運用実績

2021年3月の運用実績(+19,102円)

2021年4月4日

2021年3月の運用実績(+19,102円)

こんにちは。TATです。

 

2021年3月の運用実績のご報告です。

2021年3月の運用実績は、合計で+19,102円でした・・・

一応プラスですが、1月と2月の損失を吹っ飛ばすにはまだまだですね。

ここから巻き返していきたいところです。

 

内訳は以下の通りです。

  • 配当金および分配金:+27,288円
  • 売買益:-8,186円
  • 合計:+19,102円

 

ここで売買益に含めているのは、売却して利益が確定している銘柄です。

保有中銘柄の含み益・含み損は含まれません。

2021年から中長期の投資にシフトするために色々模索していますが、毎度損切りラインに引っかかって足切りされます。

投資期間が長くなったので、損切り基準も変えるべきなのか、そもそもエントリータイミングがよろしくないのか、今後の対応を考える必要がありそうです。

 

2021年3月の運用実績(+19,102円)

2021年3月の運用実績(+19,102円)

配当金および分配金の内訳

まずは配当金および分配金の内訳です。

2021年1月中に受け取った配当金および分配金は27,288円でした。

アメリカ株の3銘柄から配当金をいただきました!

  • WFC: 646円
  • JNJ: 1,475円
  • IBM: 2,929円
  • MMM: 1,864円
  • MCD: 1,254円
  • SPYD: 12,696円
  • VYM: 4,724円
  • VT: 1,700円
  • 合計: 27,288円

3月は配当金を出す企業が多く、合計で27,288円の配当金をいただきました。

毎月これくらい欲しいですねw

 

売買益の内訳

次に売買益について内訳を紹介していきます。

売買益の結果としては、合計で-8,186でした。

売買益は2021年に入ってから本当にダメですね。

 

取引した銘柄は2銘柄のみです。

以下、取引した銘柄の損益です。

証券コード 銘柄 数量 損益 利益率(%)
3031 ラクーンホールディングス 100株 -22,611 -9.4
6200 インソース 100株 14,425 6.4

 

ラクーンHDについては、一瞬落ちた時に完全にふるい落とされてしまいました。

そのまま保有してれば大きく上昇していました。

インソースはうまく利確できているように見えますが、この記事を書いている2021年4月2日時点だと、売却時の株価よりも上がっています。

損切りも利確もうまくいっていないんです。。。

今年に入ってからはもう反省点ばかりです。

 

損切りについてはこちらのルールに則って、現状としては8%を目安に損切りしています。

【損切りできない方へ!】「損切り」の必要性について力説します【僕の損切りラインも公開】

 

しかしながら、1月と2月も含めて、損切りした銘柄がその後に上昇するパターンが結構あります。

損切りのタイミングが早すぎるのか、そもそもエントリーのタイミングそのものが悪いのか、検討する必要があります。

改善しないと同じ過ちを繰り返すことになりますからね。

 

今月の学びと今後の投資戦略

今月も反省ばかりです。

ただずっと株価のチェックだけはしてきているので、売買はしてない銘柄を含めると学びもあります。

 

出口戦略がひどい・・・利確も損切りも全然ダメです・・・

3月も市場は不安定でしたが、2021年に入ってから総じて売るタイミングが悪いように感じます。

そもそも2021年からは、これまでとは違い中長期の投資に切り替えようとしており、みている指標も変えています。

1番の変化は、モニタリングするチャートを日足から週足に変更したことです。

これで、より大きなトレンドに乗るつもりでしたが、レンジ相場の幅も日足で見ていた時に比べると大きいので、その段階で損切りになってしまうパターンが多いんですね。

利確も同様です。

ずっと持っていれば大きな利益になるところを過去の最高値付近で売ってしまう。

利益が取れているので悪くはないのですが、大きな収穫のごく一部しか享受できていないような状況になっています。

戦略を変えてから3ヶ月がたってもこのザマなので、ちょっといろいろと検討した方が良さそうです。。。

 

(おそらく)敗北の要因はエントリータイミングがそもそも悪い

過去の取引や、監視はしていたけどエントリーしなかった銘柄の値動きを見ていると、どうやら僕のエントリータイミングそのものがよろしくないように感じます。

これまでは日足チャートで見ていたのでうまくいっていたのですが、週足で見るとどうも高値掴みをしてるパターンも多く、その後の一時的な下落で損切りになってしまうんですね。

損切りが厳しすぎるんじゃねーかと思われるかもですが、ここは変えないと思います。

現状は8%をラインにしていますが、10%くらいまで粘るようになるかもしれません。

しかしながら、下落するとどこまでも下落する可能性もあるのでなるべく出血は少なく済ませます。

そもそも僕が参考にしているオニール先生は「適切なタイミングでエントリーすれば8%を超えるような下落にあうことはあまりない」といっています。

実際にチャートをみているとどうやらその通りだったようで、僕のエントリータイミングがうまく機能していないことが多いようです。

「オニールの成長株発掘法」をAmazonで見る

 

エントリータイミングを考える

まず、大前提として銘柄選定の基準を変更するつもりはありません。

【プログラムで一部自動化!】僕が株を購入するまでの流れを大公開します

 

ただ、エントリーするタイミングは慎重にならないといけません。

素晴らしいことに、先月からはレラティブストレングスを導入しました。

日本株でIBDのレラティブストレングスっぽいものを計算してみる【Pythonで株式投資】

 

これにより、上場銘柄の中で動きの良い銘柄を簡単に判断できるようになりました。

導入後は、チェックする銘柄の基準としてレラティブストレングスの最低ラインを70に設定しました。

実際にエントリーするのは、ほぼほぼ80以上のものです。

 

ここからわかったことは、まずレラティブストレングスはかなり精度をあげてくれているということです。

明らかに他の銘柄よりも活発に動くので、市場全体が軟調な場合でもおかまいなしに上昇していく日をよくみます。

ただし、活発であるゆえ、下落するときの勢いも他銘柄に比べて大きいです。

ゆえに損切りの基準はこれまで通りに厳格に行っていく必要があります。

【損切りできない方へ!】「損切り」の必要性について力説します【僕の損切りラインも公開】

 

適切に損切りができて、大きな波に乗ることができれば、勝率が50%未満でも合計としてはプラスになります。

もちろん各銘柄の株価の影響もあるので、資金分配は考えないといけません。

現状資金としては、アクティブトレードに400万円ちょいを突っ込んでおり、今までは少しビビって20万円くらいの銘柄にしか手を出していませんでした。

この状況で1銘柄でも50万円ものに手を出してしまうと、この1銘柄が損切りになったら他の銘柄で補いきれません。

リスクヘッジのために一度に突っ込む金額は同じくらいに決めておいた方が良いと思うので、ここのやり方を変えるつもりはありません。

ただし、少し金額設定は変えたいところです。

 

今は20万円ですが、これからは40万円くらいを目安にしてみようと思います。

相変わらず60万とかの銘柄には手は出せませんが、選択肢としてはかなり増えるはずです。

 

10週移動平均線が肝になる

これまでの経験から、10週移動平均線と株価の位置関係がかなり重要になるように感じています。

オニールさんの本でも10週移動平均線がチャートには描かれていますが、これが押し目のタイミングになることが結構あります。

さらにこの線を上に突き抜けたタイミングが絶好のエントリータイミングになるパターンも多いです。

 

これまで通り、MACDやRSIを使ったエントリータイミングも機能はしますが、週足で見ると10週移動平均線の重要度がより高くなります。

これらのシグナルは引き続き使っていきますが、エントリーする際には僕の方で必ずチャートに目を通して業績などもきちんとみていくつもりですが、これまでよりも現在の株価と10週移動平均線の位置関係を気にしていきたいところです。

 

エントリーする機会は減ってしまうかもしれませんが、勝率は上がるのではないかと思っています。

 

また、利確のタイミングについては、10週移動平均線との乖離率を見るのもありかなと感じています。

あるいは、数値目標として利益率20%か30%を目安にしていければと思います。

 

まだまだ勉強中ですが、取引を通じて知見を蓄えて、どんどん自分のスキルを磨いていきたいですね。

 

アメリカ株のポートフォリオ

最後にアメリカ株のポートフォリオの公開です。

2021年3月末時点のアメリカ株のポートフォリオはこちらになります。

 

今月は頑張って25万円分を買い付けました。

ここ最近は高配当ETFが絶好調で、SPYDとVYMの割合がかなり大きくなってきました。

この2銘柄はしばらく買い増しすることはなさそうですね。

 

2月は保有率の下がっていた、JNJやPGやKOなどを買いました。

ETFとしてはQQQのみを買い増ししました。

 

アメリカ株の投資方針は、このまま継続でひたすらホールドです。

2021年も継続してお金の余る限りを投資に回していきたいと思います。

 

まとめ

ということで、2021年3月の運用実績は、合計で+19,102円でした。

2021年に入ってはじめてのプラス月となりましたが、これまでの損失を埋め合わせるにはまだまだの状況です。

引き続き学びつつ、研究しつつ、投資の質を高めていければと思います。

 

投資戦略を変えてからここまでの3ヶ月間で、かなり方向性は見えてきたと思います。

週足チャートでのエントリータイミングはなかなかうまくいってきませんでしたが、成功パターンも見つかりつつあるのでここから巻き返していきたいところです。

特にレラティブストレングスの導入がかなり大きいと思います。

今後は突っ込む金額の目安をこれまでの20万円から40万円に変更して、ちょっと積極的に投資できればと思います。

ちなみに保有銘柄の発信などについては、Twitterよりもインスタの方で積極的に行っています。

もしよろしければフォローしていただけると嬉しいです。

investortatをフォローする

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

それでは、皆様にも爆益あらんことを!

【損切りできない方へ!】「損切り」の必要性について力説します【僕の損切りラインも公開】
【プログラムで一部自動化!】僕が株を購入するまでの流れを大公開します
日本株でIBDのレラティブストレングスっぽいものを計算してみる【Pythonで株式投資】

 

本記事で紹介した本

オニールの成長株発掘法

「オニールの成長株発掘法」をAmazonで見る



株式投資を始めるならSBI証券がオススメ


株式投資を始めるならネット証券口座開設数No.1のSBI証券がオススメです。

僕も愛用しています!




SBI証券へ


「投資でニート生活」もご覧ください


投資に必要な情報を自動管理


僕が運営するもう一つのサイト「投資でニート生活」では、株式投資に必要な情報を自動管理しています。

データの収集から記事の作成、監視銘柄の管理など、すべてプログラムによる全自動で運営しています。



「投資でニート生活」を見る


3種類の監視銘柄を管理しています


また投資対象候補として、3種類の監視銘柄も管理しています。


直近の決算短信から抽出した監視銘柄

オニールの成長株発掘法」を参考にして候補銘柄を自動抽出しています。



「直近の決算短信から抽出した監視銘柄」を見る




「オニールの成長株発掘法」をAmazonで見る




週足チャートから抽出した監視銘柄

ミネルヴィニの成長株投資法」を参考にして候補銘柄を自動抽出しています。



「週足チャートから抽出した監視銘柄」を見る




「ミネルヴィニの成長株投資法」をAmazonで見る




管理人ガチ監視銘柄

上記2つの監視銘柄から厳選した銘柄です。

基本的にはここにある銘柄に投資します。



「管理人ガチ監視銘柄」を見る


銘柄選定の基準についてはこちらの記事で解説しています。

【プログラムで一部自動化!】僕が株を購入するまでの流れを大公開します



-運用実績
-, , ,

© 2021 気ままなブログ