Python

【コード解説】Pythonで株価データから主要なテクニカル分析を計算して可視化する【移動平均線、MACD、RSI】

2020年12月30日

こんにちは。TATです。

今日のテーマは「【コード解説】Pythonで株価データから主要なテクニカル分析を計算して可視化する【移動平均線、MACD、RSI】」です。

 

株価データを使って各種テクニカル分析Pythonを用いて計算してみます。

もちろんコードもすべて公開していきます。

様々なテクニカル分析がありますが、本記事では僕が普段特に使っている移動平均線、MACD、RSIに絞りました。

また、ここで紹介しているコードはあくまで一例にすぎないので、ご自由にパクリつつ、適宜改善していっちゃってください!

そしてミス等ありましたら教えていただけると嬉しいです。

 

【コード解説】Pythonで株価データから主要なテクニカル分析を計算して可視化する【移動平均線、MACD、RSI】

(おさらい)株価データを取得する

まずはおさらいとして、計算に必要な株価データを取得します。

ここは過去に記事でも解説しているので詳細は割愛します。

 

今回はpandas_datareaderを使ってトヨタ(7203)株価データを取得します。

 

このコードで取得した株価データはこんな感じです。

このままだとデータ数が多いので、直近50日のデータに絞ります。

このデータを使っていくつかのテクニカル分析を計算していきます。

 

Pythonで株価データを取得する方法についてはこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事
【コード解説】Pythonで株価データを取得する!【ライブラリやスクレイピングを活用】
関連記事
【Pythonコード解説】yahoo_finance_api2で日本株の株価データを取得する
【Pythonコード解説】yahoo_finance_api2で日本株の株価データを取得する

続きを見る

 

移動平均線

まずはテクニカル分析で最も基本となる移動平均線です。

移動平均線の使い方についてはこちらの記事で解説しているのでよろしければご覧ください。

関連記事
【シンプルだけど奥深い!】「移動平均線」について 徹底解説します!

 

コードを公開

移動平均線は、pandasrolling関数を使えば一瞬で計算できます。

コードもシンプルなので一目でわかるかと思います。

ここでは5日移動平均線・25日移動平均線を計算しています。

 

ご覧の通りです。

終値で計算するので、Close列を指定してrolling関数を適用します。

そして引数のwindowで期間を指定します。

最後に平均値を指定するmean()をつければおしまいです。

ここをmax()とかmin()にすると、その期間のおける最高値あるいは最安値を計算することもできます。

 

計算結果を確認

計算結果はこんな感じです。

きちんと計算されていることがわかりますね。

期間が不十分の場合はNaNとなっています。

この辺のいい感じに計算してくれちゃうのがPythonの素晴らしいところです。

 

グラフに描く

算出した移動平均線をグラフ化するときちんと計算できていることが確認できます。

 

ちなみにこちらのグラフを描いたコードはこちらです。

 

このチャートを書くためにindexというコラムを追加しています。

これは単純に1行目から0から順にカウントしているだけで、一列目に追加しています。

 

グラフの書き方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事
【コード解説】Pythonで株価チャートを描く【mpl_finance編】

 

MACD

次にMACDをご紹介します。

MACDは2種類の指数平滑移動平均(通常は12と26)の差分を計算して、さらにその差分の移動平均(通常は9)を求めることで算出できます。

MACDはトレンド系とオシレーター系の両方の特徴を併せ持つ人気のテクニカル分析手法です。

過去記事でも紹介しており、僕も愛用しています。

関連記事
【最も人気なツールの1つ】 「MACD」について徹底解説!

 

コードを公開

それではコードをどうぞ。今回はMACDを計算する関数を作ってみました。

 

関数内でMACDに使う変数を自由に設定できるようにしました。

期間を変えたい場合はこれらの変数を弄ればOKです。

ewa関数を使うと指数平滑移動平均を一瞬で計算できるので便利です。

 

計算結果を確認

計算結果を確認します。

こんな感じできちんと計算できています。

 

グラフに描く

計算したMACDをグラフで確認します。

 

こちらのグラフのソースコードがこちらです。

 

subplots関数を使うとグラフを分割して複数の種類のグラフをまとめて表示することが可能になります。

関連記事
【コード解説】Pythonで株価チャートを描く【mpl_finance編】

 

RSI

最後にRSIを見ていきます。

RSIはオシレーター系の代表的なテクニカル分析手法で、株価の上がりすぎや下がりすぎを判断するために使われます。

一般的に期間は14が用いられ、この期間で平均上がり幅と平均値下がり幅の比で算出されます。

0〜100の数値で示され、50を超えると上昇平均の方が大きいことを意味します。

一般的に70で買われすぎ30で売られすぎと判断され、逆張りに利用されることが多いです。

過去の記事では僕独自の使い方もすべて公開しているので是非ともご覧いただけると嬉しいです。

関連記事
【オシレーター系の定番!】RSIについて徹底解説!【僕の独自活用法も公開】

 

コードを公開

それではRSIを計算するPythonコードをどうぞ。

ちょっと長いです。

もっとコンパクトに書ける方法があれば教えていただけると嬉しいです。

 

ちょっとややこしいので解説しておくと、まずは前日との差分を計算してdf_diffに格納します。

これをcopyしてdf_updf_downを定義します。

それぞれ、値上がりと値下がりの平均を計算するために使います。

df_upはマイナス値を0に変換、df_downはプラス値を0に変換します。

さらにその後はdf_downの数値の正負を反転するために-1をかけます。

あとは平均値を計算して比を算出すれば完成です。

 

計算結果を確認

計算結果を確認します。

 

RSIの使い方についてはこちらの記事をどうぞ。僕独自の活用法も公開しています。

関連記事
【オシレーター系の定番!】RSIについて徹底解説!【僕の独自活用法も公開】

 

グラフに描く

最後に算出したRSIをグラフで確認します。

 

このチャートを描くためのソースコードがこちらです。

 

こちらもMACDの時の同様にグラフを分割してRSIを表示しています。

このあたりのカスタマイズはmatplotlibを使うと柔軟にできるので、使いこなせるととても便利です。

関連記事
【コード解説】Pythonで株価チャートを描く【mpl_finance編】

 

データの分析・可視化にはPythonが最適!

本記事で紹介したコードは、全てPythonを使って書いています。

 

Pythonデータの分析や可視化を得意とするプログラミング言語で、さらにAI関連のライブラリーも豊富で昨今のAIブームで需要が急拡大しています。

【いますぐ始められます】データ分析をするならPythonが最適です。

 

また、Python比較的学びやすい言語でもあります。

実際、僕は社会人になってからPythonを独学で習得して転職にも成功し、Python独学をきっかけに人生が大きく変わりました。

【実体験】ゼロからのPython独学を決意してから転職を掴み取るまでのお話。 

 

Python学習方法についてはいろいろな方法があります。

僕はUdemyを選びましたが、書籍プログラミングスクールも選択肢になります。

【決定版】Python独学ロードマップ【完全初心者からでもOKです】

【まとめ】Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール

プログラミングの独学にUdemyをおすすめする理由!【僕はUdemyでPythonを独学しました!】

 

\30日返金保証/

Udemyを詳しく見る

セール中なら90%オフとかで購入可能です!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「【コード解説】Pythonで株価データから主要なテクニカル分析を計算して可視化する【移動平均線、MACD、RSI】」というテーマで、移動平均線・MACD・RSIの計算方法について紹介しました。

 

これらは僕が普段の株式投資でよく利用しているものです。

Pythonはデータ分析に最適な言語で、株価データの分析も容易に実装できます

本記事でご紹介したコードを活用して、株式投資に役立てていただけたら嬉しいです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

「Python」×「株式投資」

Pythonで株式データを扱う記事はこちらでまとめています。

収集・管理しているデータの販売もしています。

Python独学ならUdemyがおすすめ

Pythonの独学ならUdemyがおすすめです。

動画教材なので、書籍などに比べて圧倒的にわかりやすいです。

セール中なら90%オフとかで購入可能で、書籍を買うのと変わりません。

僕は社会人になってからUdemyでPythonを独学して転職にも成功しました。

\30日返金保証/

Udemyを詳しく見る

セール中なら90%オフとかで購入可能です!

プログラミングの独学にUdemyをおすすめする理由!【僕はUdemyでPythonを独学しました!】
【決定版】Python独学ロードマップ【完全初心者からでもOKです】
【決定版】Python独学ロードマップ【完全初心者からでもOKです】

プログラミングスクールもあり

独学に自信がない方、独学で挫折した方は、プログラミングスクールも検討の余地があります。

いつでも講師に質問できる環境が整っていたり、オリジナルの教材が利用できたり、たくさんのメリットを享受することができます。

ただし、料金は安くないので、無料体験レッスンなどを受けたうえで判断するのがおすすめです。

【まとめ】Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール

Aidemy(アイデミー)

AidemyはPythonに特化したプログラミングスクールです。

AIやデータサイエンスに興味のある方におすすめです。

\PythonでAIや機械学習などが学べる/

Aidemyを詳しく見る!

完全オンライン完結型でプログラミング初心者から上級者にまで対応

SAMURAI TERAKOYA

SAMURAI TERAKOYAは、月額2,980円から利用できるサブスク型のプログラミングスクールです。

Pythonを含む28種類の教材が学び放題です。

プログラミングスクールので最大のデメリットである料金の高さをうまく克服したサービスです。

個人的にはこれがコスパ最強です。

月額2,980円のサブスク型

「SAMURAI TERAKOYA」を詳しく見る

入会金不要で違約金なしでいつでも退会可能!気軽に始められます!

-Python
-, , , ,

© 2022 気ままなブログ