運用実績

2021年2月の運用実績(-32,381円)

2021年3月7日

こんにちは。TATです。

 

2021年2月の運用実績のご報告です。

2021年2月の運用実績は、合計で-32,381円でした。

2ヶ月連続のマイナスです。絶好調ですw

 

内訳は以下の通りです。

  • 配当金および分配金:+7,479
  • 売買益:-39,860円
  • 合計:-32,381円

 

ここで売買益に含めているのは、売却して利益が確定している銘柄です。

保有中銘柄の含み益・含み損は含まれません。

2021年に入ってからは、僕の株にコミットできる時間が減っていることと、副業や本業に集中したいとの思いから、これまでより中長期の投資にシフトするしようとしています。

今月も前月に引き続き損切り銘柄を計上するだけになりました。

2021年2月の運用実績(-32,381円)

配当金および分配金の内訳

まずは配当金および分配金の内訳です。

2021年2月中に受け取った配当金および分配金は7,479円でした。

アメリカ株の3銘柄から配当金をいただきました!

  • VZ: 2,284円
  • PG: 1,264円
  • T: 3,931円
  • 合計: 7,479円

2月は配当金を出す銘柄は少ないですからね。

3銘柄に収まりました。

来月は3月は配当ラッシュになるので来月に期待ですね。

 

売買益の内訳

次に売買益について内訳を紹介していきます。

売買益の結果としては、合計で-39,860でした。雑魚ですねw

 

取引した銘柄は3銘柄のみです。

2021年2月末時点では1銘柄のみ継続保有している状況です。

以下、取引した銘柄の損益です。

証券コード 銘柄 数量 損益 利益率(%)
4482 ウィルズ 100株 2,890 1.75
6653 正興電機製作所 100株 -23,775 -9.42
7199 プレミアグループ 100株 -18,975 -7.61

 

株価が安い銘柄にしか投資していないので損失も大きくないですね。利益も小さいですw

ご覧の通り、3戦2敗の勝率33%です。1勝といっても利益率で見ると1.75%です。負けに限りなく近いので3敗ですねw

 

今月の学びと今後の投資戦略

今月の学び

今月も学びがありました。

メモがてら書き記しておきます。

 

引き続き市場の動きが不安定

2021年2月も不安定な市場が続きましたね。

特にアメリカの長期金利の上昇に伴って、1月に大きく上昇した市場は大きく下げる展開になってしまいました。

上昇分は全て打ち消された感じになってしまいましたね。

1日のボラティリティも大きくて、のらりくらりと激しく上昇下落を繰り返しています。

円安も進んでいる点も気になります。

 

特に長期金利の上昇が続くと、ハイテク株などの成長銘柄にはマイナスに影響するので注意が必要ですね。

 

損切り銘柄の損切後の動向

次に損切り銘柄について見てみます。

2銘柄で損切りを行いましたが、その後の動きについてメモしておきます。

4482も下落を確認して慌てて利確したので、これも損切りしたようなもんです。

ゆえに3銘柄全部売却後の動きを見ておきます。

 

結論から言うと、正興電機製作所とウィルズは損切りして正解だったように思います。

損切り後にぐびぐび下落して、今では大きく下落しています。

そのまま保有していたら損失が膨らんでいたことになります。

 

プレミアグループ については、損切り後もレンジ相場で株価は行ったり来たりしています。

そのまま保有していても含み損が膨らむことはありませんでした。

どちらにブレイクするかまだわからないの損切りが正解だったのかなんともいえない状況です。

今後の動きに注目ですね。

中長期の投資を考えると、こういったレンジ相場形成中の場合は無理に損切りしなくてもいいのかなとも思いますね。

下にブレイクしたことを確認してから損切りしても遅くない気もします。

むしろ、そこを考慮した上でエントリーを考えるべきですね。

 

銘柄選定基準は現状維持だが、今後は週足チャートを重視する

銘柄選定についてはこれまで通りで問題ないかなと思っています。

その後のエントリー判断には気配値やチャートなどのテクニカルな部分を見る必要がありますが、それ以前のフィルタリングについては、僕がバイブルとして愛読しているオニール先生の投資戦略に従っていけば良いかなと思っています。

「オニールの成長株発掘法」をAmazonで見る

 

チャートの動きについては引き続きミネルヴィニの投資手法を参考にしていきます。

「ミネルヴィニの成長株投資法」をAmazonで見る

 

何れにしても、僕の投資手法を中長期トレードに変更するにあたって、重視するチャートを週足に変更しようと思います。

これまでは日足チャートを見てきましたが、中長期投資となるとあまりうまく機能しないことが多いです。

よって、週足で見ることにします。

もともと、上記の2冊は週足チャートを重視しているので、より彼らのトレード手法に忠実になっていく感じになりました。

自分なりの投資手法を確立しようと思って日足チャートに応用しようとしましたが、結局従来のやり方に戻ってくることになりましたw

 

銘柄選定の流れについては過去記事でも紹介しているので、もしご興味があれば合わせてご覧ください。

【プログラムで一部自動化!】僕が株を購入するまでの流れを大公開します

 

アメリカ株のポートフォリオ

最後にアメリカ株のポートフォリオの公開です。

2021年2月末時点のポートフォリオはこんな感じになります。

 

今月は20万円分を買い付けました。

個別銘柄では株価が下がっていたPG、WMT、MCDなど買い増しし、残った資金はETFに分散投資しました。

アメリカ株の投資方針は、基本的には長期投資なのでバイ&ホールドです。

2021年も継続してお金の余る限りを投資に回していきたいと思っています。

ただし、ここ最近のSPYDとVYMの上昇は凄まじくてポートフォリオの割合も増えてきています。

ちょっとここは調整するためにしばらくこれらの銘柄の買い増しはやめるかもですね。

 

まとめ

ということで、2021年2月の運用実績は、合計で-57,679円でした。

2ヶ月連続のマイナスになりました。

来月は配当金ラッシュになると思うのでプラスになるといいな。

【プログラムで一部自動化!】僕が株を購入するまでの流れを大公開します

 

本記事で紹介した本

オニールの成長株発掘法

「オニールの成長株発掘法」をAmazonで見る

 

ミネルヴィニの成長株投資法

「ミネルヴィニの成長株投資法」をAmazonで見る

 



株式投資を始めるならSBI証券がオススメ


株式投資を始めるならネット証券口座開設数No.1のSBI証券がオススメです。

僕も愛用しています!




SBI証券へ


「投資でニート生活」もご覧ください


投資に必要な情報を自動管理


僕が運営するもう一つのサイト「投資でニート生活」では、株式投資に必要な情報を自動管理しています。

データの収集から記事の作成、監視銘柄の管理など、すべてプログラムによる全自動で運営しています。



「投資でニート生活」を見る


3種類の監視銘柄を管理しています


また投資対象候補として、3種類の監視銘柄も管理しています。


直近の決算短信から抽出した監視銘柄

オニールの成長株発掘法」を参考にして候補銘柄を自動抽出しています。



「直近の決算短信から抽出した監視銘柄」を見る




「オニールの成長株発掘法」をAmazonで見る




週足チャートから抽出した監視銘柄

ミネルヴィニの成長株投資法」を参考にして候補銘柄を自動抽出しています。



「週足チャートから抽出した監視銘柄」を見る




「ミネルヴィニの成長株投資法」をAmazonで見る




管理人ガチ監視銘柄

上記2つの監視銘柄から厳選した銘柄です。

基本的にはここにある銘柄に投資します。



「管理人ガチ監視銘柄」を見る


銘柄選定の基準についてはこちらの記事で解説しています。

【プログラムで一部自動化!】僕が株を購入するまでの流れを大公開します



-運用実績
-, , ,

© 2021 気ままなブログ