【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました!

スポンサーリンク

【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました! では、2019年7月11日〜2019年7月18の台湾旅行の際に、台中で訪れました「国立自然科学博物館」をご紹介します。

この度4度目の台湾旅行へ行きましたが、今回初めて台中を訪れました。

台中では2泊して、たくさんの場所を訪れることができました。

先日ご紹介した宮原眼科もとても人気のある観光地ですが、今回ご紹介する国立自然科学博物館も人気です。

日本で言うところの科学博物館ですね。

海外の博物館や美術館を訪れると、その国の文化を学べることができ、さらに日本ではみられない多くの展示物がたくさんあるので個人的にはとても好きです。

なので、私は海外を訪れるとなるべく現地の美術館や博物館へ訪れるようにしています。

今回訪れた台中の国立自然科学博物館は科学に関する展示物はもちろん、人類の進化や恐竜に関する展示物、さらには中国文化についての展示物など、たくさんのジャンルの展示物があります。

今回はスケジュール的な問題もあってそこまで長居はしませんでしたが、しっかりと全部見ていくと半日はかかるだろうなと思うほどとっても大きな博物館です。

  1. 国立自然科学博物館について
  2. アクセス
  3. 入場料が安い!でも日本語表記がない
  4. 多くのジャンルの展示物が見られます〜特に恐竜がすごい〜
  5. お隣には植物園もあります!

それでは順番に見ていきましょう!

【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました!

1. 国立自然科学博物館について

まずは、今回訪れた国立自然科学博物館について簡単にご紹介します。

冒頭でも国立自然科学博物館は台中にあります。

一般的に国立の大きな博物館や美術館は首都にあることが多いのですが、ここ台湾では台中に多くの国立博物館があります。

国立自然科学博物館の他にも国立台湾美術館もあります。

芸術的な博物館は結構台中に集中しているイメージですね。

また公式サイトについてはこちらに貼っておきますね。

公式サイトは残念ながら日本語には対応していませんが、英語には対応していますのでなんとかなるかと思います。

2. アクセス

次にアクセスです。

地図で見てみますと周りに駅が全くないんですね。

少し地図を縮小すると台中駅がありましたが、ここから徒歩でなんと45分です(笑)

特に真夏の台湾はとっても暑いので決して歩いていかないように気をつけてください。

基本的にはタクシー移動がおすすめです。

日本に比べるととてもリーズナブルなので気軽に利用できますよ。

3. 入場料が安い!でも日本語表記がない

さて、ここから実際に訪れた様子をご紹介します。

外観は博物館らしくとっても立派です。

【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました!

中に入るとすぐにパンフレットがありまして、ここでは日本語のパンフレットもありました。

これはありがたいですね。

パンフレットをゲットしたら早速チケットを購入しにいきます。

そしてチケットがとても安いんです。

【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました!

大人一人で100元です。日本の博物館や美術館ですと入場だけで1,500円とかしますからね。

そう思うと一人100元はとってもお得ですよね。

ちなみに海外の博物館を訪れると国立の美術館や博物館はとってもリーズナブルです。

むしろ無料の場所も多くあります。日本が高すぎるんです(笑)

4. 多くのジャンルの展示物が見られます〜特に恐竜がすごい〜

チケットを購入したら早速入場です。

ここにはたくさんのジャンルの展示物があります。

入ってすぐには地球の歴史についての展示物があります。

【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました!

ビッグバンによって地球が誕生してからいかにして生命が誕生したのか、その歴史や当時の生物に関する展示物があります。

中学や高校で学んだ内容の復習ですね。

ただここでとても残念なお知らせがあります。

ここ国立台湾美術館の展示物には日本語の説明文はありません。

そして場所によっては英語の表記すらありません。

中国語表記のみです。

これはなかなかしんどいですよね。

英語が読めれば多くの場所を見ることができますが、一部展示物は中国語表記だけですので中国語ができないと厳しいです。

 

そして地球の歴史の他にもたくさんのジャンルがあります。

ここで全部書くとかなり長くなってしまうのでここでは私が個人的に面白かったジャンルのみをピックアップします。

まずは一番面白かった恐竜の展示物です。

【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました!

そしてこの恐竜が動きます!!!

もう子供達は大興奮です。私も大興奮です。

 

さらに化石の展示物もあります。

やっぱりいくつになっても恐竜を見るとワクワクしますね。

我々人類が誕生する遥か昔にこんなに大きな生き物たちが地球を支配していたと思うだけで、もうめちゃめちゃ興奮しますよね。

さらに館内も見上げると空を飛ぶ恐竜も展示されています。

【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました!

恐竜の他にもたくさんの動物が展示されていました。

こちらはホッキョクグマですね。

めちゃめちゃリアルですね。

さらにオオカミやアフリカの動物たちもありました。

こちらがアフリカの動物たちです。

【日本語表記はないです】台中の国立自然科学博物館へ行ってきました!

 

動物の他に中国文化に関する展示物もあります。

中には中国の歴史を感じさせる船や建物があります。

入り口には大きな船がどーんとあります。きれいな装飾ですね。

さらに建物の屋根もありました。

こちらの建物はどこか有名な建物の屋根部分を運んできたみたいです。

ただどの建物かは覚えていません(笑)。

この他にも北極の写真があったりたくさんの展示物があり、全てを見て回ることはできませんでした。

とにかく大きな博物館ですのでじっくり見たい場合は半日はかかるかなと思います。

5. お隣には植物園もあります!

さくっと博物館内を見て回って外に出ると植物館も見えました。

あのドームのような建物が植物園です。

お時間がある方はこちらを訪れてみても良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、2019年7月11日〜2019年7月18の台湾旅行の際に、台中で訪れました「国立自然科学博物館」をご紹介しました。

海外の博物館や美術館を訪れると、その国の文化を学べることができ、さらに日本ではみられない多くの展示物がたくさんあるので個人的にはとてもおすすめです。

今回訪れた国立自然科学博物館はとっても大きいので、しっかり見学しようと思ったら半日ほどかかります。

もし博物館や美術館巡りが好きなようでしたら多めに時間を割いていくことおすすめします。

有名どころを観光するのもいいですが、このような美術館や博物館を訪れてみるのもいかがでしょうか。

国立自然科学博物館

公式サイトこちらからどうぞ

住所:404台中市北區館前路1號

地図こちらからどうぞ

開館時間: 詳細は公式サイト(英語)をご参照ください。以下ざっくり和訳(博物館のみ)を書いておきますね。

  • 開館日:火〜日
  • 開館時間:9:00a.m. ~ 5:00 p.m.
  • 定休日:月曜日と春節
  • 最終入館:5:00 p.m.
スポンサーリンク
スポンサーリンク