2019年4月4日オープン!「MUJI HOTEL GINZA」に行ってきました!

スポンサーリンク

2019年4月4日オープン!「MUJI HOTEL GINZA」に行ってきました! では、2019年4月4日に満をじしてオープンした「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してきましたので、その様子をご紹介します。

「MUJI HOTEL GINZA」とは、無印良品やMUJIブランドの店舗・商品を展開する専門小売企業である良品計画がオープンしたホテルです。

今回は初めて日本にできました。

実はこちらが第1号店ではないんですね。

第1号店は中国の深圳、第2号店は中国の北京、そして第3号店が今回ご紹介する東京・銀座です。

私自身もこちらの「MUJI HOTEL GINZA」のオープンを心待ちにしておりまして、予約が始まった瞬間予約しました。

正直なところ、家からかなり近いんですけどね。

やはり話題のホテルは泊まってみたくなりますよね。

 

ここでは、「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊した様子をご紹介します。

  1. 「MUJI HOTEL GINZA」について
  2. アクセス
  3. 地下にはレストラン、1〜5階は無印良品で売り場面積は世界最大
  4. ホテルは6〜10階にあります。
  5. 室内は無印感マックス
  6. お部屋は無印良品で溢れています。
  7. タブレットで全て操作できます。

それでは順番に見ていきましょう。

2019年4月4日オープン!「MUJI HOTEL GINZA」に行ってきました!

1. 「MUJI HOTEL GINZA」について

まずは今回ご紹介する「MUJI HOTEL GINZA」について簡単のご紹介します。

冒頭でも述べましたが、「MUJI HOTEL GINZA」は、無印良品やMUJIブランドの店舗・商品を展開する専門小売企業である良品計画がオープンしたホテルです。

第1号店は中国の深圳、第2号店は中国の北京、そして第3号店として満をじしてオープンしたのが東京・銀座の「MUJI HOTEL GINZA」で、2019年4月4日にオープンしました。

無印良品らしさが存分に楽しめるホテルで、無印ファンにはたまらないホテルになっています。

公式サイトはこちらからどうぞ!

 

また、この「MUJI HOTEL GINZA」は通常の他のホテルとは少し異なるシステムがあります。

普通のホテルですと、繁忙期や週末になると価格が上がりますよね。

つまり需要の大きさに応じて価格が変動します。

 

しかし、ここ「MUJI HOTEL GINZA」は季節や曜日による価格変動がありません。

常に一定の価格で提供されているんです。

このため特に週末はハイシーズンはすでに予約でいっぱいです。

しばらくは簡単には予約は取れなそうですね・・・

2. アクセス

ホテルの紹介はこれくらいにしておいて、次にホテルのアクセスです。

銀座にあるだけあって、アクセスは抜群です。

複数の駅からアクセスが可能です。

「銀座駅」、「銀座一丁目駅」、「有楽町駅」、「東銀座駅」から徒歩でアクセスが可能です。

3. 地下にはレストラン、1〜5階は無印良品で売り場面積は世界最大

それではここから実際に訪れた様子をご紹介します。

「MUJI HOTEL GINZA」は1階〜5階は無印良品です。

こちらは無印良品の世界旗艦店として世界最大の売り場面積を誇ります。

建物見てをもとってもご立派です。

こちらの上層階の色の異なる部分がホテルです。

その下は無印良品です。

店内に入ると無印感全開です。木の匂いが落ち着きます。

1階は食料品で、上の階には衣服や家電、本などなんでも揃っています。

こちらが各階の案内です。

エスカレーターで移動中にちらほら写真を撮ったのでこちらでまとめてご紹介しますね。

ちなみに写真はホテルに宿泊した翌日、開店と同時に撮影したので他のお客さんはほとんどいませんでした。

通常時は大混雑です(笑)

こちらは1階の食料品コーナーです。

ソフトクリームやジュースも売っています。

奥にはパン屋さんもあります。

その他衣服を販売しているフロアと家具を販売しているフロアもご紹介します。

こちらが衣服です。

木をベースにした売り場ってやっぱりリラックスできていいですよね。

そしてこちらが家具売り場です。

このままエスカレータを上がって6階に行くと今回の目的地「MUJI HOTEL GINZA」に到着します。

4. ホテルは6〜10階にあります。

ここからはホテルのご紹介です。

エスカレーターで6階まで行くとホテルロビーがあります。

しゃれたロビーです。

早速チェックインの手続きです。

宿泊料金は先払いですのでチェックイン時に支払います。

今回宿泊したのが公式サイトで紹介されているCタイプのお部屋です。

料金は1泊2人で33,500円でした。

これには朝食代も含まれていまして、宿泊代が29,900円、朝食料金が1人1,800円です。

銀座の1等地ですからこれくらいの値段は妥当なのではないでしょうか。

 

さて、ホテルのチェックインが完了して早速お部屋に突撃です。

ホテルは6〜11階にありまして、今回宿泊したのは8階でした。

エレベータで8階へ行き、宿泊するお部屋に向かいます。

ホテル内廊下も木を基調とした無印らしいデザインです。

廊下の雰囲気も素晴らしいですね。

それでは早速お部屋に突撃です!!!

5. 室内は無印感マックス

お部屋の中は無印の世界観が溢れています。

そしてかなりの縦長です。

横幅はほぼ一番奥にあるダブルベッドの横と同じです。

狭い空間でもリラックスできるように上手に設計されています。

入ってすぐ右手には手洗い場があります。

その奥にはコンパクトながらもソファースペースがあります。

この無印らしいインテリアはたまらないですよね。

すでにお気づきかもしれませんが、ここで使用されている家具、アメニティ全てが無印良品のものです。

基本的にこちらで使用して気に入れば下の階で購入することができます。

しかしコーヒーだけに関してはホテル限定品でした。

コーヒーについては後ほどご紹介します。

 

ソファの向かい側には壁掛け式のテレビがあります。

お部屋の面積は24平米程度ですのでかなりコンパクトです。

 

お次に水回りをご紹介します。

トイレはもちろんウォシュレット完備です。

これは外せません!

奥にはシャワーブースがあります。

浴槽はありません。

私は基本的にお風呂はシャワーで済ませてしまうのでこれで十分ですね。

ただ使用した感じでは、シャワーの水圧はかなり弱めでしたね。

これは少し残念でしたね。

海外のホテルでこの水圧ならまだ許容範囲内ですが、日本国内にあるホテルでこの水圧はいただけません。

こちらについては正直なところ改善して欲しいです。

6. お部屋は無印良品で溢れています。

次にアメニティをご紹介します。

こちらも全て無印良品ブランドです。

まずは寝るときに利用できるパジャマ!

このパジャマがとにかく軽くて素晴らしかったですね。

今度買いますw

さらにバルミューダとコラボして開発された空気清浄機もあります。

その他、ケトルやドライヤー、アロマディフューザー、何から何まで全て無印良品ブランドでした。

これには驚かされます。

さらに歯ブラシやカミソリ綿棒などもばっちり無印製です。

食器類も無印です。

そしてこちらにあるコーヒーとお茶だけはお店では買えないホテル限定品だそうです。

そのほかの商品であれば基本的には全て実際に店舗で購入することができます。

 

さらにテーブルの上にはお菓子もあります。

ホテルの部屋を見て思うことは、このホテルは無印良品のブランディングも兼ねているということです。

ホテル内に使用されている家具やアメニティは全て無印良品が扱っている商品で、気に入れば下の階で実際に購入して帰ることができます。

これめちゃめちゃ賢いですよね。

幅広い商品を取り扱っている無印良品だからこそ成せるやり方でもあります。

7. タブレットで全て操作できます。

さらに「MUJI HOTEL GINZA」のお部屋で個人的にとても嬉しかったことが、タブレット一つで部屋の家電をコントロールすることができるということです。

お部屋にはこのようなデスクがあります。

こちらにタブレットがあるんですね。

このタブレットを利用して照明の調整やカーテンの開閉などを行うことができます。

操作画面はとてもシンプルな作りになっていて、機械があまり得意でない方でも問題なく利用できるようになっています。

例えば照明を選択するとこのように4段階で明るさが調整できるようになっています。

一つ一つの照明を指定して操作するのではなくて、4段階の明るさ調整のみに限定することで操作がシンプルになります。

このシステムはぜひとも我が家にも導入したいですね(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、2019年4月4日に満をじしてオープンした「MUJI HOTEL GINZA」をご紹介しました。

「MUJI HOTEL GINZA」は、無印良品やMUJIブランドの店舗・商品を展開する専門小売企業である良品計画がオープンしたホテルです。

第1号店の中国・深圳、第2号店の中国・北京に続いて第3号店として日本に初めて東京・銀座に2019年4月4日にオープンしました。

1階〜5階は無印良品店舗となっており、世界最大の売り場面積を誇り、6階〜11階は「MUJI HOTEL GINZA」となっています。

部屋は無印の世界観全開の作りになっています。

使用されている家具やアメニティは全て無印良品ブランドです。

気に入った商品があれば店舗で実際に購入することができます。

 

さらに季節や曜日によって価格が変動しないことも大きな特徴です。

今回の宿泊料金は1泊2人で合計33,500円でした。

これには朝食代も含まれていまして、宿泊代が29,900円、朝食料金が1人1,800円です。

銀座の1等地ですからこれくらいの値段は妥当なのではないでしょうか。

 

ぜひぜひみなさんも行ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す