【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】

【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】 では、マレーシアから日本へ帰国する際に利用したJAL724便についてご紹介します。

さらに今回は、初めて特別機内食である「消化に良いお食事」を頼んでみましたので合わせてご紹介します。

マレーシアの食べ物は辛いものが多くて、滞在中はお腹の調子が優れませんでしたw

そんな時に、JALの事前チェックインを行う際に機内食をみていた時にこの特別メニューについて知りました。

そしてこの機内食が実に胃腸に優しくて、お腹の調子が悪かった僕にとって大変助かりました。

改めてJALが好きになったフライトでした!

また、往路便についてはこちらをご覧ください。

【JALエコノミークラス搭乗記】JL723便(成田→クアラルンプール)は最新機材で快適です!

2020年3月21日

【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】

1. JL724便(クアラルンプール→成田)の機材やシートは?

まずは今回ご紹介するJL724便の機材とシートについてご紹介します。

機材は最新のボーイング787−9で、エコノミークラスの座席は2−4−2です。

2人で利用する場合は、2列席をとると席を独占できるのでとても快適です。

出発時間は22:50で、翌朝の7:05に到着します。

時差が1時間あり、所要時間は7時間15分です。

 

座席については往路便でもご紹介しているので、そちらの写真を再利用してサクッとご紹介します。

座席はこんな感じです。

身長182cmある僕でも膝をつかずに座ることができるくらい足元はゆったりしています。

さらに今回の旅から携帯用のフットレストを持参しました。

空気を膨らめせるとこんな感じになるのであぐらをかいたりできて快適です。

こちらの商品です。

ちなみに離陸前に膨らませるとCAさんに注意されるので、離陸してシートベルト着用サインが消えてから膨らませるように気をつけてくださいw

 

座席については往路便の紹介記事で詳しく書いてるので合わせてご覧ください。

【JALエコノミークラス搭乗記】JL723便(成田→クアラルンプール)は最新機材で快適です!

2020年3月21日

2. 市内→空港まではKLIAエクスプレスで快適移動!

ちなみにですが、クアラルンプール市内から空港まではKLIAエクスプレスで移動しました。

タクシーなどに比べて料金は高くなりますが、渋滞の影響を受けずに快適に移動できるのでおすすめです。

クアラルンプールは渋滞がひどいので、タクシーやバスを利用するとかなり遅れるリスクがあります。

渋滞リスクを考慮するとKLIAエクスプレスが圧倒的におすすめです。

詳細はこちらの記事をご参照ください。

【料金は高いけど渋滞なし】クアラルンプール空港 ⇄ 市内へのアクセスはKLIAエクスプレスがおすすめ

2020年4月23日

3. 【要注意】搭乗直前に手荷物検査があります

ここからは搭乗までの流れをご紹介します。

空港に到着したら、搭乗手続きを済ませて「国際線出発」という看板を目指して歩きます。

【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】

そしてクアラルンプール空港を利用する際にはいくつかの注意点があります。

JALの場合は、搭乗口に行く際に電車で移動する必要があります。

こんなやつです。

人の流れについていけば簡単に見つかります!

無人運転で、10分に1本くらいのペースで来ます。

この電車に乗らないと搭乗口までたどり着くことができないので、余裕を持って移動しましょう。

 

そしてもう一つの注意点が、搭乗口前に手荷物検査があることです。

【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】

空港に入ってから搭乗手続きをする段階では手荷物検査はありません。

搭乗直前に検査があります。

これにはメリットとデメリットがあります。

メリットは搭乗手続きが非常にスムーズです。

成田とか羽田だと、搭乗手続き後に手荷物検査があるので、人が多いとここがかなり混雑します。

一方でクアラルンプール空港ではこのような混雑は発生しません。

ただ、こちらの場合は搭乗直前で手荷物検査があるので、飲み物を持ち込むことができません。

成田とかですと、手荷物検査後にペットボトルなどを購入することができますが、クアラルンプール空港では直前の検査で没収されます。

これは地味に不便です。

この手荷物検査を通過すると、あとは搭乗するだけです。

4. 「消化に良いお食事」含む特別機内食は事前予約が必要です

ここからは実際に搭乗した様子をご紹介します。

シートについては先ほどご紹介したのでここでは機内食にフォーカスします。

今回、機内食は通常メニューではなく、特別メニューを注文しました。

と言いますのも、マレーシアの料理が辛いものが多く、僕のお腹の調子がよろしくなかったんですね。

ということでここでは特別メニューとして「消化に良いお食事」を注文してみることにしました。

こちらをいただくには搭乗前に事前予約が必要です。

スマホからサクッと予約できるので楽チンです。

ちなみにJALはたくさんの種類の特別メニューを提供しています。

→ 公式サイトへ

アレルギー対応食やベジタリアンメニューなど、様々なニーズに対応できるように配慮されています。

さすがでございますね。

今回、僕が注文したのはこちらの「消化に良いお食事」です!

【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】

5. 一番最初に提供されるので少し恥ずかしいですw

特別機内食を事前に予約しておくと、飛行中にしっかりと手配してくれます。

まず、こんな感じで事前に目印となるシールが貼られます。

【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】

この際お名前を呼ばれて確認されるので、少し恥ずかしかったです。

そしてその後は誰よりも早く機内食を用意してくれます。

これもまた少し恥ずかしかったですw

 

こちらが「消化に良いお食事」です。

【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】

イモとかチキンが多く使われていて、パンも消化に良さそうなものでした。

さらに缶詰のフルーツがてんこ盛りでした。

味付けもかなりあっさりとしていて、少しパサパサ感はありましたがとても美味しかったです。

 

ちなみに通常メニューはこちらです。お相方のものです。

健康時なら確実にこちらの方がおいしいですw

でも個人的に缶詰のモモを食べられたのは嬉しかったです!

6.(おまけ)朝日が美しかった!

機内食をいただいたあとは少し仮眠タイムになって機内が暗くなります。

仮眠といっても僕は機内で全然眠れないのでほぼ本を読んで過ごしましたw

数時間が経過すると、朝日が見えてきてこれがとても美しかったです。

【JL724便搭乗記】クアラルンプール→成田【JALの機内食「消化の良いお食事(BLML)」を注文してみました!】

やはり飛行機から眺める朝日は最高です。

この朝日を拝みつつ、無事成田空港に着陸しました。

今回の旅では新型コロナウイルスの影響で、飛行機便が変更されるハプニングがありましたが、結果JALになってよかったです(元々はマレーシア航空でした)

やっぱりJALが一番です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは先日利用したJL724便(クアラルンプール→成田)の搭乗した様子をご紹介しました。

やっぱりJALは最高だということを改めて確認できたフライトでした。

機内食やサービスはもちろん素晴らしいのですが、様々なニーズに対応できるように様々な機内食が用意されていることも、今回の旅で大変助かりました。

今後も可能な限り、JALを利用していこうと思います。

願わくば、JALグローバルクラブに入会したいですw

近々修行するかもです!