ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

スポンサーリンク

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ! では、2019年7月11日〜2019年7月18の台湾旅行の際に訪れた「樂埔滙農」をご紹介します。

今回の台湾旅行では、面白いサイトを見つけたので利用してみました。

それがこちらのBlogshipsというサイトです。

Blogshipsは、地図上でブログで紹介されている記事を探すことができるサイトです。

通常は目的地を検索してそれにヒットしたブログ記事などをみて行き先を決めると思いますが、こちらのBlogshipsを利用すると、現在地周辺でブログで紹介されているレストランなどを検索することができます。

Blogshipsについては次の記事で詳しくご紹介したいと思います。(本サイトも掲載されているので!)

今回は宿泊先であるシャングリ・ラホテル台北周辺で検索したところ、こちらでご紹介する「樂埔滙農」を発見しました!

ミシュランのビブグルマンに認定されているとっても人気のおしゃれレストランです。

  1. 「樂埔滙農」について
  2. アクセス
  3. お店は日本統治時代に建てられた建物をリノベーションしています。
  4. 1階はマーケット。レストランは2階です。
  5. お料理はとってもおしゃれです。
  6. 食後は1階のマーケットでパパイヤミルクを購入しました!

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

1. 「樂埔滙農」について

まずは今回訪れたレストラン「樂埔滙農」について簡単にご紹介します。

公式サイトはこちらになります。

「樂埔滙農」は産地にこだわった食材を利用したこだわりのレストランです。

台湾料理に加えて、イタリアンなどの洋食メニューもあります。

またレストランは2階部分になっていて、1階部分にはたくさんのこだわり食材が売られています。

2. アクセス

次にアクセスです。

住所は「台北市八徳路二段346巷3弄2号」になります。

最寄駅は捷運南京復興站です。

こちらから徒歩10分弱です。少々遠いですね。

真夏の台湾で10分徒歩はなかなかきついです(笑)

また、複数の駅に囲まれているので忠孝復興駅からも行くことができます。

ちなみに私はタクシーで行きました(笑)

3. お店は日本統治時代に建てられた建物をリノベーションしています。

それではここから実際に訪れた様子をご紹介していきます。

お店の外観はこんな感じです。

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

見ての通りかなり古そうな建物ですよね。

実はこちらのレストランは日本統治時代に建てられた建物を2013年にリノベーションして作られたそうです。

日本統治時代に建てられた当時は倉庫として利用されており、その後、第2次世界大戦で米軍の空襲を受けて建物が損傷しました。

しばらくそのままにされていたそうですが、その後リノベーションされて現在の形になったそうです。

台湾を旅行していると日本統治時代に建てられた建物を随所に見ます。

それらはリノベーションされていてとっても有効に活用されています。

過去の記事でもこのような建物をいくつかご紹介しているので、もしご興味があれば合わせてご覧ください。

日本統治時代の酒造工場をリノベーション!台北の「華山1914創意園区」

2019年5月25日

高雄港の倉庫街をリノベーション!「駁二芸術特区」を探検〜前半〜

2019年3月20日

台北のおしゃれスポット!松山文創園区に行ってきました

2017年11月12日

4. 1階はマーケット。レストランは2階です。

建物に入ると1階はマーケットになっており、こだわりの食材が売られています。

木をベースにしたデザインでとってもおしゃれな内装です。

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

お値段は少々お高めですが、高品質な商品が並んでいます。

現地の感覚的には高くても日本の金銭感覚ではそこまで高いとは感じません。

これが台湾旅行のいいところです!

現地のお野菜や果物も売られていました。

人参にいたっては日本語ですね(笑)

南国らしくマンゴーやドラゴンフルーツなども売られていました!

5. お料理はとってもおしゃれです。

店内の2階へ上がるとレストランになります。

レジの横にはミシュラン・ビブグルマンの認定証がありました。

これはテンション上がりますね〜。

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

 

それでは早速席に案内いただいて注文です!

メニューもしゃれてます。

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

メニューの中には使用されている食材に関する説明もありました。

野菜、鶏肉、豚肉(次のページには牛肉もありました)こだわりを持った食材を利用しているようです!

ここでは私はこちらのリゾットを注文しました。

メニューもイラストで描かれてとてもかわいいです。

お値段は450台湾ドルです。日本円で1,500円ちょいです。

現地ではなかなかの高級ランチですが、日本でこのお値段なら超高額でもないですよね。

 

そしてお連れの方はこちらのチキンを注文しました。

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

こちらはお値段420台湾ドルです!

 

ちなみにこちらのレストランではこの牛肉麺が有名みたいです。

お値段も680台湾ドルとかなり高額です。日本円で2,000円ほどですからなかなかですよね。

ただこちらレストランを訪れるまでかなり台湾料理が続いていたので、リゾットを選んでしまいました(笑)

ちょっと反省・・・

 

注文してしばらくするとお料理が運ばれてきました。

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

なんとお美しい〜。

 

続いて私のリゾットもきました!

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

こちらも美しいですね〜。

イカやえび、ホタテなどシーフードがふんだんに入っています!

これは嬉しいです。

一口いただいてみると魚介のダシがとんでもない勢いで襲ってきました。

魚介の香りがすごすぎてパエリヤを食べているような感じでしたね。

美味しすぎてかるーく完食です!

連日で台湾料理を食べてきた後のリゾットでしたので余計に美味しかったのかもしれません(笑)

それでも久しぶりにこんなに美味しいリゾットをいただきました。

2,000円未満でこのクオリティのランチをいただけるのはとても嬉しいですね。

ミシュラン・ビブグルマンに認定されたのも納得です!

6. 食後は1階のマーケットでパパイヤミルクを購入しました!

レストランでの食事を終えた後は、再び1階のお店をぶらぶらしました。

そこでパパイヤミルクという日本ではお目にかかったことのない商品を発見しました。

そしてこのパパイヤミルクがお相方の大好物だそうで、すかさず注文しました。

お腹いっぱいでしたけどね(笑) 別腹発動です!!!

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

パパイヤミルクの他にもスターフルーツジュースやアボカドミルクなどのメニューがありました。

どれも日本では見ないですね。

 

パパイヤミルクを注文すると店員さんが目の前で作ってくれました。

ちなみにお値段は90台湾ドルです。

作っているのをずっと見ていましたが、使用したのがパパイヤとミルクのみです。

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

それらのミキサーにかければ完成です。

余計なものは一切使用していない純粋なパパイヤミルクの完成です!

ミシュランのビブグルマン認定!台北の「樂埔滙農」で絶品ランチ!

一口いただいてみると、これがなんともクリーミーでちょうどいい甘さでめちゃめちゃ美味しいんです!

想像以上に美味しくてびっくりしました!

お相方曰く、パパイヤミルクは夜市などでも売っているそうですが、そのようなお店だと氷を入れるために味が薄くなってしまったり、値段が安い分パパイヤの質があまり良くなかったりするそうです。

「樂埔滙農」でいただいたパパイヤミルクはパパイヤとミルクのみで作られており、その他余計なものは一切入っていません。

お相方曰くパパイヤもとっても美味しいとのことでした!

初めていただいたパパイヤミルクでしたが、今後も見つけたらガンガン買っていきたいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、2019年7月11日〜2019年7月18日の台湾旅行の際に訪れた「樂埔滙農」をご紹介しました。

こちらのお店は地図上からブログ記事を探せるBlogshipsというサイトを利用して見つけました。

Blogshipsには本サイトも登録されているので次の記事ではこちらのサイトについて詳しくご紹介したいと思います!

「樂埔滙農」ではこだわりの食材で作る台湾料理やイタリアンをいただけます。

ミシュランのビブグルマンにも認定されているとても人気のあるレストランです。

台北を訪れた際にはぜひとも訪れてみてください。

1階で購入できるパパイヤミルクもとってもおすすめです!

樂埔滙農

公式サイトこちらからどうぞ

住所:台北市八徳路二段346巷3弄2号

地図こちらからどうぞ

アクセス:地下鉄「捷運南京復興站」から徒歩約10分

スポンサーリンク
スポンサーリンク