シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

スポンサーリンク

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた では、2018年8月27日〜2018年8月31日にかかけて訪れたフィリピン・セブ島で宿泊したシャングリ・ラ マクタン リゾート & スパで利用したルームサービスについてご紹介します。

これまで何度か海外旅行でホテルを利用してきましたが、今回の旅行で人生初のルームサービスを利用しました。

学生時代の旅行ではまず利用することはありませんでした。

なんとなく『自分少し成長したかな』と実感して、感慨深かったです。

しかも初のルームサービス利用にて、朝と夜の2度利用するという離れ業を成し遂げてしまいました(笑)

この記事では、その2度のルームサービスを利用した際の様子をご紹介します。

  1. ディナー
    1. 注文は電話で
    2. 日本語では注文できないです
    3. 料理はテーブルごと運ばれてくる
    4. 量は半端ない
    5. 食べ終わったらテーブルごと廊下に出しておけばOK
  2. ブレックファースト
    1. 相変わらず量は半端ない
    2. フルーツの量はさらに半端ない
    3. ジュースが美味しすぎる
  3. ルームサービスを利用した感想

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

それでは早速ご紹介していきますね。

一応利用した順番ということでまずはディナーとブレックファーストの順でご紹介していきます。

ディナーはホテルに到着した初日、ブレックファーストは3日目の朝食で利用しました。

それではまずはディナーからご紹介していきます。

1. ディナー

1. 注文は電話で

まずは注文方法についてですね。

これはのちにご紹介するブレックファーストでも共通になりますが、基本的には電話注文になります。

ホテルに部屋には固定電話がありますよね。

あれから電話すればOKです。

番号はメニュー、あるいは電話のそばに書いてあります。

電話注文の経験は最近ではあまりないので少し緊張しますね

2. 日本語では注文できないです

そして一番の問題点がこれです。

電話注文は基本的に英語でのやりとりになります。

日本語による注文は(私がみた限りでは)できません。

一応日本語は話せるスタッフはホテル内にはいらっしゃいますが、基本的には受付にいらっしゃるので電話対応をしているかどうかは正直わかりません。

もしどうしても英語による注文が不安と思われる方は受付にいらっしゃる日本人スタッフに聞いてみるといいかもしれません。

忙しくなる時間では難しいかもしれませんが、もしかしたら代わりに注文してくれるかもしれません。

3. 料理はテーブルごと運ばれてくる

そしてなんとか頑張って英語での注文が完了すると、後は料理が運ばれてくるのを待つだけです。

驚いたのが料理の運び方ですね。

過去の記事で、宿泊したお部屋をご紹介していましたが、部屋には食事ができるテーブルはないんですね。

セブ島5つ星!シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパに宿泊しました

2018年9月15日

 

『どうやって食べるんだろう』と思っていたらなかなか大胆な解決策を見せてくれましたね。

そうです、テーブルごと運ばれてきます!

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

写真ではすでに料理がテーブルの上に乗っていますが、運ばれてくるときには全てテーブル下の容器の中に入っています。

部屋の中に到着してから料理をテーブル上に用意してくれます。

ナプキンでパンを包むあたりに品性を感じますね。

人生初のルームサービス利用の瞬間です。

4. 量は半端ない

料理が運ばれてきて早速いただきました。

注文したのはハム&チーズのパニーニとシーザーサラダです。

ちなみに2人で注文したのはこの2品だけです。

と言いますのも、フィリピン・セブ島のレストランで提供される料理は基本的に凄い大きんです。

なのでそれを見越して『ちょっと少ないかな』と思う程度の注文に留めておきました。

これは大正解でしたね。

まずハム&チーズのパニーニにこれだけ大量のフライドポテトがついてくるのは予想外でした。

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

ラップがかけられているのはコーンスープです。

 

そして次にお連れ様が注文したシーザーサラダです。

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

全体の写真にも写っていますが、シーザーサラダにパンがついてくることも想定していませんでした(笑)

このような予想していない量の料理が運ばれてきて食べきれずにかなり残してしまうということはフィリピンに限らず、海外であればよくある話です。

日本の料理の量は世界と比べると小さめですからね。

したがって、海外旅行でレストランを利用する際には十分ご注意ください。

ただ大抵の場合、食べきれなかった場合には持ち帰ることもできます。

これも日本とは異なるルールです。

 

そして肝心なお味は、パニーニはチーズが濃厚でパンはサクサク、とっても美味しいです。

コーンスープも日本で食べるものよりも甘さは控えめです。

よりコーンの味が強調されていて美味しかったです。

フライドポテトは重かったです(笑)

 

お連れ様が注文したシーザーサラダもいただきましたが、これは非常に安定の美味しさです。

ついてきたパンも美味しかった。

 

味としてはとても満足でした。

『少し少ないかな』と感じながら注文した結果でも、予想外の大量のフライドポテトとパンによってお腹いっぱいになりました。

ある意味計算通りでしたね(笑)

5. 食べ終わったらテーブルごと廊下に出しておけばOK

そして食事が終わった後もとっても楽ちん。

基本的には電話でテーブルを下げてもらうようにお願いするか、廊下にテーブルごと出しておけばオッケーです。

もちろんこの時の電話も英語になるので、『もう電話はいやだ』と感じる場合は、もうテーブルごと廊下に出しておけばオッケーです。

スタッフの方が片付けてくれます。

私はもちろんテーブルごと廊下に出しておきました!!!

 

ちなみにお支払いはありません。

注文したら部屋に付けられているのでチェックアウト時にまとめて支払います。

気になるお値段はシーザーサラダは500(約1000円)、ハム&チーズのパニーニは650PHP (約1300円)でした。

これにサービス料と消費税が加算されて、合計1278.35PHP(約2500円)でした。

2. ブレックファースト

前半ではルームサービスのディナーの様子をご紹介しました。

次にブレックファーストをご紹介します。

注文してから運ばれてくるまでの流れはディナーと全く同じです。

電話で注文すればテーブルごと運んできてくれます。

1. 相変わらず量は半端ない

やはり朝食になっても量は半端じゃありません。

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

注文したのはアメリカン・ブレックファーストとフルーツ盛り合わせです。

 

ちなみにお皿に乗ってるフルーツ盛り合わせが乗ったお皿以外は全てアメリカン・ブレックファーストのセットです。

ソーセージやハッシュドポテトなどが盛り付けらたプレートに加えて、グラノーラ、クロワッサン4つ、オレンジジュース、紅茶、ヨーグルトがセットになっています。

どう考えても多すぎますね(笑)

さらに驚いたのが注文時のことです。

2人でアメリカン・ブレックファーストとフルーツ盛り合わせを注文しましたが、店員さんに『2人で本当にこれだけでいいのか』となんども確認されました(笑)

現地の方はどれだけの量を朝から食べるんですかねw

 

もう一つ驚いたのがパンの量ですね。

またおしゃれにナプキンの中に入っています。

こちらです。

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

ちなみにパンは4種類の中から選ぶことができます。

私はクロワッサンを選択しましたが、お気付きの通り4つ全てがクロワッサンになります。

『それなら全種類1つずつ欲しかった』というのが率直な感想です(笑)

2. フルーツの量はさらに半端ない

アメリカン・ブレックファーストにも驚かされましたが、それ以上に驚いたのがフルーツの量です。

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

パイナップルにキウイフルーツ、ぶどうやドラゴンフルーツなどたくさんの種類のフルーツがてんこ盛りになっています。

『日本で食べたらいくらかかるんだ』と思わされるレベルの量のフルーツがこちらでは700PHP(約1400円)です。

安くないと思う方もいらっしゃるかと思いますが、5つ星ホテルのルームサービスでこの価格と思うとかなり安く感じるんではないでしょうか。

そしてどれも糖度抜群でとっても美味しいです。

さすがは南国です。

3. ジュースが美味しすぎる

そしてもう一つ感動したのが、アメリカン・ブレックファーストについてきたオレンジジュースです。

こちらのジュースも複数の選択肢があるのですが、私はいつも朝はオレンジジュースをいただきます。

こちらのオレンジジュースは格別でしたね。

果汁100%とはこのことを言うんですね。

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパでルームサービスを頼んでみた

もうびっくりするくらい果肉が入っています。

飲んでるのか食べてるのかわからないくらいです。

まさに丸々絞ってそのままコップに流した感じです。

朝にこのオレンジジュースはとっても体に染み渡ります。

風邪とか一瞬で治りそうです。

 

注文時にスタッフの方に『本当にこれだけで足りるのか』となんども確認されましたが、これでも多すぎるくらいでしたね(笑)

皆さんも海外でのレストラン注文時には量に十分に配慮しながらご注文ください。

3. ルームサービスを利用した感想

さて、今回の宿泊で人生初のルームサービスを利用しましたが、とっても良い経験になりました。

もちろんレストランで食事をするよりも値段は高くなりますが、それに匹敵する贅沢を体験できます。

レストランに行くと他にもお客さんがいるので、どうしても騒がしくなってしまいますが、ルームサービスではそのような心配は皆無です。

特に朝食でルームサービスを利用するのがオススメですね。

部屋でゆったりと食事をとれ、騒がしくなることもありません。

非常に贅沢で優雅な時間を楽しむことができます。

私個人としては、少し値段が高くなってもルームサービスを利用する価値は十分にあると感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、2018年8月27日〜2018年8月31日にかけて訪れたフィリピン・セブ島で宿泊したシャングリ・ラ マクタン リゾート & スパで利用したルームサービスについてご紹介しました。

何度かの海外旅行を経験してきましたが、今回の旅行で人生初のルームサービスを利用しました。

ホテル内のレストランを利用するより値段は少し高くなってしまいますが、それに見合うサービスが提供されると実感しました。

自分の部屋でゆったりと贅沢な食事を取ることはとてもリラックスできますし、特別な体験になります。

皆さんも、シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパではなくとも、ぜひ一度ルームサービスを利用してみてください。

 

その他ルームサービスではなく、ホテル内のレストランもご紹介していますので合わせてご覧ください。

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパの『春茶』で飲茶をいただく

2018年10月13日

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパの「Tides」で朝食

2018年9月22日
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す