【憧れのホテル】「星野や東京」に宿泊!圧倒的なおもてなしです。

こんにちは。TATです。

久しぶりの更新です。

本日はテンション高めで記事を書いています。

なんと、ずっと憧れていた「星野や」に宿泊してきました。

しかも「星野や東京」です。

僕と妻の入籍祝いということで、両親がプレゼントしてくれました。

ノリで弟もきました!

めっちゃ近場ですが、久々の家族揃ってのお泊まりです。

プレゼントしてくれた両親に感謝です。

 

今回は2人部屋(僕と妻)と3人部屋(両親と弟)の2種類のお部屋をご紹介します。

「星野や」の圧倒的なおもてなしをご覧ください!

特に記念日などに利用するととてもいい思い出が作れます!

【憧れのホテル】「星野や東京」に宿泊!圧倒的なおもてなしです。

1. 「星野や東京」へのについて

「星野や」の位置付け

まずは今回ご紹介する「星野や東京」について簡単にご紹介します。

「星野や東京」は星野リゾートが運営する高級ホテルです。

星野リゾートは複数のブランドでホテルを展開しており、それぞれコンセプトが異なります。


公式サイトより

リゾートホテルに特化した「リゾナーレ」、温泉旅館を展開する「界」などがあります。

中でも今回利用した「星野や」は、星野リゾートの中でも最も高級なカテゴリーに位置します。

 

アクセス

「星野や東京」のアクセスは、最寄駅は大手町駅です。

駅からは徒歩2分とかです。

東京駅からでも徒歩10分程度でいけます。

 

かつて紹介したシャングリ・ラホテルやアマン東京なども徒歩圏内です。

東京駅周辺は高級ホテルが乱立しています。

【5つ星!】ついに念願の「シャングリ・ラホテル東京」に宿泊!

2019年9月18日

【まるで宝石箱】アマン東京でブラックアフタヌーンティーを堪能!

2019年5月4日

 

都会のど真ん中に突如登場します

本当に都会のど真ん中に突然現れます!

これです。

パッとみたところでは、ホテルの感じが全くしませんw

2. ホテルに入った瞬間に靴から解放されますw

ここからは実際に訪れた様子をご紹介していきます。

もうホテルに入った瞬間から対応が桁違いです。

 

いきなり靴を脱ぐw

これ、玄関です。美しすぎます!

ちなみにこれは帰り際に撮ったのですが、写真を撮ろうとしたら、スタッフの方が一瞬で察してはけてくれました!申し訳ないw

 

検温や消毒を済ませたら、もうここで靴を脱ぎます。

ホテル内はすべて素足でうろうろできます。

これがかなり快適です。

しかも床はすべて琉球畳です!

エレベーターまで畳でしたw

そして左手に見える格子状のものが靴箱になっています。

 

チェックインはお部屋で!

そしてチェックインはお部屋で行ってくださいました。

一応チェックインカウンターは2階にあるのですが、今回は新型コロナウイルスの影響で密を避けるためにお部屋でチェックインです。

それでも、高級ホテルはそもそも客室数がそこまで多くないので、あまり密にはならなそうです。

それでも「念には念を」ということでこの対応です。

さすがです。

個人的にはお部屋でチェックインの方が楽なのでありがたかったですw

3. お部屋紹介①:「菊」

次にお部屋紹介です。

今回は両親と弟が泊まった3人部屋「菊」と僕と妻が泊まった2人部屋「百合」をご紹介します。

 

お部屋の広さは80平米超え

まずは「菊」です。

これは「星野や東京」で最も広いお部屋でなんと広さは80平米超えですw

やはり琉球畳はいいですね。

圧倒的な落ち着きを感じます。

 

ベッドは3つあります。

和室なんですけど、ちゃんとベッドがあるってのが良いですね。

ちなみにマットレスは柔らかめです。

 

お風呂広すぎるw

次にお風呂です。

洗面台は2つあります。

そしてなぜか洗面台の向かいにはソファ?があります。

 

お風呂はこんな感じです。

反射して見にくいかもです。すみません。

 

最後にトイレです。

無論、ウォシュレット完備です!

 

テレビがかっこよすぎた

次にご紹介したいのがテレビです。

これがかっこいいんです。

スタッフの方に説明してもらうまで気づきませんでしたw

こちらです。

一見ただのガラスですが、テレビになるんですね。

テレビって使ってないと結構じゃまですけど、これだと消してもただの鏡みたいなガラスなのでお部屋のインテリアを阻害しないんです。

 

部屋着は和服とパジャマの2種類

次に部屋着です。

これは2種類あります。

和服タイプのものと普通のパジャマです。

これは和服タイプです。

和服ですが、記事はジャージみたいな素材なのでとても着やすいです。

普通のパジャマは写真撮り忘れましたw

 

その他もろもろw

そのほかにも素晴らしいものがたくさんあります。

まず、空気清浄機がバカでかかったですw

そして机の照明がめっちゃしゃれてました。

空気清浄機も机も黒を基調として統一感をもたらしているのが素晴らしいですね。

ちなみに障子の裏にはブラインドみたいなものがありますが、これは電動で開閉することができます。

 

さらにお茶が飲める急須もあります。

お茶は後ほど紹介するお茶の間ラウンジからもらえます。

 

「菊」のお部屋はこんな感じです。

80平米超えとかなり大きなお部屋ですが、やはり和室のせいかとても落ち着きます。

4. お部屋紹介②:「百合」

次に僕と妻が宿泊した2人部屋「百合」をご紹介します。

 

お部屋の広さは40平米ほど

こちらのお部屋の広さは40平米ちょっとです(部屋によって微妙にサイズが違うみたいです)

十分ですねw

リビングスペースがこちらです。

反対側にはキングサイズのベッドがあります。

 

こちらにもかっこいいテレビがありました

そして「菊」同様に、かっこいいテレビがこちらにもありました。

パッと見た感じ鏡かと思いましたが、これもテレビです!

 

お風呂が良い

次にお風呂です。

黒い浴槽はかっこいいですね。

手前には洗面台、奥にはシャワールームがあります。

この作りについては海外ホテルと似たような感じです。

 

ちなみにシャワーのアメニティはこちらです。

中身は謎です。オリジナルのものですかね。

 

トイレは完全に個別になっています。

こちらもウォシュレット完備です。

 

アメニティ各種

次にアメニティです

自分たちが宿泊したお部屋ではしっかりアメニティをチェックしておきました。

急須は「菊」と同じものです。

下の引き出しにはお酒各種とコーヒー・紅茶・お茶、そして食器各種が揃っています。

次に洗面台のアメニティです。

綿棒や歯ブラシなどはバッチリ揃っています。

ちなみに写真だとわかりづらいですが、上にあるコップは竹製です!

こういう細かいところにまでこだわりを感じます。

 

「百合」のご紹介は以上です。

もちろん、「菊」に比べると広さ的には半分ですが、それでも十分すぎる広さであり、むしろこれくらいの広さの方が個人的には落ち着きます!

5. 各階にお茶の間ラウンジがあります

次にラウンジをご紹介します。

ラウンジは2種類ありまして、まずはお茶の間ラウンジをご紹介します。

お茶の間ラウンジは各階にあります。

各階の部屋数は6つしかないので混み合うことはありません。

 

ここにはちょっとくつろげるソファや大きなテーブルがあります。

テーブルの上には懐かしいけん玉とかもあります。

こちらはコーナーソファです。

 

軽食や飲み物があります

ラウンジ内には軽食もありまして、飲み物やお菓子があります。

こちらお菓子です。

 

飲み物各種もあります。

写真には写っていませんが、この下には冷蔵庫と冷凍庫があって、冷蔵庫にはコーラとかのソフトドリンク、冷凍庫にはアイスがあります。

これも食べ放題です。

 

ラウンジまでの廊下も全部琉球畳です

ちなみにですが、こちらのお茶の間ラウンジに来る廊下も全部琉球畳です。

裸足で来ることができます。

一番奥が「菊」のお部屋、その左手前に「百合」のお部屋がありました。

6. 2階ラウンジは時間ごとにサービスが異なります

もう一つのラウンジは2階にあります。

ここでは時間ごとに異なるサービスが提供されています。

昼間だとお茶、朝だとコーヒー、夜はハーブティーなどがいただけます。

訪れた時点のスケジュールはこんな感じです。

夜は日本酒もいただけるみたいですね。

僕らの場合は、ホテルに到着後、部屋で少しゆっくりして2階ラウンジでお茶とお菓子をいただきました。

17階には温泉があります。

 

ラウンジはこんな感じです。

奥には小上がりになってる畳スペースがあります。

この畳スペースはど真ん中がライトアップしているので、ここでドヤ顔して座ってると殿様気分が味わえるかもですw

 

お菓子とお茶を堪能

そしてこの2階ラウンジではお茶とお菓子をいただきました。

お菓子は2種類あります。

お月見をイメージした和菓子ですね。

お茶はこちらです。

僕はこちらのウサギの和菓子をいただきました。

このお菓子、結構甘いですw

苦めのお茶と組み合わせると最高です。

お茶はビビっていたほど苦くなかったので助かりました。

ウサギの和菓子は真ん中からぶったぎっていただきましたw

 

ちなみに翌朝はこちらのラウンジでコーヒーをいただきました。

リラックスしすぎて写真撮ってません。すみません。。。

 

切り絵に挑戦できます。

このラウンジの反対側にはちょっとした体験コーナーがあります。

訪れた時は切り絵とかが提供されてました。

小さなお子さんとかは楽しそうに取り組んでいましたね。

 

僕の家族や妻も挑戦してました!(僕は不器用すぎて戦力外ですw)

これ妻の作品です。

うますぎません?w

作り方としては、ざっくりですが、まず紙を半分に折ってカッターで切り込んでいきます。(下絵ももらえます)

切り取り終わったものを開くと左右対称の模様ができます。

これを白い紙に貼り付けて、丸めて中からライトで照らすと、こんな幻想的な感じになります。

お見事です!

7. お部屋「菊」で揃って夕食!

次にお待ちかねの夕食です。

夕食はお部屋でいただきます。

普通は各部屋でいただくのですが、今回は5人で来てたので「菊」のお部屋で揃って食べられるように手配してくれました。

この辺りの対応力はさすがですね。

 

東京御膳に舌鼓

それでは早速夕食をご紹介します。

東京御膳というメニューです。

こんな感じできれいな容器にすっぽりと収まって登場します。

これが3段になっていて、展開するとこうなります。

写真のセンスなくて申し訳ないですw

 

もう一つビシソワーズもあります。

 

ホテルから粋な計らい!

ちなみにここで、入籍祝いということで星野やから日本酒をプレゼントしていただきました。

そして僕と妻はお酒飲まないので、僕の家族が飲んでましたw

お酒には興味がなさすぎて写真撮り損ねましたw

 

ちなみにお料理のメニューはこちらです。

メインの肉チラシは素晴らしかったですね。

お肉の柔らかさが尋常じゃなかったです。

結構脂がのってるお肉ですが、ちらし寿司で酢飯と一緒にいただくとかなりさっぱりしてガツガツ食べられます。

その他、もちろんすべておいしかったのですが、特においしかったのがカツオとしいたけとデザート(ブランマンジェ)です。

しいたけはとにかく香りが半端なく良かったです。

デザートは僕が大好きなパッションフルーツが入っていたので、ただただ嬉しかったですw

大満足のディナーでした。

 

今回いただいた肉ちらし寿司みたいな普通のメニューから少しアレンジされた料理は楽しいですね。

いつしかいただいたシーザーサラダを思い出しました。

【ランチメニューがお得!】六本木のステーキハウス「ルビージャックス」で絶品ランチ!【デートに最適!】

2019年4月13日

 

苦手な食材にも丁寧に対応してくださいます

苦手な食材があれば事前にお伝えしとくと対応してくれます。

我が家の場合は、妻がナマモノが苦手なので、肉は赤みがほとんどなくなるまでしっかりと焼いてくださり、弟は肉が苦手なのですが、ちらし寿司のお肉はアナゴに変更してくださいました!

基本的にはこちらが申し訳なくなるくらいの対応をしてくださいますw

 

夕食後はお部屋でグダグダしてそのまま寝ましたw

やっぱり室内で食事ができるととても楽です。

周りの目も気にせずのんびりできたので最高でした。

初めてきたのに我が家のごとくくつろいでいました!

8. 【完全個室】朝食は地下1階のレストランで!

最後にご紹介するのが朝食です。

こちらは室内ではなく、地下1階のレストランでいただきました。

 

エレベータが開いた瞬間の美しさ

まず地下1階に着いた瞬間驚きました。

エレベータのドアが開いた瞬間の景色がこれです。

すごくないですか。まるで時が止まったかのような空間です。

一瞬場所を間違えたのかと思いましたw

 

右手に進むとレストランがあります。

レストランは完全に個室に分かれているので、迷路のような作りになっています。

途中でトイレに行ったら戻ってこれないかもですw

 

和食と洋食が選べます

スタッフの方に案内いただいたら早速朝食です。

朝食は2種類から選ぶことができます。和食と洋食です。

僕は和食、妻は洋食です。

 

和食

まずは和食からどうぞ。

夕食と同じような容器に入っての登場です。

釜で炊いたご飯と味噌汁もあります。

飲み物はほうじ茶です。

 

種類が豊富です!

お料理はこんな感じ。

たくさんの種類があっていいですね〜。

 

洋食

次に妻が食べた洋食です。

容器は同じです。

中身はこちらです。

洋食の場合、飲み物はコーヒーか紅茶になります。

パンが4種類もあっていいですね。(羨ましかったですw)

 

僕は普段、朝食は全然食べないのですが、こういうところにくると普通に完食できちゃうんですよねw

不思議なもんです。

朝からしっかりと完食です。

 

いただいたお料理の中でも、個人的にはゆで卵、湯葉、がんもどきは美味しかったですね。

そしてデザートのわらび餅と、シャインマスカットはもう最高です。

シャインマスカットは本当に美味しいので今度ふるさと納税で頼んでみようと思いますw

以上、大満足の朝食でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、先日宿泊してきました「星野や東京」についてご紹介しました。

さすがは星野リゾートの中でも最上位クラスに君臨する星野やです。

サービスの質も料理のクオリティもピカイチでした。

特に今回は僕の家族といったので、複数のお部屋(「菊」と「百合」)をまとめて見ることができたのはとても嬉しかったです。

そして気になるのがお値段ですよね。

ぶっちゃけ僕は今回お金を払っていないのでドンピシャな金額はわかりません(両親に感謝です)

ただ、調べた限りだと、1泊で1人当たり4万ちょっとくらいでした。

それ5人分です。

はい、お察しくださいw

5つ星ともなれば高級です。

 

繁忙期になるとさらに高いと思われます。

ただでさえ新型コロナウイルスの影響で価格が少し落ちていたと思うので、通常はもっと高いかもです。

そう考えるといいタイミングでこれたのかもしれません。

 

値段だけ見るとすこぶる高いですが、やはりこのお値段に見合う素晴らしいサービスを経験できるので、最高の体験ができます。

特に記念日などの祝い事などに少し奮発して行ってみるのがよいのではないでしょうか。

素敵な思い出になると思います!

 

あらためて今回「星野や東京」に招待してくれた両親に感謝です。

あと弟も!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

今回ご紹介したホテル

星野や東京

公式サイトこちらからどうぞ

住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9−1

アクセス:JR東京駅丸の内北口から徒歩10分(850m)

地図こちらからどうぞ

予約公式サイトより

 

ホテルを予約する前に価格比較サイトをチェックするとよりお得に宿泊できます!


【ホテルズコンバインド】で料金を比較する