてもオススメな場所です。

  1. 思慕昔台灣芒果雪花冰について
  2. 今回訪れた2号店のアクセス
  3. マンゴーの量が半端ない
  4. 周辺のお茶屋さんをぶらり
  5. 雑貨屋さんもあります

それでは順番にご紹介していきますね。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

1. 思慕昔台灣芒果雪花冰について

まずは今回訪れた「思慕昔台灣芒果雪花冰」についてご紹介します。

日本人にも大人気のお店ですので、日本語に対応した公式ホームページまであります。

台湾のガイドブックを見たことがある方なら一度は見たことのあるお店だと思います。

日本人観光客のみならず、世界中の観光客から愛されているお店ですので、お店は常に大混雑です。

並ぶのが好きな方なら問題ありませんが、私のようにじっと並ぶことが苦手な方にも朗報があります。

なんとこの「思慕昔台灣芒果雪花冰」には2号店がオープンしたんですね。

それも本店から徒歩圏内にあります。

さらに2号店についてまだあまり知られていませんので、本店に比べると格段に空いています。

2. 今回訪れた2号店のアクセス

それでは2号店のアクセスについてご紹介します。

最寄駅は「東門站」です。

ここから徒歩約4分の場所にあります。

さらに本店は2号店から徒歩2分ほどの場所にあります。

2ブロック隣なので歩いてすぐにつきます。

 

そしてこれだけ近くにお店を構えているにも関わらず、常に行列の本店に比べて2号店はとても落ち着いています。

認知度がまだそこまで高くないということもあるので、いずれは混雑するでしょうが、現時点では穴場です。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

店内はそれなりに人はいますが、外まで続く行列はありません。

訪れたのは平日の夕方4時くらいでしたが、ほとんど並ばずに注文することができました。

ここ、めっちゃおすすめです。

 

ちなみに私がここを訪れた日は「欣葉」(過去に記事をご参考ください)でランチをいただいた後、タクシーで来ましたw

台湾はタクシー安いのでおすすめです。

本格的な台湾料理がいただける!台北市内の「欣葉」で絶品ランチ!

2019年1月23日

3. マンゴーの量が半端ない

お店に入って早速マンゴーかき氷を注文しました。

ちなみに4人でシェアしましたがそれでも十分な量でした。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

いかがでしょう。この圧倒的なマンゴー感!

かき氷の上にゼリーやマンゴー、さらにはアイスまでトッピングされています。

これを現地の方は一人で完食しますからね。とんでもないですね(笑)

 

いただいてみるともうマンゴーが美味しくて美味しくて、アイスも濃厚で美味しいです。

かき氷はもう新雪みたいにふわっふわです。

4人でシェアしても十分満足できました。

 

これは台湾を訪れた方にはぜひ食べていただきたいです。

日本で同量のマンゴーがトッピングされたかき氷を食べようと思うと3000円とかしちゃうんじゃないでしょうか。

それがここ台湾では800円ほどでいただけちゃいます。

4. 周辺のお茶屋さんをぶらり

かき氷をいただいた後は体も冷えたので、周辺を散策しました。

周辺にはおみやげ屋さんやお茶屋さんがたくさん並んでいるのでお散歩するにはうってつけです。

ここでは実際に訪れて面白かった場所をかいつまんでご紹介しますね。

まず最初に訪れたのがこちらの「小茶栽堂」というお茶屋さんです。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

店内がとんでもなく洒落てるんです。

このようにきれいにディスプレイされたお茶が並んでいます。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

これはお土産に買っていけば自分の好感度を上げられること間違いなしですね。

さらにお茶のアイスまでありました。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

さすがにマンゴーかき氷を食べた直後だったので、ここは見送りました(笑)

さすがに連続で冷たいものはきついです。

 

次に訪れたのがこちらの「沁園」というお茶屋さんです。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

こちらは茶葉に加えて茶器も販売しています。

こちらのお店もきれいに茶葉が並べられています。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

もうお店に入った瞬間、お茶の香りが溢れてきますからね。

店に入るだけで心が穏やかになります。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

さらにこちらのお店では試飲もできますので、色々と試した上で気に入ったお茶を購入することができます。

こんな感じでお茶を入れるスペースがありまして、店員さんが丁寧にお茶を入れてくれます。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

ちなみに私はここでは定番の烏龍茶をいくつか購入しました。

5. 雑貨屋さんもあります

お茶を購入してまた周辺をぶらぶらするとなんとも可愛らしい雑貨屋さんを見つけたのでご紹介します。

「来好」というお店です。

店内をのぞいた瞬間入ることを決意しましたね(笑)

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

台湾の伝統的な生地を使用した小物が売られています。

可愛らしいですね〜。

奥にあるシンプルなデザインのバッグも良いですね。

さらにこちらのお店には地下もありました。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

こちらも面白そうなものがありそうですね。

やっぱり雑貨屋さんはワクワクできてとても面白いです。

 

このようなおしゃれにパッケージングされたお茶がありました。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

一袋ずつバラバラにできるので、職場や友人へのばらまき用のお土産としても良さそうですね。

パッケージデザインも種類がたくさんあるので、選ぶだけでも楽しいですよ。

 

さらにお茶の横には上質そうなハチミツがありました。

台湾名物!マンゴーかき氷を堪能し、周辺のお茶屋と雑貨屋を散策!

一つ一つ種類が違うんですね。

中には珍しいハチミツもあります。

個人的には一番右にある龍眼蜂蜜が気になりますね。

名前だけで凄そうです。

どれでもお値段一個85台湾ドル(約280円)ほどですのでお試しに全種類爆買いしてみるのもありですね。

 

お店を出ると暗くなってきていたのでこの辺りでお散歩終了です。

台湾にはおしゃれなお茶屋さんや雑貨屋さんがたくさんあるので、何も考えずにぶらぶらしてるだけで楽しいところがたくさん見つかりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、2018年11月28日〜2018年12月7日にかけて訪れた台湾旅行の中から、台湾名物として有名なマンゴーかき氷と、そのお店周辺のお茶屋と雑貨屋をご紹介しました。

台湾で最も人気のある食べ物の一つであるマンゴーかき氷は、氷が新雪みたいにふわっふわでたっぷりのマンゴーがトッピングされています。

日本で同じレベルのものを食べようとしたら3000円は軽くしそうですが、ここ台湾では800円ほどでいただけます。

台湾に来たら必ず食べるべき一品です。

ただ量がすごいのでシェアして食べることをおすすめします(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク